Uber Eats配達と出前館バイトの違いを徹底比較!どっちが稼げるのか現役配達パートナーが解説します

Uber Eats配達員と出前館バイトの違いを徹底比較!どっちがおすすめか現役配達員が解説します
仕事を探している人
フードデリバリーで働きたくてUber Eatsと出前館に絞ったんだけど、働き方の違いがよくわからん…。 稼ぎやすさもどっちの方が良いんかな??
このような疑問に対し、当記事では
  • Uber Eatsと出前館の働き方の違い
  • どちらが稼ぎやすいのか
について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

当記事の著者 レクター(@rector_space

2019年9月、Uber Eats配達員&当ブログ運営開始。「フードデリバリーの魅力をより多くの人に伝えたい!」が当ブログのモットーです。

約2,000件以上配達した経験をもとに新規・既存配達員向けの情報を発信中。

最近は配達員がより手軽に収入源を増やす方法として仮想通貨にも着手。

2022年5月からビットコインを運用を開始していて ツイッター でも情報発信しています。

私の詳細や当ブログの収益などは プロフィール まで。

※ 当記事でご紹介するサービス

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ち報酬単価働きやすさキャンペーン①キャンペーン②キャンペーン③
ウーバーイーツ ロゴ
ウーバーイーツ

今すぐ申し込む
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
1〜2週間ほど可能約450円服装・配達キャンセルなど自由度高めUber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。
特別インセンティブ
なしなし
今だけ!
報酬アップ中/
出前館 ロゴ


出前館
今すぐ申し込む
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在は廃止

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能約700円帽子着用必須など自由度劣る
※2022年8月1日から仕様が大幅変更

主な変更点はこちら >>
新人配達員30%報酬アップ中!
※2022年9月30日まで

詳しくはこちら >>
既存配達員向けの報酬アップイベントあり!
※定期開催
高倍率ブースト出現中!
※ブースト情報は登録後にアプリから確認できます

稼ぎを重視ならUber Eats、少しの稼ぎなら出前館バイトがおすすめ

まず結論からいうと、
  • 月10万円以上を安定的に稼ぎたい=Uber Eats
  • 副業として稼ぎたい=Uber Eats
  • 月数万円の収入で構わない=出前館バイト
という判断基準がおすすめです。というのもUber Eatsは個人事業主として働くため、確定申告などの準備が面倒だから。 一方で出前館バイトであれば特別な準備は必要なし。なので、月数万円しか稼がないのであれば、出前館バイトの方が圧倒的に負担が少ないんです。 また、副業で検討している場合はUber Eatsでないと、会社にバレやすいのでUber Eats一択になります。

\身分証・メアドの用意のみ!18歳以上で誰でも登録OK/

申し込みから配達開始までの流れ
  1. Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する
  2. 身分証など必要書類をアップロードする
  3. 銀行口座・キャッシュカードを登録する
  4. 交通ルールクイズに回答する(不合格なし)
  5. アカウントが有効化され、配達可能に

※1〜5までにかかる期間は7〜10日ほど。すべてWeb上で完結します。

Uber Eats配達と出前館バイトの違いは契約形態

両社の違いについてざっくり説明すると以下のとおり。
【Uber Eatsと出前館バイトの違い】
  • Uber Eats:シフトなしで好きな時間に働ける(個人事業主)
  • 出前館バイト:シフトありで普通のアルバイトと同じ(雇用契約)
一番重要なのは、Uber Eatsは個人事業主で、出前館バイトは雇用契約が結ばれているということです。
仕事を探している人
個人事業主か雇用契約かで具体的にどう変わるん??
レクター
個人事業主だと、配達車両の用意、保険の加入、確定申告などをすべて自分で行う必要があります。 一方で、アルバイトとして雇用契約が結ばれているとそれらの用意が一切必要なし。シフトなしで自由に働けるUber Eatsは魅力的に感じますが、実は目立たない部分で負担があるのです。

Uber Eats配達と出前館バイトの仕事内容の比較

次に両社の仕事内容に関する違いについてです。Uber Eatsと比べると出前館バイトの方は、事務所に出勤するなど自由度の面では劣っています。
Uber Eatsの仕事の流れ
  1. 配達用アプリを起動する
  2. 注文が入ったらお店に料理を取りに行く
  3. 料理を受け取ったら、お客さんの住所まで向かう
  4. 住所に到着したら料理を渡して配達完了
  5. 2に戻る
出前館バイトの仕事の流れ
  1. 事務所に出勤する
  2. スマホ(子機)を受け取る
  3. 配達地域に向かう
  4. 子機に注文が入ったらお店に料理を取りにいく
  5. お客さんに料理を届けたら完了
  6. 3〜5を繰り返す
仕事を探している人
確かに出勤があるから、そこはアルバイトって感じよね。 だけど、仕事内容自体はほぼ一緒って感じか。
レクター
そのとおり。ただ、仕事内容にも細かい違いがあるので、次に詳しく紹介します。

