Uber Eats「配達する理由」のプロフィールを書くべき2つの理由!NGな内容にご注意を

Uber Eats「配達する理由」のプロフィールを書くべき2つの理由!NGな内容にご注意を

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員として働いているけど『配達する理由』って書いた方が良いのかな。そうだとすれば、どんな内容にすれば良いの?」

このような疑問に対し、この記事では

  • 「配達する理由」を書いた方が良い理由2つ
  • 絶対にNGな内容
  • 書いている割合は体感3〜4割くらいか

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

「配達する理由」を書いた方が良い理由2つ

「配達する理由」は可能であれば書いた方が良いです。というのも、以下のようなメリットがあるため。

  1. チップが貰いやすくなる
  2. 円滑にメッセージを伝えやすくなる

それぞれ解説していきます。

1.チップが貰いやすくなる

これは必ずしもというわけではありません。ただ、私自身配達をしていて、

  • 「配達する理由」を書いた → チップ獲得率が上昇
  • 「配達する理由」を書かない → チップ獲得率が減少

という結果になったため、チップの貰いやすさに多少関係しているのではないかと思っています。

ちなみに書いた内容は具体的には明かせませんが、お金が必要だということを遠回しに伝える文章にしました。

遠回しに伝える例としては以下のとおり。

  • 将来のために学校に通うため
  • 両親にプレゼントを購入するため
  • 騒音問題に悩んでいて引っ越しするため

ですが、嘘の内容を書くのはNG。そもそも、これらの内容でチップ獲得率が上がるかどうかは不明。なので、嘘の内容を書くのであれば、未記入で問題ないと思います。

2.円滑にメッセージを伝えやすくなる

これは、「配達する理由」を書くのではなく、メッセージとして利用するというもの。

以下の方の内容がその例になります。


置き配利用のお客さんへ敷物の用意の案内をするという感じ。確かに配達をしていて、置き配関係のことでお客さんとメッセージを交わすことが多いため、このような利用方法はとても効率的です。

実際に私も、置き配のインターホンを押す押さないについて、「配達する理由」欄に記入。その結果、チップ獲得率は何も書かないよりも良かった印象です。

なので、「配達する理由」を書くことがないのであれば、業務連絡を記載するというのも一つの手です。

絶対にNGな内容【チップを要求するな】

「配達する理由」で絶対に書いてはならないNGな内容は「チップをください」と直接的な要求をすることです。

私は、Uber Eatsを週に2〜3回ほど注文するのですが、「チップをください」と書いていた配達員とマッチングした経験があります。態度は普通でしたが、くださいと言われるとあげたくなくなるのが人間というもの。

その日は雨が降っていて、雨の日は必ずチップを渡していますが、その方だけはチップを渡す気になれずスルーしてしまいました。

実際にこのような意見はツイッターでも見られます。


このツイートにもあるとおり、女性は配達員に住所を知られるので、怖いと感じてしまう方もいます。

文字だけだと、どのような伝わり方をするのかわかりませんし、「チップをくれ=金をくれ」と要求しているのと変わらないので、この内容は絶対に書かないようにしましょう。

【面白い内容を書くのは晒されるリスクも】
「配達する理由」欄でウケ狙いのような内容を書く方もいます。それ自体は否定しませんが、その内容がツイッターで晒される可能性があります。
内容だけならまだしも、登録した顔写真ごと晒されているケースも見受けられるので、くれぐれもご注意を。

書いている割合は体感3〜4割くらいか

先ほども述べたとおり、私はUber Eatsを週2〜3回ほど利用しています。その中で配達員が「配達する理由」欄を利用している割合は3〜4割ほどという実感です。

そもそも、配達する理由なんてプライバシーな内容ですし、チップ獲得率が上がるかどうかも人それぞれ。

機能が用意されていることで、使わないと損していると感じやすいですが、意外と利用していない方も多いです。

なので、無理に内容を作るくらいであれば、利用しない選択をする勇気を持ちましょう。

「新料金体系後、稼ぎが寂しい…」悩んでいるあなたへ

「2021年5月からUber Eatsが新料金体系になったけど、単価が下げられて損をしている気分の中で働くのがシンドイ…」

このように感じてはいませんか?

実際に新料金体系後の単価はピーク時間で約1〜2割減。さらに、ピーク時間以外の単価はほぼ300円と、効率よく稼ぐにはクエストの達成が必須となりました。

このように報酬が減少傾向のUber Eatsですが、他社を見渡すと、出前館の業務委託配達パートナーはむしろ単価が上昇傾向なのをご存知でしょうか。

その内容が以下のとおり。

【出前館のメリット】

  • 配達報酬が1件約700円と高額(関東:715円 その他:660円)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、Uber Eatsよりも短い
  • Uber Eatsのバッグでも配達できる

上記のとおり、出前館は1件約700円の固定報酬。配達距離は一切関係ありません。しかも、2021年8月は史上最大の2倍ブーストがつき、1件約1,400円もの報酬を手にすることができました。

一方で以下のようなデメリットも。

【出前館のデメリット】

  • 対応エリアが狭い
  • 営業時間が11時〜22時までと短い(エリアによって異なる)
  • 初日は登録拠点で簡単な指導を受ける必要がある
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 登録拠点のLINEグループに入る必要あり(業務情報が随時送られてくる)
出前館はUber Eatsより働きやすさの面で劣るのは事実。ただ、「報酬の高い方がやりがいを感じてモチベーションに繋がりそう」と興味があるのであれば、好条件の環境を一度体験してみるのもおすすめです。

\メアドの用意のみ。たった1分で申し込み完了/

【出前館 最新キャンペーン情報】

1.基本報酬30%アップキャンペーンを実施。
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】
【対象期間:2021年11月1日〜2022年1月31日まで】
※2021年11月1日以降に登録した方が対象。

>> 詳細を見る

2.送料無料キャンペーンを実施。
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】

【2021年11月1日〜2022年1月31日まで】

3.週替り半額WEEKを実施。
【対象地域:全国】

【2021年11月5日~2022年1月27日まで】

4.呪術廻戦のグッズが当たるキャンペーンを実施。
【対象地域:全国】
【2021年12月1日〜2022年1月9日まで】

※2、3、4により、キャンペーン中は大量に注文が増えることが予想されます。

>> オンライン面談の空き状況を確認する

2021年8月の2.0倍ブーストは突然の告知で、すぐに登録してもキャンペーン中の稼働に間に合わない状況でした。ただ、現在Uber Eatsをやっていて「強いしんどさ」を感じるのであれば、出前館は続かない可能性が高いので、その点だけご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)