menu配達員の登録が遅いけどどれくらいかかる?サポートに連絡しても意味なし…対策方法あります

「menuの配達員に登録したけど、全然連絡がこなくて、どれくらいかかるの?早く働きたいのに本当に困るんだけど…」

このような悩みに対し、本記事では

  • menu配達員の登録が遅いけど、実際どれくらいかかるのか
  • サポートに問い合わせた結果
  • menuサポートへの連絡方法

について、2019年9月からUber Eatsで配達しており、日ごろフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

menu配達員の登録が遅いけど、実際どれくらいかかるのか

2021年9月現在、WEB登録から配達開始できるまで、だいたい1ヶ月〜2ヶ月ほどかかっているようです。

というのも、ツイッターで検索してみると、以下のようなツイートが多くみられたため。

ちなみに、Uber Eatsも現在、WEB登録から配達開始まで長いと1ヶ月くらいかかるようです。

理由としては、フードデリバリーの需要が増えていて、配達員の応募が殺到。対応に手が回っていないため、これだけの期間を要しているというわけです。

サポートに問い合わせた結果

また、アカウント作成について、menuサポートに問い合わせると、以下のような返事がきます。

サポートに問い合わせた結果
「現在多数のご応募があり、登録完了までお時間を頂いております。〜」などとありますね。

そのため、「menuでどうしても働きたい!」という方は、WEB登録から1ヶ月を目安にひたすら待つしかないのが現状です。

menuサポートへの連絡方法

ちなみに、登録から1ヶ月以上経っても連絡がない場合、スタッフのミスによってメールが送られていない可能性も。

当てはまる方は以下に連絡して見ることをおすすめします。

電話番号:050-1744-2631
メールアドレス:cs@menu.inc

「もう登録完了まで待ってられない…」そんなあなたへ

「すぐに配達できるかと思って登録したのに、対応が遅すぎて…。これ以上待ってられないんだけど。」

このような場合、他社のフードデリバリーへの登録を検討するのも一つの手。というのも、今から他社に登録した方が、ただひたすら待っているよりも早く始められる可能性が高いため。

特に、出前館の業務委託配達パートナーなんかは、WEB登録から最短1週間ほどでサクッと配達可能。さらに、以下のようなメリットもあります。

【出前館 業務委託配達パートナーのメリット】

  • 配達報酬が1件約700円の固定報酬(関東:715円 その他:660円)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、他社よりも短い(拠点によって異なる)
  • 他社と掛け持ち可能
  • 他社のバッグでも配達できる
  • 自分の自転車・バイクで配達できる

報酬の1件約700円の固定報酬は、業界トップの数字。さらに、2.0倍ブーストを実施していて、配達員への単価が上昇傾向という点も他社とは違います。

また、業務委託配達パートナーは出前館のアルバイトとは別。menuと同じくシフトなしで、配達開始・終了がアプリの操作一つで完了します。

一方で、menuと比べると、以下のようなデメリットも。

【出前館 業務委託配達パートナーのデメリット】

  • menuより対応エリアが狭い(全国ではない)
  • menuより営業時間が短い(11:00〜22:00までが基本)
  • 初日は対面で簡単な指導を受ける必要がある
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 赤い帽子のみ着用が必須(服装は自由)
  • 業務用の保険への加入が必要

※業務用の保険がネックであれば、以下の記事を読んでから判断してみてください。意外と簡単に加入できます。

出前館 業務委託配達員は自転車でも任意保険の加入が必須!どの保険に加入すべきなの?

出前館 業務委託配達員は自転車でも任意保険の加入が必須!どの保険に加入すべきなの?

2021.01.16

自由度優先ならmenu、稼ぎ優先なら出前館といった感じ。ただ、両社とも掛け持ち可能なので、2つ登録しておけば、その日の気分でどちらで配達するか、選択可能です。

以下の登録ページには出前館の配達エリアが掲載されているため、検討するのであれば、お住まいの地域が含まれているか、必ずご確認ください。

>> 出前館 登録ページ
メアドの用意のみ。たった1分で登録完了。
2021年10月現在、32都道府県まで拡大中。
出前館は登録完了まで約1〜2週間と早いですが、対応が早いという理由だけで登録しても問題なし。というのも、フードデリバリーをある程度続けるのであれば、いずれ掛け持ちする確率が高いため。
実際に両方登録している方は多いので、複数の会社に名前を置くことはムダではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)