Uber Eats 神奈川エリアの新料金は稼げる?実際に働いてみた現状をご紹介します

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の新料金って稼げないって噂だけど、実際本当に稼げないのか知りたい」

このような疑問に対し、この記事では

  • Uber Eats 神奈川は新料金でも全然稼げています
  • ただし、今後稼ぎづらくなる可能性あり
  • 新料金体系の計算方法

について、2019年9月からUber Eats 神奈川エリアで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

神奈川エリアが新料金体系になってから実際に私が稼働した結果を踏まえてご紹介していくので、参考になればと思います。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

【結論】Uber Eats 神奈川は新料金でも全然稼げています

タイトルのとおり。というのも、以下の画像のように新料金体系でも時給1,500円ほど稼げているため。(私の時給は新料金前でもだいたい1,500円ほどでした)

【結論】Uber Eats 神奈川は新料金でも全然稼げています
ちなみに、上記の報酬はクエストを1回も達成しておらず、以下のピーク時間にのみ稼働した結果です。
  • 11:30〜13:00ごろ
  • 18:30〜21:00ごろ
クエストを達成していれば、さらに時給が上がったでしょうし、もっと効率的に稼げたと思っています。

ただし、今後稼ぎづらくなる可能性あり

新料金体系でも全然稼げているとお伝えしましたが、今後稼ぎづらくなる可能性は十分あります。というのも、先ほどご紹介した報酬は、1.6倍ブーストがついた金額であるため。

神奈川エリアでは新料金体系がスタートしてから、1.2〜1.6倍のブーストが毎日ついています。それ以前はブーストがまったくつかない時期もあったため、新料金体系でブーストがつかなかった場合、稼ぎづらくなるのは明白でしょう。

ただ、ブーストがつかないと、稼働する配達パートナーの数も減るので、注文を受け取りやすくなる可能性も。なので、ブーストがついてないからといって必ずしも大幅に稼ぎづらくなるわけではありません。

実際に稼ぎやすさについてどのような変化が起きるのかは、今後ブーストがつかなくなった時に検証してみます。

新料金体系の計算方法

改悪と言われている新料金体系ですが、どのように変わったのかおさらいです。

【神奈川エリアの新旧料金体系】

受取料金 受渡料金 距離料金(1km) 配達調整金額 手数料
新料金 44円 22円 6円 ??? -10%
旧料金 250円 120円 60円 なし -10%

※新料金はあくまでも推測値

新料金体系はベース料金(受取料金、受渡料金、距離料金)が下がっていて、その分を配達調整金額で負担しているといった感じです。ちなみにベース料金の数値は表の数字よりももう少し高く設定されている模様。というのも、私が実際に神奈川県で稼働した結果、ベース料金が120〜200円弱となっているため。

あと、神奈川エリアは現在1.3〜1.6倍ブーストがついていますが、ブーストがつくのはベース料金のみ。配達調整金額やピーク料金にはブーストが適用されないので、1.6倍ブーストでも数十円〜100円程度の報酬しかプラスされません。

配達調整金額とは?

今回追加された配達調整金額とは以下の条件で追加される報酬のことです。

  • 交通状況が通常よりも混雑している
  • 商品の受け取りの際、待ち時間が長い
  • ほかの配達パートナーが少ない
ただ、具体的にどのような条件でどれくらいの報酬が追加されるのかは不明。なので、以前よりも報酬の計算がしづらくなりましたし、運営のさじ加減で報酬を減らすことも可能となりました。

実際に神奈川エリアで稼働していて、ピックの際に10分ほど待たされたことがありましたが、配達調整金額が高くなったこともあれば、そうでなかったことも。

なので、繰り返しですが、配達報酬に関して不透明な部分が強くなってしまったのです。

お届け先が前もってわかるのはとても便利

神奈川エリアでは注文を受け取る際にお届け先も表示されます。これが、かなり便利なシステムで、理不尽に4〜5km先の場所に飛ばされることがなくなりました。

特に私のエリアは坂道が多い地域があるので、そこへの配達を意図的に避けられるように。自転車稼働なので、坂道は平地と比べて体力を何倍も使うので本当に割に合っていないと以前から感じていました。

また、遠くのエリアに配達しても、そこからまた拠点エリアへの注文のみを受けるなど、戦略的に配達ができるようになって以前よりも配達が楽しいです。

ただ、注意点としては、坂道エリアやダブルピックの注文など、条件の悪い注文ばかりが入る場合があること。しかし、拒否された分、配達調整金額が上がるので、普段からロングドロップなど関係なく注文をとる方にとっては以前より報酬が上がりやすいのでメリットとも捉えられます。

なので、あなたがもし、Uber Eats を始めようか悩んでいて、配達距離や坂道への配達が懸念材料となっているのであれば、その心配は払拭された形となります。

>> Uber Eats 登録ページ

新料金体系は確実に全国で採用されます

私が稼働する神奈川エリアや京都、福岡などが新料金体系となっていますが、間違いなく今後全国に広がっていくでしょう。

今現在は、新料金体系でも十分稼げていますが、先ほども述べたとおり、1.6倍ブーストがついて、今までと同じか少し少ないといった感じ。なので、ブーストがなくなってしまうと、稼ぎづらくなる可能性は十分あります。

もし、料金が下がることに不安を感じているのであれば、別のフードデリバリーに登録するのも一つの手です。

【配達員向け】フードデリバリー6社を厳選比較!おすすめはUber Eatsな理由を解説します

という記事では、Uber Eats を含む6社のフードデリバリーサービスの特徴をすべてまとめています。すでにUber Eats に登録している方でも参考になる内容となっているため、別のデリバリーへの登録を考えているのであれば、参考にどうぞ。

【配達員向け】フードデリバリー厳選6社を比較!おすすめはUber Eatsな理由を解説します

【配達員向け】フードデリバリー6社比較!おすすめはUber Eatsか出前館な理由を解説します

2021.04.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)