Uber Eatsの配達は自転車(ママチャリ)はおすすめできず稼げない?ママチャリ利用者の私が実態を明かします

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めたいけど、ママチャリしか持っていないから厳しいのかな…」

などと悩んではいませんか?

私は2019年9月から配達パートナーを自転車(ママチャリ)で開始しており、

始めるにあたって「本当にママチャリでも配達できるのかな」などと不安を感じたことを覚えています。

では、実際にママチャリで配達しての感想ですが、結論から言うと、ママチャリでの配達で全然問題ないと感じています。

ここでは、Uber Eatsの配達のママチャリ事情について、私の実体験をもとにご紹介していきます。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eatsの配達で自転車(ママチャリ)がおすすめできないのは事実

実際にUber Eatsの配達の車両について調べてみると、

「自転車(ママチャリ)はおすすめしません」

などという意見が多く見られますが、実際にママチャリで配達している私としてもその意見に納得できます。

というのも、ママチャリよりもロードバイクや電動自転車の方が同じ距離を走行したとして疲労度が全然違いますし、

配達時間もママチャリの方が確実に遅くなるので、効率面を考えてみても、あまりおすすめはできないというわけです。

現在ママチャリしか持っていない→最初はそのママチャリで始めた方が良い

ただ、ママチャリがおすすめできないからといって、

配達パートナーを始める前にいきなりロードバイクや電動自転車などを購入するのはやめておいた方が良いです。

というのも、配達パートナーの仕事は時間に縛られず自由に仕事ができますが、人によって合う合わないがあるため、

あなたがもし、この仕事が合っていないと感じ、辞めようとしても

この仕事のために電動自転車などを購入してしまった場合無駄な出費となってしまうからです。

また、ママチャリはおすすめできないと言いましたが、私は現在ママチャリで配達をしており、

副業なので長時間の配達はできていませんが、それでもある程度の金額は稼げているので、

次に私の現在の収入についてご紹介していきます。

ママチャリ利用者の私の収入

私はUber Eatsの配達パートナーの仕事を2019年9月上旬から神奈川エリアで開始しており、

直近の収益が以下の通りとなります。
私の初日から3日間の収入公開

ママチャリ利用者の私の収入
合計約16時間で23,000円ほどなので、時給換算しても悪くない額ですよね。

しかも、私は夕方くらいまではブログを書くなどの作業をしており、20時くらいから2〜3時間程度配達してこの額です。

例えば休日の昼12時ごろなどの忙しい時間帯はインセンティブといって、1件につき+200円など単価が上がったりするのですが、

そういう時間に配達をしていればもっと稼げていたと思います。

【2020年2月追記】
現在は土・日・祝日だと、時期にもよりますが、下記の通り日給1万円越えも珍しくなくなってきました。

ちなみに現在も次にご紹介するママチャリで稼働中です。

どんなママチャリで配達しているの?

ちなみに実際に私が使用しているママチャリは以下の画像のものです。
どんなママチャリで配達しているの?
ガチガチのママチャリというわけではありませんが、ギアが6段階ついているのみでママチャリに該当する自転車です。

値段に関しては3年ほど前に購入したので詳しい値段は覚えていませんが、確か25,000円ほどだったと思います。

このママチャリで稼働しても、40件近く配達して注文者から配達時間が遅いなどのクレームを受けたことは一度も無いですし、

先ほども述べたとおり、これから配達パートナーを始めようと考えていてママチャリしか持っていないのであれば、

最初はママチャリで配達して、もっと稼ぎたいと思ったらロードバイクや原付などのバイクに移行するのが一番かなと思います。

【2020年4月追記】
現在もこのママチャリで約700件ほど配達していますが、遅いといったクレームは一切ありません。
私自身、芸能人や有名人に配達した経験は無し!

注文者のアプリにはあなたの車両が表示されている

また、Uber Eatsの注文者用のアプリにはあなたがどの車両(自転車orバイク)で自宅に向かっているのかがきちんと表示されています。

当然バイクと比べて自転車の方が配達時間が遅れてしまいますが、それは注文者もわかっているので、

早く届けることはもちろん大切ですが、大幅に遅れなければ怒られることもないと思いますし、

先ほども述べた通り、ママチャリでも遅いという理由でクレームを受けたことは一切ないので、

安全運転で配達するように心掛けた方が絶対に良いです。

ちなみに私は注文者用のアプリに自分の車両が表示されていることを知らなかったのですが、

配達パートナーを始めたので、注文者側の立場にたってみようと思い、注文者ようアプリで注文したことでその表示の存在を知りました。

配送パートナーの仕事で稼ぐということはこれから先、何十件、何百件と配達するわけですし、

一度Uber Eatsを利用してみて、注文者側の立場に立ってみることも大切なのではないかと思います。

>>Uber Eatsで注文してみる

本気で配達すれば月収50万越えも可能!

配達パートナーの仕事は完全出来高制なので、以下の動画のように専業でやっている方の中には月収50万円を超えている方も存在します。


この方はバイクで配達しているとのことですが、5:20あたり「自転車の専業の方でも月収30万円稼いでいる」と発言しています。

私も現在は隙間時間だけの配達ですが、配達パートナーの収入だけで月収5万円はいきそうな感じですし、

もう少し経験を積んで自分の配達地域の効率の良い稼ぎ方などを発掘して、

専業で取り組めば私でもママチャリで20万円稼ぐことは全然可能な数字なのではないかと感じています。

ママチャリでも始められ、登録も簡単すぎる

Uber Eatsの配達パートナーの仕事はアプリに登録して、各サポートセンターで20分ほどの説明会を受けるだけですぐに仕事が始められてしまいます。

自転車から原付などのバイクに車両変更する場合は手続きが必要ですが、自転車から自転車への変更は特に何も必要無いですし、

私のように月収5万円程度を稼げれば構わないのであればママチャリで全く問題ありませんよ。

ただ、最近は新型コロナウイルスの影響で配達パートナーの登録が増えており、募集のSTOPがかかってしまう可能性もゼロではありません。

ちなみに登録は無料なので、まずは登録だけしておいて、それから配達するか考えるというのが選択肢を増やすという意味でも良いのかなと感じます。

詳しい登録方法は

Uber Eats配達パートナー登録方法や説明会の持ち物などの手順まとめ!都市名の入力だけ注意!

という記事で解説しているので、不明な点がある場合は参考にしてみてください。

現在、新型コロナウイルスの影響で配達パートナーの登録がかなり増えているため、将来的に募集がSTOPしてしまう可能性もゼロではありません。

なので、もし、働こうか悩んでいる方は登録できるうちに登録だけしておいて、そこから配達パートナーとして働くか判断しても良いのかなと思います。

>>Uber Eats配達パートナー登録ページ

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)