Uber Eats「玄関先に置く」とは?マンションやオートロック・現金払いなど現役配達パートナーが流れを解説!

Uber Eats「玄関先に置く」とは?マンションやオートロックの場合など現役配達員が流れを解説!

現在、新型コロナウイルスの影響が深刻となっており、外出自粛を呼びかける声が強まっています。

そのため、外食の代わりに自宅でUber Eats(ウーバーイーツ)を利用しているという方も多いです。

そんな中、Uber Eatsは注文の受け取り方法として新たに「玄関先に置く」という機能を追加しました。

これは、配達された商品を直接受け取るのではなく、玄関の前に置いておいてもらうというものですが、

まだこの方法で頼んだことのない方は不安に感じる部分も多いかと思います。

そこで、現在Uber Eats配達パートナーとして働く私が、「玄関先に置く」と設定されたお客様の商品を実際にどのようにして届けているのかを、このシステムの注意点などとともに解説し、その不安を少しでも解消できればと思います。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

「玄関先に置く」を設定すると配達はこうなる

まず、実際に「玄関先に置く」と設定すると、通常の配達と比較して、配達パートナーにとってどのような変化があるのかをご紹介します。

① 商品をお店で受け取ってから「玄関先に置く」設定かどうかを知る

配達パートナーが料理をお店から受け取って、配達開始ボタンを押すと、以下のようにお客様の情報を見ることができます。
「玄関先に置く」設定の説明
そして、赤枠で囲ってあるところに「玄関先に置く」と表示されているため、

この時点で初めて注文されたお客様が玄関先に置くことを希望されていることを知ります。

② お客様の住所に向かう

次に、お客様の住所に向かいます。

ここは、今まで通り変わらずに配達という感じですね。

③ オートロックのマンションの場合はインターホンを鳴らして商品を玄関先に置く

そして、お客様の住所に到着したら、そこがオートロック付きのマンションの場合はインターホンを鳴らしてオートロックを解除してもらい、マンションの中に入ります。

あとは、ご注文通り商品を玄関先に置いて完了と言いたいのですが、ここで通常の配達と違う点があり、

配達パートナーは実際に玄関先に商品を置いた証拠として写真を撮らなければなりません。
「玄関先に置く」設定の説明2
写真を撮り終えたら、メモ欄を記入して配達済みボタンを押せば配達が完了し、配達パートナーは次の配達へと向かうというのが一連の流れです。

なので、お客様と対面することは一切ありません。

ただ、この際にお客様の方でも注意していただきたい点が2つほどあります。

「玄関先に置く」の注意点① 通知が来たら玄関先の商品を受け取る

まず、気をつけていただきたいのが、「玄関先に置く」を設定した場合、配達パートナーが配達を完了する操作をすると、

お客様のスマートフォンに「商品が届きました。お受け取りください。」などという通知が表示されるので、

その通知を確認してから受け取ってください。

というのも、先ほどご説明した通り、配達パートナーは玄関先に商品を置いた際に、写真を撮らなければならないので、

もし、あなたが注文したとして、玄関の方で配達パートナーの気配がしたからといってすぐに商品を取ろうとすると、

写真を撮ろうとしている配達パートナーと出くわしてしま気まずい感じになってしまう可能性があるためです。

そのため、スマートフォンに通知が来たら商品を受け取った方がそのようなリスクを減らせるというわけです。

「玄関先に置く」の注意点② 玄関先のインターホンを鳴らされる可能性がある

次に、「玄関先に置く」と設定しても、配達パートナーによってはインターホンを鳴らして到着したことを伝える方がいるので、

仮にあなたがオートロックのマンションに住んでいなかったとしてもインターホンを鳴らされる可能性があります。

ただ、この場合「玄関先に置く」と設定しているのであれば対応する必要はないのかなと個人的に思いますし、

その際に配達パートナーもインターホンを何度も鳴らさないと思いますが、一応注意点として挙げさせていただきました。

【その他】「玄関先に置く」では現金払いできないので注意

また、もう一つ注意点として「玄関先に置く」設定は現金払いに対応していないため、普段現金で注文されている方は利用できません。

ちなみに私は現金払いのお客様を対応しない設定で配達しているのですが、対応する設定にしている配達パートナーの方に聞くと、

「現金払いは正直面倒臭い」という意見を持った方も多いようです。

確かに現金でやり取りをする分、対応時間が長くなりますし、お釣りを持ち歩くのも大変そうだなという印象を受けるので、

この機会にクレカ払いのお客様がもっと増えるといいなと思っています。

配達パートナーにとって「玄関先に置く」設定は普通の受け取り方よりも面倒臭い?

私は現在も配達パートナーとして神奈川県某所で稼働していますが、

2020年4月中旬現在「玄関先で受け取る」と「玄関先に置く」の割合は五分五分かなという感じで、だんだん増えてきている印象です。

また、配達パートナーにとって「玄関先に置く」設定のお客様をどう思うかについてですが、通常の方法より面倒臭いなと感じることはほとんどないです。

ただ、写真を撮影する際に周りの目を気にしたり、お客様に直接手渡さないので、配達を終えた気分にならない違和感が若干あるかなという感じです。

ですが、最近はこれが当たり前だと思っていますし、誰とも対面しないで料理を受け取れるのはお客様にとってメリットの方が多いと思います。

1分でできる当サイト限定の1,000円引きクーポンコードの使い方

ちなみに、もしあなたが今回初めてUber Eatsを利用するのであれば

1分ほどの操作でできる以下のクーポンコードを入力することで1,000円も割引でUber Eatsを利用することができます。

やり方はまず以下の「タップでコピー」ボタンを押してクーポンコード「interjpq2206jgoo」をコピーします。

interjpq2206jgoo

タップでコピー

次に以下の「Uber Eatsアプリへ」をタップしていただき、Uber Eatsのアプリ画面もしくはアプリダウンロード画面に飛びます。

>>Uber Eatsアプリへ

Uber Eatsアプリ画面に飛んでいただいたら

  1. 画面右下の『アカウント』をタップ
  2. 『プロモーション』をタップ
  3. 画面右上の『コードを入力』をタップ
  4. 先ほどコピーしたコード「interjpq2206jgoo」を貼り付けて「追加」ボタンをタップ

で作業は完了です。

ちなみにリンクをタップしてアプリ画面に移ってからコード入力していただかないと、クーポンが反映されないので

必ずリンクをタップしてから①〜④の手順を行うようにしてくださいね。

 【a】Uber Eats オーダープログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)