Uber Eats配達パートナー登録方法や説明会の持ち物などの手順まとめ!都市名の入力だけ注意!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして副業で稼働しているレクター(@recter_ue)です。

私は2019年9月に登録していて、主に土・日・祝日に神奈川県某所を自転車で駆け回っており、

収益などは自身のツイッターで公開していますが、時間に縛られない自由な働き方にとても満足しています。

おそらく、この記事を読んでいるあなたはこれからUber Eats配達パートナーに登録しようと思ってこの記事にたどり着いたと思うので、

ここでは、Uber Eats配達パートナーの登録方法や説明会の内容、必要な持ち物などを説明していきます。

少し長文になりますが、この記事を読みながら手順を踏めば、ムダな時間なくスムーズに登録作業を進めることができますよ。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats配達パートナーになるための登録方法まとめ

Uber Eats配達パートナーの登録方法はとても簡単で、大きく4つのステップで丁寧に説明していきますね。

まず、下記リンクをアクセスして、Uber Eats配達パートナーの登録ページに飛んでください。

>>Uber Eats配達パートナー登録ページ

① 個人情報を入力する

上のリンクをタップすると、以下のような画面が表示されると思うので、

  • メールアドレス
  • 名前
  • 電話番号
  • 都市(稼働する場所)
  • 招待コード

を入力します。
Uber Eats配達パートナーになるための登録方法まとめ1

Uber Eats配達パートナーになるための登録方法まとめ2
ちなみに招待コードとは、あなたの身近で配達パートナーの仕事をしている方がいる場合、

各配達パートナーが持っている招待コードを入力すると、紹介者に報酬が支払われる仕組みなので、

周りで働いている人がいない場合はスルーして大丈夫です。

※「都市」は自分の稼働予定の都市を入力する

そして、ここで一つ注意して欲しいのが都市の欄で、ここにはあなたが稼働する予定の都市を入力してください。

例えば、あなたが神奈川県川崎市に住んでいて、配達は東京で行おうと考えている場合は、「Kawasaki」ではなく「Tokyo」といった感じです。

ちなみにここで「Kawasaki」にしてしまっても東京で稼働する事は可能なのですが、クエスト報酬が神奈川県内での配達分しかしかカウントされないため、

報酬額を大きく損をしてしまうので要注意です。

都市に関しては登録後の変更も可能なのですが、少し手間がかかってしまいます。

なので、都市の欄には住所ではなく、現時点で稼働する予定の都市を入力するようにしてください。

② 配達方法を選択する

個人情報を入力したら、次に配達方法を選択します。
Uber Eats配達パートナーになるための登録方法まとめ3
原付か自転車かの2択ですが、一番下の項目は業務用の車両のことを指しており、普通の方であれば持っていないので、

原付の方は一番上を、自転車の方は真ん中を選択してください。

ちなみに車両も都市と同じで登録後に変更することができますが、最寄りのパートナーセンターで手続きをする必要があるので注意してください。

③ プロフィール写真を登録する

車両が選択できたら、次にプロフィール写真を登録します。
Uber Eats配達パートナーになるための登録方法まとめ4
写真はこのために自撮りをしても良いですし、自分が写っている写真をスマホなどから探して、それを切り抜いても大丈夫ですが、

帽子やマスク、サングラスの着用はNGです。

ちなみにここで登録される写真は、あなたが配達でお客様のもとに向かう際に、お客様のアプリにここで登録された写真が表示されるので注意してください。

④ 必要書類を登録する

次に、必要書類を写真撮影して登録します。
Uber Eats配達パートナーになるための登録方法まとめ5
【自転車の場合】
・顔写真付きの身分証明証(パスポートや運転免許証など)

【原付の場合】
・運転免許証
・自動車損害賠償責任保険の証明書
・ナンバープレートの写真

撮影の際は、顔写真や文字などが鮮明に写るようにしてください。

これでWEBでの登録は完了!

以上でWEBでの登録は完了です。

登録が完了すると、Uberから登録したメールアドレスにメールが届くと思いますが、大抵は瞬時に届くので、

1日経っても届かない場合はあなたが登録した都市に該当するパートナーセンターに連絡してみてください。

東京 0800-080-4117 or 03-4510-0974
神奈川(川崎・横浜) 0800-080-4255
埼玉 0800-080-4117
千葉 0800-080-4117
愛知(名古屋) 0800-123-6931
大阪 0800-080-4270
兵庫(神戸) 0800-080-4288
京都 080-0170-0024
福岡 0800-080-4153

説明会の内容や所要時間・持ち物について

Webでの登録が完了して、メールが送られてきたらあとは最寄りのパートナーセンターで説明会を受けるだけです。

最寄りのパートナーセンターに関しては登録の際に以下のような画面が表示されると思うので、

そこで営業時間をしっかり確認して向かってください。
説明会の内容や所要時間・持ち物について
ちなみに説明会に関しては、営業時間内であればいつでも受けることができますし、予約も不要なので、

あなたの都合が良い時間に直接パートナーセンターに行ってしまって大丈夫です。

説明会の内容や時間はどれくらいかかる?

