Uber Eats 銀行口座登録方法!三井住友銀行がおすすめでゆうちょ銀行は登録できない?

Uber Eats 銀行口座登録方法!三井住友銀行がおすすめでゆうちょ銀行は登録できない?

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやってみたい」などと思い、ネットで登録作業を進めていて、銀行口座登録でつまずいてはいませんか?

Uber Eatsは海外から入金されるため、登録の際の入力方法がややこしくなっています。

しかも、2020年4月以降、パートナーセンターが閉鎖されたため、すべて自力で口座登録をする必要が…。

そこで、ここでは

  1. 銀行口座の登録方法
  2. Uber Eatsに登録できる銀行一覧
  3. ゆうちょ銀行など登録できない銀行
  4. 実際に配達パートナーをしている私が三井住友銀行での登録をおすすめする理由
  5. Uber Eatsは登録しても、配達開始まで1ヶ月ほどかかる場合も

の5点について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろ研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

Uber Eats銀行口座の登録方法

銀行口座の入力方法については以下のとおり。(登録の際につまずきそうな部分のみを解説しています)

【口座名義人】
名・姓の順で入力

【住所】
例:東京都渋谷区渋谷1-2-3 ABCハウス101号室
→1-2-3-101,Shibuya,Shibuya-ku, Tokyo

【金融機関名】
日本語で銀行名を入力すると、銀行名が自動表示されるため、表示された銀行名を選択

【金融機関コード】
わからない場合は「〇〇銀行 金融機関コード」で検索!

例:三井住友銀行【0009】

Uber Eatsに登録できる銀行一覧

登録できる銀行口座は以下のとおり。

※タップで金融機関名一覧が表示されます

【あ】行の金融機関名
  • あおぞら銀行
  • 青森銀行
  • 秋田銀行
  • 阿波銀行
  • 伊予銀行
  • 岩手銀行
  • 愛媛銀行
  • 大分銀行
  • 沖縄銀行
  • 沖縄海邦銀行
  • オリックス銀行
【か】行の金融機関名
  • 香川銀行
  • 鹿児島銀行
  • 関西みらい銀行
  • 北九州銀行
  • 北日本銀行
  • 京都銀行
  • きらやか銀行
  • きらぼし銀行
  • 群馬銀行
  • 高知銀行
【さ】行の金融機関名
  • 西京銀行
  • 山陰合同銀行
  • 滋賀銀行
  • 四国銀行
  • 七十七銀行
  • 清水銀行
  • 十八銀行
  • 十六銀行
  • 荘内銀行
  • 常陽銀行
  • スルガ銀行
【た】行の金融機関名
  • 第三銀行
  • 第四銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • 但馬銀行
  • 千葉銀行
  • 千葉興業銀行
  • 中央銀行
  • 中国銀行
  • 筑波銀行
  • 東京スター銀行
  • 東邦銀行
  • 東和銀行
  • 栃木銀行
  • 鳥取銀行
  • 富山第一銀行
【な】行の金融機関名
  • 長野銀行
  • 名古屋銀行
  • 南部銀行
【は】行の金融機関名
  • 肥後銀行
  • 百五銀行
  • 百十四銀行
  • 広島銀行
  • 福井銀行
  • 福岡銀行
  • 福邦銀行
  • 北越銀行
  • 北都銀行
  • 北洋銀行
  • 北海道銀行
【ま】行の金融機関名
  • 三重銀行
  • みちのく銀行
  • 宮崎銀行
  • 武蔵野銀行
【や・ら】行の金融機関名
  • 山形銀行
  • 山口銀行
  • 山梨中央銀行
  • 横浜銀行
  • 琉球銀行

ゆうちょ銀行など登録できない銀行名は?

