Uber Eats「 新規の配車リクエストを停止する」やり方を画像付きで解説します

「Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達していて、配達中に注文を受けたくないから新規の配車リクエストを停止するボタンを押したいけど、いつからか表示されなくなった…やり方が知りたい!」

このような疑問に対し、この記事では

  • 新規の配車リクエストを停止するの操作方法
  • バグが多いUber Eatsアプリの対処方法

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

【簡単】新規の配車リクエストを停止するの操作方法

やり方は以下の画像のとおり。右下の「三」の記号を3秒ほど長押しするだけ。

【簡単】新規の配車リクエストを停止するの操作方法
すると、以下の画面に切り替わります。
【簡単】新規の配車リクエストを停止するの操作方法
あとは、下部分の「新規の配車リクエストを停止する」をタップすれば、配達中に注文が入らなくなります。

以前までは「三」の記号を1回タップするだけで、上記の画面に切り替わっていましたが、何かをきっかけに「三」の記号をタップしてもこの画面に飛ばなくなりました。

私はよくこの機能をよく使うので最初は困りましたが、この方法で無事解決です。

3秒ほど押し続けても反応しない場合もあるので、そのときは何度か同じ方法でトライしてみてください。タップすると、「三」の記号が薄い灰色になっていれば反応しているサインです。

バグが多いUber Eatsアプリの対処方法

Uber Eatsアプリは定期的にバグが起こります。今回ご紹介した内容がバグなのかどうかは不明ですが、おかしいなと感じたらツイッターで同じ現象で悩んでいる人がつぶやいていないかを検索してみるのも手です。

ちなみに、今回ご紹介した操作方法はツイッターで見つけられませんでした。しかし、定期的に発生する建物名が表示されないバグや、受け取り方法が勝手に変更されるバグなどはツイッターで検索すればすぐにバグが起きていることが確認できます。

バグが発生していることがわかれば、お客さんへの対応も変わってくるので、トラブルを未然に防げる可能性も。

Uber Eatsはバグが起きても基本的にアナウンスしてくれないので、もし、このような対処方法を知らないのであれば、今後活用してみてください。

「Uber Eatsの単価に不満がある…」という方へ

「2021年5月の新料金体系になって、配達先が見れるようになったのは良いけど、単価が下がって損してる気分なんだけど…」

もし、あなたがこのように感じているのであれば、出前館の業務委託配達パートナーに登録するというのも一つの手です。

というのも、業務委託配達パートナーは、普通の出前館のアルバイトとは違い、シフトなしで自由に働けるだけでなく、以下のようなメリットがあるため。

  • 配達単価が1件約700円と高く、最大1.4倍の日も(1件1,000円超え)
  • 配達距離が最長3kmほどまでと短い
  • Uber Eatsのバッグで配達できる

もちろん、事前に配達先もチェックできます。

一方で

  • Uber Eatsより対応エリアが狭い
  • Uber Eatsより営業時間が短い
  • 配達初日は登録した拠点で指導を受ける必要がある

といったデメリットもあるので注意です。

ただ、フードデリバリーで働くうえで単価が高いかどうかはとても大事なので、新料金体系に不満があるのであれば、検討する価値ありです。

>> 出前館 登録ページ
メアドの用意のみ。たった1分で登録完了。
2021年10月現在、32都道府県まで拡大中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)