Uber Eatsに法人が登場!業務委託のメリット・デメリットや個人との違いを解説します

Uber Eatsに法人が登場!業務委託のメリット・デメリットや個人との違いを解説します
Uber Eats配達員
Uber Eats配達員

Uber Eats(ウーバーイーツ)で法人と業務委託している配達員がいるって最近聞くんだけど、メリットは何なん??

自分も業務委託を検討した方が良いのか教えて欲しいんだが…。

このような疑問に対し、当記事では

  • Uber Eats 業務委託の内容
  • 業務委託するメリット・デメリット
  • 出前館の業務委託との違い

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

レクター
レクター

「これからUber Eatsの配達を始めようか悩んでいる…」

このような方にも読んで損はない内容です。どちらで契約しようか決めかねているのであれば、当記事の内容を一つの判断材料にしてみてください。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

※ 当記事でご紹介するサービス

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ち報酬単価働きやすさキャンペーン①キャンペーン②キャンペーン③
ウーバーイーツ ロゴ
ウーバーイーツ

今すぐ申し込む
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
1〜2週間ほど可能約450円服装・配達キャンセルなど自由度高めUber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。
特別インセンティブ
なしなし
今だけ!
報酬アップ中/
出前館 ロゴ


出前館
今すぐ申し込む
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在は廃止

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能約700円帽子着用必須など自由度劣る新人配達員30%報酬アップ中!
※2022年7月31日まで

詳しくはこちら >>
既存配達員向けの報酬アップイベントあり!
※定期開催
高倍率ブースト出現中!
※ブースト情報は登録後にアプリから確認できます

Uber Eats 業務委託の内容【個人との違いとは】

Uber Eatsの業務委託の内容を通常の個人委託と比較したものが以下のとおり。

※法人の内容は若干異なる可能性があります。あくまでも参考程度にとらえてください。

契約の種類時給シフト注文の拒否服装配達車両
業務委託(法人)1,300円
(目安)
あり不可自由自由
個人0円〜2,000円以上
(完全成果報酬)
なし可能自由自由

一番大きな違いは

  • 報酬が時給か成果報酬か
  • シフトがあるかどうか
  • 注文を拒否できるかどうか

の3点。それ以外はそこまで大きな違いは無いようです。

レクター
レクター

ただ、Uber Eats配達員の私からすると、業務委託の内容はUber Eatsの強みを消してしまっているなという印象…。

ただ、メリットもいくつか感じるのも事実。次にそれらについて解説していきます。

Uber Eats 業務委託のメリット

業務委託のメリットは以下のとおり。

それぞれ紹介します。

メリット① 確実にお金が稼げる

時給ではあるものの確実にお金が稼げるので、働く時期によっては大きなメリットです。

レクター
レクター

フードデリバリーは春と秋が稼ぎづらいです。地域によっては時給1,300円を下回ることもあるため、この時期は業務委託の方が稼げる可能性があるというわけ。

メリット② 保険に加入できる??

確定ではないものの、Uber Eatsの業務委託はすべての範囲に保険が適用されている可能性があります。

Uber Eatsでは個人でも保険が用意されています。ただし、個人の保険の適用範囲は業務中のみ。

レクター
レクター

業務中の範囲は

  • 注文を受け取ってお店に向かっている最中
  • 料理を受け取ってお届け先まで配達している最中

の2つのこと。

注文が入っていない最中の事故は保険適用外となってしまいます。

そのため、個人ではすべての範囲をカバーするために個別で保険に加入するのが一般的。

一方で業務委託がもし、会社がすべて対応してくれる決まりとなっているのであれば、メリットとして捉えることができます。

メリット③ ガソリン代などがタダ??

Uber Eats配達員は、配達にかかるガソリン代や車両整備代はすべて自分持ち。経費として記録しておいて、申告の際に一部税金の負担が少なくなる仕組みがあります。

一方で、業務委託であればガソリン代や車両整備代といった費用が会社負担の可能性も。

もし、そういう決まりであった場合はメリットとして十分です。

メリット④ 確定申告の必要なし??

個人のUber Eats配達員は確定申告をしています。Uber Eatsから支払われる報酬は税金が引かれていないため、すべて自分で計算して税金を納める必要があるためです。