一方でUber Eatsに登録する際に振込先として登録できない銀行名は

  • ゆうちょ銀行
  • 信用金庫
  • ネット銀行(楽天銀行など)

の3つです。

ゆうちょ銀行の口座を持っている方が多いと思いますが、振込先として使用することができません。

ちなみに私は三井住友銀行の口座を振込先として使用していますが、個人的におすすめなのでその理由を次にご紹介していきます。

実際に配達パートナーをしている私が三井住友銀行での登録をおすすめする理由

三井住友銀行をおすすめする理由は、半年以上報酬を受け取っていて、今まで一度も入金トラブルが起きていないためです。

先ほども述べた通り、Uber Eatsの収入は海外から振り込まれるのですが、金融機関によっては送金トラブルが起きる可能性もあるとのこと。

しかし、三井住友銀行は海外からの送金に強く、そのようなトラブルが起きることがほとんどないため、おすすめできるというわけです。

ちなみにUber Eats配達パートナーに支給される「配達パートナーガイド」にも、三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行での登録を推奨していることが記載されています。
実際に配達員をしている私が三井住友銀行での登録をおすすめする理由

【補足】三井住友銀行の口座はとても簡単に作れる

ちなみに、三井住友銀行の口座は、以下のように簡単に作れてしまうため、その点もおすすめできる理由です。

三井住友銀行の口座はとても簡単に作れる
わざわざ銀行に行かなくてもアプリだけで手続きを済ませられる方法もあるので、「Uber Eatsに対応している口座を持ってない…」という方は試してみてはいかがでしょうか?

>> 三井住友銀行HPへ

銀行口座を登録しなくても配達を始めることは可能!

ちなみに、WEB登録で銀行口座を登録しなくても配達を始めることは可能です。

その場合、口座の登録が完了した時点でまとめて報酬が支払われるので、あなたが損をするということはありません。

なので、口座を持っていなくて配達パートナー登録を後回しにしているのであれば、まずは配達パートナー登録を済ませてしまいましょう。

登録してもすぐに配達できないので注意

2021年2月現在、Uber Eatsに関して、WEB登録から配達開始まで2週間〜1ヶ月ほどかかっているようです。というのも、登録が殺到していて、サポートの手が回っていないのが原因だとか。

ちなみに、目安としてはだいたい以下のような感じです。

  1. プロフィール写真と身分証が承認される(目安:3日)
  2. アカウント有効化に関するメールが登録したアドレスに届く(目安:5日)
  3. メールにある「交通ルールクイズ」を回答する
  4. アカウントが有効化され、配達可能に(目安:3日)

なので、「今すぐ働きたいのに有効化されなくて働けない…」とならないように、前向きに検討しているのであれば登録だけ済ませておくことをおすすめします。

>> Uber Eats 配達パートナーに登録する

「すぐに始められると思って登録したのに…」というあなたへ

「Uber Eatsって数日あれば始められるんじゃないの?今が一番時間あるからすぐに働けないと困るんだけど…」

上記のように、Uber Eatsの登録完了まで待っていられないのであれば、並行して別のフードデリバリーに登録するのも一つの手です。

特に、出前館の業務委託配達パートナーなんかは、WEB登録から最短1週間未満で配達できます。

しかも、

  • 配達単価が1件約700円とUber Eatsより高い
  • 最大1.4倍ブーストがついて、1件1,000円を上回ることもある(主に週末)
  • 配達距離が最大3kmほどまでとUber Eatsより短い

などというメリットも。

一方で

  • 配達可能エリアが狭い
  • 営業時間が短い
  • 稼働当日に対面で指導を受けなくてはならない

などというデメリットもあるので注意です。ただ、Uber Eatsのバッグでも配達可能ですし、対面での指導も、あなたがまだ一度もフードデリバリーで働いたことがなければメリットともとれるわけで…。

ちなみに、2021年5月、Uber Eatsは新料金体系になり、単価がダウンしました。例えばピークタイムに配達できないと、1件300円での配達がほとんど。これは、出前館の半分以下の金額です。

働くうえで稼ぎやすさは大事だと思うので、この機会に検討してみるのも良いかもしれません。

>>出前館 登録ページ

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

2021.01.15
出前館 業務委託配達員の登録方法!WEB説明会から配達までの流れを詳しく解説します

出前館 業務委託配達員の始め方!登録方法から説明会・配達までの流れを詳しく解説します

2021.01.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)