Uber Eats配達はコロナの影響でも稼げるのか?需要増加で時給換算2000円達成との声も

Uber Eats配達員はコロナの影響でも稼げるのか?需要増加で時給換算2000円達成との声も

新型コロナウイルスの影響で仕事やアルバイトがなくなったりして、「生活費が苦しい…」などと悩んではいませんか。

ニュースを見ても、どの業界も厳しい傾向にあり、先が思いやられる状況ですよね。

ただ、今この記事を見てる段階でもまだ間に合う稼ぎ方があり、それは私も実際に行っているUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事です。

先に結論を言うと、現在Uber Eatsの仕事はコロナの影響で需要が増加していて、時給に換算すると2,000円を超える人も見受けられる状況です。

では、本当に稼げるのか、証拠画像などとともにご紹介し、Uber Eats配達パートナーの魅力を伝えられたらなと思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats配達パートナーとして実際に稼いでいる証拠

まず、以下の私のツイートをご覧ください。


これはUber Eats配達パートナー用のアプリの部分をスクショしたものなのですが、

2020年4月13日〜20日の間で約22,000円稼いでいることを証明するものとなります。

「一週間で22,000円って少なくない?」などと感じるかもしれませんが、私は本業の傍ら副業でUber Eatsの仕事をしているため、

この収入でも十分というわけですし、もっと時間を割けばさらに収入を増やすことができるというわけです。

Uber Eatsは例年のこの時期に比べて需要が大幅に増加している

私は2019年9月にUber Eats配達パートナーを始めていて、実績としては現在約700件近く配達しています。
私自身、芸能人や有名人に配達した経験は無し!
ただ、去年の9月スタートのため、去年のこの時期にどれくらい注文が入っていたのかは経験していないのですが、

Uber Eatsは過ごしやすい時期になると、注文が減少する傾向があります。

というのも、去年の10月と11月についてですが、9月の段階と比較して、かなり注文が減少したのを経験しました。

なので、この記事を書いている4月下旬はとても過ごしやすい時期なので、同じく注文が減少するはずなのですが、

新型コロナウイルスの影響によって、12月や1月の寒くて過ごしづらい時期に匹敵するくらい注文が増えているなと感じているのが正直な感想です。

時給2,000円稼いでいるという声も

さらにツイッターを見てみると、実際にUber Eats配達パートナーをしている方で

「時給2,000円稼げた」などとツイートしている方も見受けられます。


ちなみに私も計算してみると時給1,600円ほどなので、時給2,000円とまではいかないものの、個人的には十分な金額だと思っています。

昼と夜のピークに配達できない場合は稼げません

ただ、一つ注意点として、あなたがもし、Uber Eatsで働いてみたいと考えている場合、

昼と夜の食事のピーク時間帯に配達できる時間を確保しないと、下手したら時給1,000円を下回る可能性もあるため、やめておいた方が良いです。

ちなみにピーク時間についてですが、私が配達している神奈川県某所を例にご紹介すると以下のようになっており、おそらく他の地域もそこまで大差ないと思います。

【平日】
昼のピーク:11:30頃〜13:00頃
夜のピーク:18:00頃〜20:30頃

【休日】
昼のピーク:11:15頃〜14:00頃
夜のピーク:17:30頃〜21:00頃

コロナの影響で最近は配達パートナーがかなり増えている

以上のようにUber Eatsの注文数自体は増えているのですが、それと同時に配達パートナーも増えているなと感じるのも事実です。

増えている理由としては冒頭でも例として記載しましたが、コロナの影響で仕事やアルバイトが無くなったという人が増えており、

こうした人たちがUber Eatsに流れているという感じです。

事実、以前お店で料理を待っていた際に他の配達パートナーの方と話したのですが、

その方は「仕事が無くなったので、今はとりあえずUber Eatsの仕事をやっている」と言っていました。

なので、そのような人は他にもたくさんいるでしょうし、一週間に一度見るか見ないかだった女性配達パートナーが、

ここ最近は一日に何度も見るようになったことも、配達パートナーが増えたなと感じる要素です。

配達パートナーが増えて稼ぎづらいことはないの?

ただ、勘の鋭い方は「配達パートナーが増えていると仕事が回ってこなくて結局稼ぎづらいんじゃないの?」などと疑問を持たれるかと思います。

確かにその通りなのですが、現に私は冒頭でご紹介した通りに稼げていますし、仕事内容が体力勝負みたいな感じでもあるので、

配達パートナーになったけど、合わなくてすぐに辞めていく人もその分多いのかなと個人的に感じています。

なので、配達パートナーが増えても仕事が全く回ってこないということはないと思いますし、

先ほどご紹介したピーク時間帯に配達する時間が作れるのであれば心配いらないですよ。

登録方法はWebで完結!

最後に、Uber Eats配達パートナーになる方法ですが、現在は新型コロナウイルスの影響で全てWebで完結する方法へと変更になっており、

18歳以上であれば誰でも働くことができます。

登録方法は以下のアカウント作成ページから簡単にできますが、

入力方法などがわからない方は「Uber Eats配達パートナー登録方法や説明会の持ち物などの手順まとめ!都市名の入力だけ注意!」という記事で詳しく説明しており、この記事を見れば登録方法で迷う事はないと思います。

また、配達パートナーが増えていると先ほどご説明しましたが、あまりに増えすぎると募集がSTOPしてしまう可能性もあるため、

もし、悩んでいるのであれば募集しているうちに登録を済ませておいて働くかどうか判断してみてはいかがでしょうか。

>>Uber Eats配達パートナー登録ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)