Uber Eats 配達調整金額とは?計算方法は不明もショートは下がりロングが上がる傾向に?

Uber Eats 配達調整金額とは?計算方法は不明もショートは下がりロングが上がる傾向に?

「Uber Eatsが5月10日から全国で新料金体系になるけど、新しく追加された配達調整金額ってどんな仕組みなんだろう。今よりも稼げなくなるのか気になる…。」

このような疑問に対し、この記事では

  • 配達調整金額とは?
  • 配達調整金額が上がる条件
  • 新料金の計算方法

について、2019年9月からUber Eats(ウーバーイーツ)で配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

ちなみに、私は神奈川エリアで稼働しているので、新料金体系をいち早く経験済み。なので、その経験も交えながらお伝えします。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

配達調整金額とは?

配達調整金額を簡単に説明すると、以下のとおり。

【配達調整金額の特徴】

  • 誰でも取りそうなショートの注文は報酬を下げる
  • 人気のないロングの注文は報酬を上げる
  • 料理を受け取る際に待たされたらその分プラスする

ちなみに、配達調整金額の具体的な計算方法については発表されていないため、どのような計算式で成り立っているのかは不明です。また、注文が鳴った際には報酬が表示されるので、割りに合ってないと感じたら拒否することも可能。

ただ、同じような距離の注文の場合、配達調整金額が大きく変動することはほぼ無いです。そのため、多少報酬が低いなと感じても、よほど悪条件な注文でなければ取ってしまった方が良いと実際に配達していて感じます。

配達調整金額が上がる条件

配達調整金額が上がる条件については以下のとおり。

【配達調整金額が上がる条件(Uber Eats公式が発表)】

  • 交通状況が通常よりも混雑している
  • 商品の受け取りの際、待ち時間が長い
  • ほかの配達パートナーが少ない
この中で配達調整金額の効果を一番感じたのは、待ち時間が長かったケースです。新料金後に稼働してピック先で10分ほど待たされたことがあったのですが、注文が鳴った際に表示された報酬よりも100円ほど上乗せされてたことがありました。

今まではどんなにピック先で待たされても配達員側が損をするだけだったので、それが少し改善された形となります。

交通状況に関しては、あまりよくわかりません。そもそも私は自転車ですし、混雑しやすい休日に稼働したからといって、平日と比べて配達調整金額が上がったと感じることもなかったためです。

ほかの配達パートナーが少ないというのも、実感なしです。おそらく雨の日で極端に配達員が少なかったり、ロングで注文がたくさん蹴られた場合に上がっていく仕組みなのかもしれません。

新料金の計算方法について

配達調整金額が追加された以外に、従来の報酬の計算方法が変わっています。ちなみに、私が稼働する神奈川エリアの料金の比較が以下のとおり。

【神奈川エリアの新旧料金体系】

受取料金 受渡料金 距離料金(1km) 配達調整金額 手数料
新料金 44円 22円 6円 ??? -10%
旧料金 250円 120円 60円 なし -10%

※新料金はあくまでも推測値

新料金体系はベース料金(受取料金、受渡料金、距離料金)が大幅にダウンしています。ただ、この新料金の数値は公式で発表されておらず、あくまでも推測。

ちなみに、私が実際に稼働した結果、ベース料金はだいたい120〜200円弱だったので、表の数値よりももう少し高く設定されている模様です。

ブーストはベース料金にしか適用されなくなった

タイトルのとおり。例えば、以下のような報酬だったとします。

ベース料金150円+配達調整金額170円+ピーク料金150円=470円

この場合、1.6倍ブーストがついていても、ベース料金にしかプラスされないので、たった90円しか追加されません。合計金額の470円に1.6倍ブーストがつくわけではないので、ご注意を。

ちなみに、神奈川エリアでは新料金体系以降、1.3〜1.6倍ブーストがずっとついています。このブーストがついても、配達単価が以前より1割〜2割ほど下がった実感があります。

また、以下の画像のように新料金体系後の私の時給はクエスト達成なしで1,500円ほどです。新料金前もだいたい同じくらいだったので参考になればと思います。

【結論】Uber Eats 神奈川は新料金でも全然稼げています

新料金は疑問だが、配達先やピック先の表示はめちゃくちゃ快適です

新料金の配達調整金額は不透明な部分が多く、近いうちに報酬を大幅に下げられるのではないかという不安が残るのは事実です。しかし、お届け先が注文が鳴った時点で見られるのは想像以上に快適。どこに飛ばされるかわからない条件にはもう戻れないです。

私の稼働エリアには坂道の地域があり、そこに飛ばされると休憩を挟む必要があったので、割に合っていませんでした。また、ロングドロップを引いてしまった場合、届けたあとに一度オフラインにして拠点としているエリアまで戻ってまたオンラインに…などと、効率が悪くなるストレスも。

さらに、配達先が表示されることによってこれらが一切なくなったことで、配達件数が稼ぎやすくなる形に。

しかし、運が悪いと、ロングや坂道エリアへの注文ばかりが入ってきたりするので、応答率がかなり悪くなります。ですが、Uber Eatsの公式によると、配達リクエストを拒否しても評価には影響がないとあるので、応答率が低いからといって注文が入りづらくなるなどの心配はありません。

新料金は疑問だが、配達先やピック先の表示はめちゃくちゃ快適です

「それでも報酬引き下げはキツい…」と悩むあなたへ

「事前にお届け先が見れるようになったとはいっても、昔の単価を知っていると、やっぱり値下げはキツい…」

このような感じでモチベーションに影響しているのであれば、別のフードデリバリーを視野に入れるのも一つの手。

その中でも、出前館の業務委託配達パートナーは、以下のように単価が高いなどの特徴を備えています。

【出前館のメリット】

  • 配達報酬が1件約700円と高額(関東:715円 その他:660円)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、Uber Eatsよりも短い
  • Uber Eatsのバッグでも配達できる

上記のとおり、出前館は1件約700円の固定報酬。配達距離は一切関係ありません。また、2倍ブーストとなれば、1件約1,400円もの報酬を手にすることができます。

一方で以下のようなデメリットも。

【出前館のデメリット】

  • 対応エリアが狭い
  • 営業時間が11時〜22時までと短い(エリアによって異なる)
  • 初日は登録拠点で簡単な指導を受ける必要がある
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 登録拠点のLINEグループに入る必要あり(業務情報が随時送られてくる)

出前館はUber Eatsより働きやすさの面で劣るのは事実。しかし、その分報酬が高く設定されているので、稼ぎやすさ・働きやすさのどちらを優先するか、その日によって使い分けが可能。

以下の出前館の登録ページから配達エリアをチェックすることができますが、全国展開ではないのでご注意を。

>>出前館 登録ページ

2021年8月に行われた出前館の2.0倍ブーストは突然の告知で、情報を知ってから登録しても、キャンペーンに間に合わない状況でした。そのため、まずは登録だけ済ませておき、配達できる環境を整えて、いつでもキャンペーンに参加できる状況を作っておきましょう。
出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

2021.01.15
出前館 業務委託配達員の登録方法!WEB説明会から配達までの流れを詳しく解説します

出前館 業務委託配達員の始め方!登録方法から説明会・配達までの流れを詳しく解説します

2021.01.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)