レクター
レクター

一方で業務委託は成果報酬ではなく時給制なので、普通のアルバイトと同じ給料という形。

業務委託だけの報酬しかもらっていないのであれば、確定申告をする必要がない仕組みとなっています。

これも業務委託の会社によって異なる可能性があるため、申し込み先に確認する必要があります。

以上がUber Eatsの業務委託のメリットでした。

Uber Eats 業務委託のデメリット

次に、業務委託のデメリットは以下のとおり。

それぞれ解説していきます。

デメリット① 何件配達しても報酬が増えない

個人のUber Eatsは追加報酬も含めると、1件約400〜600円ほどの単価になります。

一方で業務委託は時給が約1,300円。そのため、1時間に3件以上配達してしまうと損をする計算に。

レクター
レクター

ピークタイムの配達だと時給2,000円を越えるのは珍しくありません。

ピークタイムとは

  • 11:30〜13:00
  • 18:00〜20:30

上記の時間帯のことで、一番稼ぎやすいです。

法人によっては、「1時間に1〜2件以上の配達」などといったノルマが存在するとの声も聞くので、どうしても自由度が欠けてしまいます。

デメリット② 注文が拒否できないので、配達先が選べない

業務委託は入った注文を拒否することが原則できません。

通常のUber Eatsであれば注文が入ると、アプリ画面が以下のように切り替わります。

2021年5月、事前にお客さんの住所がわかる仕様に

このとき、配達員には数十秒の選択権が与えられ、注文を取るかどうかを判断。

レクター
レクター

上記の画像には写っていませんが、拒否のボタンを押すと注文を拒否することができるんです。

しかし、業務委託では拒否することが基本できないので、

  • 5km以上の長距離の注文
  • 対応の悪いお店の注文

これらの拒否ができず…。

特に、遠い配達先で注文を受けてさらに遠くへ飛ばされると、とんでもない場所まで移動する可能性もあります。

この点は本当に要注意です。

デメリット③ シフト制なので、急な天候悪化でも終われない

業務委託はシフト制なので、天気が急に悪くなっても配達を続ける必要があります。

レクター
レクター

急な天候悪化の影響を受けることは珍しくないです。

自転車もバイクもスリップなどで事故を起こしやすいので、私は雨の日や急な天候変化の場合は稼働していません。

特にゲリラ豪雨なんかだと、配達バッグを貫通して水が浸水します。それでも配達を切り上げられないのであれば、かなりリスクが高いと感じました。

デメリット④ 副業の場合、会社にバレる可能性が高まる

通常のUber Eatsは自分で確定申告をするため、申告する際にしっかりと手順を踏むと会社にほぼバレずに副業をすることができます。

一方で、業務委託は報酬ではなく給料という形。業務委託の会社が自分の情報を役場に送ってしまうため、そこから本業の会社に副業がバレてしまうというわけ。

レクター
レクター

会社にバレずに申告する方法は以下で解説しています。

会社にバレずに副業をする方法をチェックする >>

業務委託だと基本的にバレるので、副業禁止の会社で働いている方は残念ながら向いていません…。

以上が業務委託のデメリットでした。

出前館の業務委託との違い

ちなみに、同じフードデリバリーの出前館も

  • 通常のアルバイト
  • 業務委託配達パートナー

の2種類が存在します。ただ、出前館の業務委託はUber Eatsの個人と同じ形態。

レクター
レクター

好きな時間に好きなだけ働くことができ、好きなタイミングで業務を終えることができます。

同じ業務委託という名前なので、ごっちゃにならないように注意してください。

【結論】Uber Eatsで働くなら個人がおすすめ

Uber Eatsの業務委託はぶっちゃけ微妙だと感じます。

シフト制で時間が縛られ、注文の拒否も不可能。どれだけ頑張っても大きな金額を稼げないのはUber Eatsの強みを消してしまっているため。

私は2019年9月から続けていますが仮にこの縛りがあった場合、長期間続けることは不可能でしょう。

ただ、人間関係に縛られないメリットはあると思うので、

「人間関係がしんどくてアルバイトがどれも続かない…」

という方にはベスト。それ以外の方は個人で働く方がメリットが多いです。

レクター
レクター

Uber Eatsの報酬面に納得がいかないのであれば、先ほど紹介の 出前館 を始めるのもアリ。

ピークタイムであれば1件1,000円以上の報酬が珍しくなく、少なくともUber Eatsの業務委託よりは全然稼げるためです。

出前館のメリット出前館のデメリット
1件約700円の固定報酬が高額なので稼ぎやすい
(上記の固定報酬に1.1倍〜3.0倍のブーストが加わる)
配達距離が最長3kmほどと、他社よりも短い

(稼働拠点によって異なる)
他社と掛け持ち・同時オンラインが可能 他社のバッグでも配達できる
(ロゴを隠す必要あり)

アプリの操作一つで開始・終了ができる
自分の自転車・バイクで配達できる 現金の注文をOFFにできる
対応エリアが全国ではない
現金注文を受けたら、その日のうちに拠点で精算する
赤い帽子のみ着用が必須
(服装は自由)
クエスト報酬(追加報酬)がない
注文の取り方が早押し

上記のように出前館の業務委託は、個人のUber Eatsよりも自由度の面では劣ります。その分稼ぎやすいというわけ。

  • Uber Eats(個人)
  • Uber Eats(業務委託)
  • 出前館(業務委託)

あなたにとってどの働き方が刺さりましたか?Uber Eats(個人)や出前館(業務委託)については文末から調べることができます。

早めに登録しておくとどちらも追加報酬などお得なキャンペーンが配信されたりするメリットも。

この機会にぜひお試しあれ。

※ 当記事でご紹介したサービス

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ち報酬単価働きやすさキャンペーン①キャンペーン②キャンペーン③
ウーバーイーツ ロゴ
ウーバーイーツ

今すぐ申し込む
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
1〜2週間ほど可能約450円服装・配達キャンセルなど自由度高めUber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。
特別インセンティブ
なしなし
今だけ!
報酬アップ中/
出前館 ロゴ


出前館
今すぐ申し込む
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在は廃止

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能約700円帽子着用必須など自由度劣る新人配達員30%報酬アップ中!
※2022年7月31日まで

詳しくはこちら >>
既存配達員向けの報酬アップイベントあり!
※定期開催
高倍率ブースト出現中!
※ブースト情報は登録後にアプリから確認できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)