Uber Eatsの配達は自転車(ママチャリ)はおすすめできず稼げない?ママチャリ利用者の私が実態を明かします

「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始めたいけど、ママチャリしか持っていないからたくさん稼ぐのは厳しいのかな…」

このような疑問に対し、当記事では

  • ママチャリはおすすめできないが、そのまま始めてもOKな理由
  • 実際にママチャリで稼働する私の収入公開
  • 本気で稼働すれば月収50万円達成も可能
  • Uber Eatsを始める前に注意すべきこと1つ

について、2019年9月からUber Eatsで配達しており、日ごろフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

自転車(ママチャリ)はおすすめできないが、そのまま始めてもOK

Uber Eatsはママチャリでも全然配達できます。ただ、ママチャリの性能面を考えると、体の負担がとても大きく…。

そのため、ロードバイクや電動自転車で配達している人が大半なのは事実。

ですが、手元にママチャリしかないのであれば、まずはその車両で配達してOK。というのも、Uber Eatsの仕事は続けやすいですが、それでも人によって合う合わないがあるため。

高価な自転車を買ったものの、1ヶ月も続かなかった場合、その自転車は宝の持ち腐れに…。

そうならないために、まずはママチャリで配達。続けられそうであれば、高性能な自転車の購入をおすすめします。

\身分証・キャッシュカードの用意のみで登録完了

ママチャリは稼げない?私の収入を一部公開します

私は2019年9月から神奈川エリアで開始しており、その頃の収益が以下の通りです。
私の初日から3日間の収入公開

ママチャリ利用者の私の収入
合計約16時間で23,000円ほどなので、時給換算しても悪くない額ですよね。

しかも、私は夕方くらいまではブログを書くなどの作業をしており、20時くらいから2〜3時間程度配達してこの額です。

【2020年2月追記】
現在は土・日・祝日だと、時期にもよりますが、下記の通り日給1万円越えも珍しくなくなってきました。ちなみに現在も次にご紹介するママチャリで稼働中です。

どんなママチャリで配達しているの?

実際に私が使用しているママチャリは以下の画像のものです。
どんなママチャリで配達しているの?

【私のママチャリの特徴】

  • 値段は約25,000円(サイクルベース あさひ で購入)
  • 26インチ
  • ギア6段階

このママチャリで40件近く配達していますが、注文者から配達時間が遅いなどのクレームを受けたことは一度もありません。

【2021年1月追記】
現在もこのママチャリで約1,400件ほど配達していますが、遅いといったクレームは一切ありません。
2021年1月 実績
ちなみに、私がずっとママチャリで稼働している理由は、自宅マンションの駐輪場が狭く、屋根も無いため。

高い自転車を買ってもすぐに傷んでしまうので、買うのを我慢しています。早く引っ越しをしたいものですね。

2021年5月、事前にお客さんの住所がわかる仕様に

2021年5月から、注文を受け取る前にお客さんの住所がわかる仕様へと変更されました。

注文が入ると、Uber Eatsのアプリ画面が以下のように切り替わり、

  • 料理を取りに行くお店
  • お届け先のお客さんの住所

が表示。行き先を見て注文を取るかどうかの判断ができるようになりました。
2021年5月、事前にお客さんの住所がわかる仕様に

以前は、料理を受け取った後に住所がわかる仕様だったので、遠くに飛ばされてしまったり、坂道の上の住宅に配達することになったり…。

ママチャリだと体力の消耗が激しかったのですが、現在は配達しやすい環境へと変化しています。

\身分証・キャッシュカードの用意のみで登録完了

注文者のアプリにはあなたの車両が表示されている

また、Uber Eatsの注文者用のアプリにはあなたがどの車両(自転車orバイク)で自宅に向かっているのかがきちんと表示されています。

当然バイクと比べて自転車の方が配達時間が遅れてしまいますが、それは注文者もわかっているというわけ。

なので、クレームにつながる心配はほぼありません。

また、2021年6月にはウーバーウォーカーが実装。これは、徒歩でも配達ができるというもので、注文者にも歩行者アイコンが表示されます。

同年9月にエリア拡大し、ほぼすべての大都市で体験が可能に。実際に日給2万円稼いだ方もいるので、「どうしても車両がなくて困っている…」というのであれば検討する価値ありです。

続きは以下の記事でどうぞ。

ウーバーウォーカーのエリアとやり方まとめ!自転車で配達すると厳しい措置のリスクも

ウーバーウォーカーのエリアとやり方まとめ!自転車で配達すると厳しい措置のリスクも

ウーバーウォーカーのエリアとやり方まとめ!自転車で配達すると厳しい措置のリスクも

2021.09.07

本気で配達すれば月収50万越えも可能!

配達パートナーの仕事は完全出来高制です。なので、以下の動画のように専業になると月収50万円を超えている方も存在します。


この方はバイクで配達しているとのことですが、5:20あたり「自転車の専業の方でも月収30万円稼いでいる」と発言しています。

【2021年1月追記】
私は現在も、スキマ時間だけの配達ですが、以下の画像の通り、配達パートナーの収入だけで月収5万円以上を達成しています。
2021年1月の収入
なので、専業で取り組めば自転車でも月30万円稼ぐことは全然可能です。ただ、それくらいの金額を稼ぎたいのであれば、ママチャリの卒業はほぼ必須。

しかし、私みたいにスキマ時間に配達するのであれば、ママチャリで十分です。

【注意】Uber Eatsを始める前に注意すべきこと1つ

注意すべきことは、ズバリ確定申告です。

Uber Eatsはアルバイトではなく、個人事業主。つまり、自分で支払う税金を計算して、実際にその額を納める必要があります。

ただ、稼いでいる金額が一定以内であれば、確定申告が必要なかったり、確定申告をする前に税務署に書類を提出する必要が。

その辺の詳しい説明は

Uber Eats 開業届や青色申告承認申請書の書き方!確定申告は意外と簡単にできます

という記事で詳しく解説しています。

また、Uber Eatsは登録に時間がかかるので、「すでに始める決心がついている」というのであれば、登録作業と同時並行で進めておきましょう。

\夏・冬は繁忙期でさらに稼げる

申し込みから配達開始までの流れ
  1. Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する
  2. 身分証など必要書類をアップロードする
  3. 銀行口座・キャッシュカードを登録する
  4. 交通ルールクイズに回答する
  5. アカウントが有効化され、配達可能に

※1〜5までにかかる期間は7〜10日ほど。すべてWeb上で完結します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)