ウーバーイーツの確定申告はfreeeがおすすめ!使い方を実際に利用している私が解説します

ウーバーイーツの確定申告はfreeeがおすすめ!使い方を実際に使用している私が解説します

ウーバーイーツの仕事はアルバイトなどとは違って雇用契約を結んでいないため、

働いて得た収入は全て自分で計算して確定申告しなくてはなりません。

ただ、最初のうちは

「何から手をつけた方が良いのか全然わからない」

などと困ってしまいますよね。

私はウーバーイーツから収入を得ており、freee(フリー)という会計ソフトを利用して確定申告を毎年行っているのですが、

これが結構簡単に確定申告ができてしまうんですよね。

そこで、実際にどのようにして確定申告をfreeeを使用しているのかなどの使い方を簡潔にご紹介し、

あなたが確定申告の書類を作成する方法の選択肢の一つとなれば嬉しいです。

freee(フリー)とは?

会計ソフト「freee」についてですが、freee株式会社が運営している会計ソフトで、

100万もの事業者数が利用している業界でも大手のサービスです。

また、freee株式会社は上場していてしっかりとした企業なので、突然サービスが終了する心配もないですし、

専門知識が全くない私でもfreeeを使用して毎年しっかりと確定申告できているので、ありがたいサービスだなと満足しています。

freeeの使い方

では、実際にどのようにfreeeを使っているのかをご紹介します。

>>freee(フリー)公式サイト

まず、上記の公式サイトからアプリをダウンロードしてからアプリを開き

  • 銀行口座(ウーバーイーツの収入が振り込まれている口座)
  • クレジットカード

2点を登録して同期すると、以下のような管理画面が表示されるかと思います。
freeeの使い方
そして、赤枠の「未処理の明細処理」をタップすると、以下の画面に切り替わります。
freeeの使い方
すると、登録した銀行口座にウーバーイーツからの報酬が振り込まれていれば上記のような項目が追加されているので、

登録をタップするだけです。

また、経費となるスマホ代や家賃などもfreeeに登録した口座やクレジットカードからの引き落としになっていれば、

上記の画面のように表示されるので、勘定科目を通信費や地代家賃などに設定して登録するだけです。

さらに、1枚目の画像の「レシートを撮影」を使用すれば、レシートを読み取ってそのまま取引を登録することも可能となっています。

日々の作業としてはこれだけで完了なので、いかにfreeeが使いやすいかがよくわかるかと思います。

家事按分も簡単に設定可能

按分(あんぶん)という言葉をご存知でしょうか。

仕事専用ではなくプライベートでも使用している経費は按分といってあなた自身でプライベートと仕事の使用割合を設定して経費にすることなのですが、

その按分設定も下画面の「設定」→「家事按分」とタップしていただくと、以下の画面が表示され、簡単に設定することが可能です。
家事按分も簡単に設定可能
私はウーバーイーツだけでなくブログを書く仕事もしているため、上記のような按分となっているのですが、

ウーバーイーツであれば毎月のスマホ代やガソリン代などを按分設定しておくことで、

あなたが設定した%分が経費として自動的に算出されるという大変便利な機能です。

質問に答えるだけで確定申告の書類が完成

基本的な確定申告までの流れとしては

  1. 一番最初にご紹介した項目をタップする作業を繰り返す
  2. 一年間の収入をまずは自分で計算して、管理画面でその金額が合っているかを確認
  3. 確定申告の書類作成画面へ
  4. 税務署に確定申告の書類を提出し終了

という流れになっているのですが、3番目の確定申告の書類作成画面は一番簡単で、

「養っている配偶者はいますか?」
「生命保険に加入していますか?」
「国民健康保険に加入していますか?」

などの項目を○×形式で回答していき、○の場合は必要項目を記入するだけで確定申告の書類が全て完成してしまいます。

あとは完成した書類を印刷して税務署に提出すれば確定申告が完了というわけです。

freeeは一番安いスタータープランで十分!

freeeを利用するには

  • スタータープラン 月額980円
  • スタンダードプラン月額1,980円
  • プレミアムプラン 月額3,316円

などと月額料金がかかってしまうのですが、私は一番安いスタータープランで契約しています。

プラン内容の違いは主に手厚いサポート体制が受けられるかどうかなのですが、

ウーバーイーツの確定申告は商品などの在庫を持たない分、比較的簡単な部類に入るので、わからない点はチャットサポートなどで十分解決できました。

ちなみにfreeeは最初の一ヶ月間はお試し期間として無料で利用できますし、freeeで掛かる費用も当然経費として計上できるので、

自分に合ったサービスかどうかをまずは体験してみてから判断して欲しいなと思います。

>>freee(フリー)公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)