出前館のゴングとは?送るタイミングは何分前?注意点などを解説します

出前館のゴングとは?送るタイミングは何分前?注意点などを解説します

「出前館のゴングっていうシステムがよくわからないから登録しようか悩んでいて…。けっこう複雑な仕組みなの?」

このような疑問に対し、この記事では

  • 出前館のゴングとは?【送るタイミングは10〜15分前】
  • ゴングの注意点【お店によって対応はバラバラ】
  • 出前館は調理待ちが珍しくない理由

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績
当記事でご紹介する出前館は、業務委託配達パートナーを指します。通常のアルバイトとは違うので、両社の違いがよくわからない方は以下の記事をご参照ください。
『【出前館の仕組み】アルバイトと業務委託配達員の違い!知らないで登録するとトラブルの原因にも』

出前館のゴングとは?【送るタイミングは10〜15分前】

出前館のゴングとは、配達員が商品のピックに向かう際に、アプリの操作でお店に通知する行為のこと。だいたいピック予定時刻の10〜15分前に行います。

お店はゴングを受け取ると、料理の準備を開始。到着するときに出来たての料理を渡せるようにと考えられたシステムです。

ただ、このシステム、Uber Eatsなど他社には存在しないため、配達員からするとかなり面倒。ゴングを忘れると調理時間が大幅に遅れるなどトラブルの恐れもあるため、注意が必要です。

【出前館の配達の流れ】
ちなみに、出前館の配達の流れは以下のとおり。

  1. 配達用アプリ内の「オファー」から注文を受け取る
  2. 商品のピックに向かう
  3. 受け取り時間の10〜15分前になったらゴングを送る【←このタイミング】
  4. お店で商品を受け取る
  5. 配達先に向かう
  6. 商品を渡して配達完了の操作をして終了

オファーには受け取り時間が記載されているので、その時間の10〜15分前にゴングを送信でOK。操作としてはそこまで難しくはありません。

出前館 配達パートナー募集

ゴングの注意点【お店によって対応はバラバラ】

ゴングを送る際の注意点は以下のとおり。

  • 向かう準備ができたらすぐにゴングを送って良いお店もある
  • 受け取り時間の10〜15分前と時間厳守のお店もある
  • マクドナルドに限り到着の3分前にゴングを送る
  • ゴングを送って時間どおりに到着しても料理が未完成の場合も
  • ゴングを送ってすぐにお店に入らないようにする

ゴングは受け取り時間の10〜15分前と述べましたが、お店によっては準備ができたらすぐに送っても大丈夫です。ただ、時間厳守のところもあるため、数をこなしてお店の対応を見極める必要が。

マクドナルドに限り、3分前にゴングを送るというルールがあったりもします。その辺の細かい決まりは登録拠点の方から教えてもらえるので心配ありません。

また、ゴングはあくまでも目安なので、必ず料理ができている保証はなし。あと、ゴングを送ってすぐにお店に入ると、店員さんが対応に困ってしまう場合があるので注意しましょう。

出前館は調理待ちが珍しくない

出前館はけっこう調理待ちが多いと聞きます。その理由は、出前館独自の差配システムによるため。

注文を受ける際には、先ほども説明したとおり、アプリ内のオファーという場所から操作をする必要があります。これが差配システム。

ここには、受け取り時間などが記載されていますが、ピークタイムなどの混雑時はイレギュラーが発生。こちらが時間どおりにお店に到着しても、どうしても調理待ちが発生してしまいます。

一方で、Uber Eatsは膨大なデータを持ったAIが配車を決定。効率性を重視した仕組みとなっているため、調理待ちが少ないです。

ただ、出前館のこのようなシステムでも月収100万円を稼ぐ配達員が何人も存在するのも事実。繰り返しですが、数をこなしてドーンと経験を得れば、効率的に配達することは不可能ではありません。

実際に月収100万円を達成した方の紹介は以下の記事でどうぞ。

出前館で時給2000円、月収100万円稼げるのは本当?注意点なども解説します

出前館で時給2000円、月収100万円稼げるのは本当?注意点なども解説します

出前館で時給2000円、月収100万円稼げるのは本当?注意点なども解説します

2021.09.04

出前館の特徴・デメリットについて

最後に補足情報として、出前館は以下のような特徴を備えています。

【出前館 業務委託配達パートナーの特徴】

  • 配達報酬が1件約700円の固定報酬(関東:715円 その他:660円)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、Uber Eatsよりも短い
  • 他社のバッグでも配達できる
  • 他社と掛け持ち可能
  • 自分の自転車・バイクを配達車両にできる

1件約700円の固定報酬にブーストがドンと加わります。単価だけで見れば業界トップですが、以下のようなデメリットがあるのも事実。

【出前館のデメリット】

  • 対応エリアがUber Eatsより狭い
  • 営業時間がUber Eatsより短い(基本的に11:00〜22:00)
  • 初日は対面で簡単な指導を受ける必要がある
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 出前観専用の帽子を被る必要がある(服装は自由)
  • クエスト(回数報酬)がない
  • 拠点のによってはLINEグループに入る必要がある
  • 業務用の保険が用意されておらず、自分で加入する必要がある

※保険に関してはこちらの記事で解説中。自転車での稼働であればそこまで大変ではありません

ぶっちゃけ、自由度で比べると他社に劣ります。ただ、不明な点はオンライン面談のときや、初日の拠点での指導の際に直接質問が可能。不安を少なくした状態で始めることができます。

単価が高いということは、時給を上げやすいということ。一日中ヌルヌルと配達するよりも、短時間でサクッと稼ぎたいのであれば、一度体験をおすすめします。

>> 出前館 登録ページ
メアドの用意のみ。たった1分で登録完了。
2021年10月現在、32都道府県まで拡大中。
2021年8月の2.0倍ブーストは突然の告知で、すぐに登録してもキャンペーン中の稼働に間に合わない状況でした。ただ、現在Uber Eatsをやっていて「強いしんどさ」を感じるのであれば、出前館は続かない可能性が高いので、その点だけご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)