Uber Eats 冬の防寒服装対策!手袋やインナー・ジャケットなどをご紹介します

Uber Eats 冬の防寒服装対策!手袋やインナー・ジャケットなどをご紹介します

冬など寒い日のUber Eats(ウーバーイーツ)の配達は稼ぎやすいですが、しっかりと対策をしないと体調を崩してしまいます。

私は神奈川県内で副業で配達パートナーをしており、今まで約1,000件以上配達をしてきましたが、

その際に、どのような服装や対策をしているのかを、まだ冬の稼働の経験が無い方に向けてご紹介していきます。

【防寒対策①】しっかりとしたインナーを着る

インナーというと真っ先にユニクロのヒートテックが思い浮かぶかもしれませんが、

値段が安い分、何回も洗濯すると生地が伸びてしまって1年持たずに保温性能が急激に落ちてしまった経験がありました。

そこで、私は機能性を求めて以下のアンダーアーマーのインナーを使用していましたが、1年以上使用しても防寒機能が落ちることなく、私服のインナーとしても愛用しています。

サイズに関しては、身長173cm、体重58kgの私でXLサイズを使用していますが、特に違和感ないので参考になれば幸いです。

また、インナー下のレギンスもアンダーアーマーのものを使用していますが、こちらも機能性抜群ですよ。

【防寒対策②】加熱ベストを着る

加熱ベストって聞いたことありますか?

電源を入れることでお腹と背中をカイロのように温めてくれるもので、カイロを毎回購入するよりもこちらを購入した方がコスパが良く、

バイクで配達している知り合いが使っているとのことなのでご紹介させていただきます。

ただ私は自転車で配達をしているのですが、自転車を漕いでいるとインナーと次にご紹介するジャケットで十分体が温まるので、

加熱ベストはバイク稼働の方のみ検討するのがよろしいかと思います。

【防寒対策③】機能性が高いジャケットとパンツを着る

ジャケットに関しては、機能性を求めると10,000円を超えるものがあったり種類が豊富なので、どれを購入すれば良いのか一番迷うかと思います。

そこで、ツイッターで調べてみると他の配達パートナーの方はワークマンのジャケットを購入している方が多いと知ったので、

ワークマンの「RIDE ON(ライドオン)イージスアーバンジャケット」を購入したのですが、これがかなり機能性に優れていました。

値段は5,800円と決して高い方ではなく防寒機能はもちろんのこと、防水機能も搭載しているので雨の日にも問題なく稼働できます。

ちなみに下のパンツも「RIDE ON(ライドオン)イージス防寒パンツ」3,900円のものです。

>>ワークマン公式サイトを見る

【防寒対策④】ハンドルカバーをつける

手先の防寒を考えたときに手袋をするというのがまず思いつきますが、

スマホ操作対応の手袋をつけてもなかなか上手く操作できないことが結構ありました。

そこで、自転車のハンドルに手袋を取り付けるタイプの以下のハンドルカバーを使用したら快適に配達できるようになったのでおすすめです。

このハンドルカバーならスマホを操作する時だけ手を出せば問題ありませんし、防寒性・防水性も結構優れているので、持ってない方は試してみてほしいです。

ちなみにバイク稼働の方は以下のハンドルカバーがAmazonで評価が高かったので参考になればと思います。

 

以上が私の冬の防寒対策です。

この他にもニット帽や靴下、ネックウォーマーなどがありますが、これらに関しては家にあった適当なものを使用しているので、

もし、何か良いアイテムが見つかればその都度追記していきます。

Amazonで実質1,000円以上お得に購入する裏技

あなたはAmazonギフト券をチャージしたことがありますか?

実はAmazonではクレジットカード払いではなく、ギフト券をチャージしてそのポイントで精算することで1,000円以上お得に購入できる仕組みがあります。

なぜ、そんなにお得に買えるのかなど詳しく知りたい方はAmazonで実質値引きの裏技紹介!1,000円お得に買う方法が誰でもできて凄すぎるという記事をご参照ください。

特に防寒対策はお金が結構かかるので、この方法を利用して少しでもその負担を減らしましょう。

>>Amazonギフト券をチャージする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)