私は横浜のパートナーセンターに行きましたが、待ち時間が10分ほどで、人数は自分を含めて3人、説明会自体は20分ほどで終わりました。

まず、パートナーセンターに着くと、配達パートナーの仕事内容などについて書かれた冊子が貰えるので、

それを見ながら社員の方から説明を受けて、最後に配達用のバッグを貰うといった流れです。

持ち物は銀行口座の通帳が必須!

持ち物に関しては、スマホや銀行口座の通帳を持っていってください。

銀行口座に関してはWebから登録ができるのですが、海外からの送金となるため、登録方法が少々複雑です。

そのため、パートナーセンターで社員の方に確認してもらいながら登録した方がミスがないので、あえて登録方法ではご紹介しませんでした。

また、顔写真付きの身分証明証などをWebで登録しましたが、何か不備があるといけないので、

念のため撮影した必要書類も用意できるのであれば説明会の際に持っていった方が良いでしょう。

説明会後に配達が可能に!

パートナーセンターでの説明会を終えたら、その日のうちにアプリから配達が開始できるようになります。

ちなみに配達に必要な持ち物は

説明会で貰ったバッグ(ウバッグ)のみで、それ以外に私は

  • 身分証明証
  • 現金(1,000円くらい)
  • パートナーセンターの電話番号が書かれたカード
  • マニュアル
  • タオル
  • 飲み物
  • ハンカチ
  • ウエストポーチ
  • スマホホルダー(自転車にスマホを固定するもの)

を携帯しており、ウバッグの中は料理が固定できるようにタオルや緩衝材などを詰めるなどして対策しています。

最初の配達は緊張するかと思いますが、慣れれば本当に簡単なので、この働きやすさを早く体験してもらえたらと思います。

【注意】新型コロナウイルスの影響で登録方法が変更に

現在、新型コロナウイルスの影響により、先ほどご紹介した登録方法が以下のように大きく異なっています。

【今まで】
1.Web登録
2.説明会
3.仕事開始

【現在】
1.Web登録
2.Amazonでウバッグを購入
3.フォーム入力に情報を記載or電話予約でアカウントを有効にしてもらう
4.配達開始

主な変更点としては説明会が現在行われておらず、説明会の際に支給されていた配達用バッグは各自Amazonで購入する形となっています。

※5,000円で発売されている下記リンク先が正規の業者が販売しているバッグなので

この金額を上回る転売されたバッグを購入しないようにご注意ください。

 >>AmazonのUber Eatsバッグ購入ページ

実際に購入した方のツイートも以下のように見られるため、バッグが届かないなどという心配もないと思います。


ちなみに登録が完了してもアカウントが有効になっておらず配達用アプリを起動しても配達できない仕様になっているので、

以下のパートナーセンターのサイトから電話予約を取るか、フォーム入力に情報を記載する方法のどちらかでアカウントを有効にしてもらいます。

>>パートナーセンター電話予約サイト

電話予約に関しては、予約が埋まっている状態がほとんどなのですが、以下のツイートのように「ちょくちょく更新していたら予約できた」という声もあるため、

電話予約ができない方は定期的にサイトをチェックしてみるのも手かと思います。

【追記】銀行口座情報の入力方法について

2020年4月現在、新型コロナウイルスの影響でWebのみで登録する形となっているため、全て自分で入力しなくてはなりません。

そこで、銀行口座情報の入力方法についてですが、海外の表記方法のため以下の例のように入力します。

【口座名義人】
名・姓の順で入力

【住所】
例:東京都渋谷区渋谷1-2-3 ABCハウス101号室
→1-2-3-101,Shibuya,Shibuya-ku, Tokyo

【金融機関名】
日本語で銀行名を入力すると、銀行名が自動表示されるため、表示された銀行名を選択

【金融機関コード】
わからない場合は「〇〇銀行 金融機関コード」で検索!

例:三井住友銀行【0009】

それ以外の項目は日本と変わらないので悩むところは無いかと思います。

 

ちなみに現在新型コロナウイルスの影響でどの業界も働き先が見つかりづらい状況ですが、

実際にUber Eatsの配達の仕事をしている私の感想を述べると、この過ごしやすい時期にしては結構注文が入っているなという印象ですし、

週払いで現金が振り込まれるのも本当に助かっているというのが正直な感想です。

ただ、ここ最近は配達パートナーがかなり増えてきており、将来的に募集がSTOPしてしまう可能性もあるため、

悩んでいる方は募集しているうちに登録だけ済ませて、そこから判断しても良いのではないでしょうか。

>>Uber Eats配達パートナー登録ページ

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)