両社のメリット・デメリットについて

さらに両社を比較しやすくするために、メリットとデメリットをまとめました。

Uber Eats配達パートナーのメリット・デメリット

Uber Eats配達パートナーの働き方については以下のとおり。
Uber Eatsのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 18歳以上なら誰でも始められる
  • 登録の際に面接や履歴書が必要ない
  • 好きな時間に仕事の開始・終了がアプリの操作一つでできる
  • 服装や髪型が自由
  • 週払いで報酬が振り込まれる
  • 自分の自転車やバイクで配達できる
  • 担当エリアが決まっておらず好きな場所で働ける
  • お釣りの用意が必要ない
  • 注文受け取り後のキャンセルが可能
  • 完全出来高制なので、注文が取れないとアルバイトより稼げない
  • 配達車両のメンテナンスが必要
  • 自分で保険に加入する必要がある
  • 確定申告をする必要がある
レクター
ちなみに保健についてですが、Uber Eatsでは業務用の保険のみ用意されています。 なので、加入が必要なのは業務外の保険のみ。業務用の保険と違って個人向けなので、誰でも簡単に登録できます。
仕事を探している人
そもそも、業務用と業務外の違いって何や??
レクター
  • 業務用の保険が適用 = 注文受け取り〜配達完了まで
  • 業務外の保険が適用 = 上記以外
という仕組み。特にUber Eatsでは注文が入らない間、あたりを巡回することも珍しくありません。そのときに事故ってしまうと業務外の保険しか適用されないんです。
仕事を探している人
なるほど。すべての範囲をカバーするために業務外の保険が必要ってわけね。

出前館アルバイトのメリット・デメリット

次に、出前館バイトのメリットとデメリットについては以下のとおりです。
出前館バイトのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 18歳以上なら誰でも始められる
  • 時給制なので注文が入らなくても給料が発生する
  • 給料は最短で当日受け取ることも可能
  • 出前館が用意した配達車両で仕事ができる
  • 業務用・業務外のどちらの保険も用意されている
  • 確定申告の必要がない
  • 登録前に面接を受けなければならない
  • シフト制なので雨の日でも配達しなければならない
  • シフトに入れなくて稼げない場合もある
  • 服装や髪型に制限がある
  • エリアによっては原付免許が必須の場合もある
  • 一度注文を受けたら基本的にキャンセルできない
仕事を探している人
デメリットの内容は一般的なアルバイトと同じやね。ただ、天気が悪い日の配達はしんどそうやな…。
レクター
雨の日ももちろんですが、自転車だと風が強い日もかなり体力を消耗します。 事故にもつながりやすいので、そういう日を意図的に回避しづらいのも大きな欠点ですね。

【追記】出前館でもシフトなしの自由な働き方が可能に

2022年現在、出前館では先ほどご紹介したアルバイトとは別に、業務委託配達パートナーという新たな働き方が誕生しています。 簡単に説明するとUber Eatsの出前館バージョン。シフトなしの働き方が出前館でもできてしまうというもの。 しかも、Uber Eatsよりも報酬が高いなど以下のような特徴を備えています。
業務委託配達パートナーの特徴・デメリット
特徴 デメリット
  • 1件約700円の固定報酬が高額なので稼ぎやすい (Uberの平均は約400円)
  • 固定報酬に1.1倍から最大3.0倍のブーストが加わる (3.0倍だと1件2,000円越えの報酬)
  • 配達距離が最長3kmほどと、他社よりも短い (稼働拠点によって異なる)
  • 他社と掛け持ち・同時オンラインが可能
  • 他社のバッグでも配達できる (ロゴを隠す必要あり)
  • アプリの操作一つで開始・終了ができる
  • 自分の自転車・バイクで配達できる
  • Uber Eatsより対応エリアが狭い (全国ではない)
  • Uber Eatsより営業時間が短い (現在は9:00〜24:00までと伸びている)
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり (現金OFFに設定で回避することも可能)
  • 赤い帽子のみ着用が必須(服装は自由)
  • クエスト報酬(追加報酬)がない
  • 業務用・業務外のどちらの保険も用意されていない
  • 確定申告が必要
仕事を探している人
単価は高いけど、デメリットが多いのね…。てか保険がまったく用意されていないのってヤバくない??
レクター
そのとおり。特に業務用の保険は個人だと加入できるところも限られてしまいます。 ただ、最近はフードデリバリー用の保険も誕生していまして…。詳しくは以下の記事で紹介しています。 >> 出前館 業務委託配達員は自転車でも任意保険の加入が必須!どの保険に加入すべきなの?

メアドの用意のみ。たった1分で申し込み完了

今すぐ出前館に申し込む

【2022.9/30まで!】
新人配達員30%報酬アップキャンペーン実施中!

今から出前館の配達員を始める方向けのキャンペーンが実施中です。前回の実施時(2021年11月〜2022年1月)には以下のように配達単価が大幅に上昇しました。

1件最大 → 1,430円(2021年8月以前)
1件最大 → 2,145円(2022年1月実施時)

※関東エリアで3.0倍ブーストが出た場合。Yahooニュースにも掲載されています。

さらに出前館は送料無料キャンペーンも同時に実施中。当時はあのUber Eatsの利用者数を抜いてしまうほどの注文数に。
フードデリバリー ユーザー数

ブーストに関しても2.0倍以上出ているところが増えています。詳しいブースト情報は登録後にアプリで確認可能。登録自体は無料なので、ブーストの確認目的で申し込んでみてもありですよ。

申し込みから1週間でスタート可能!

キャンペーンをチェックしてみる

Uber Eatsと出前館バイトは結局どっちが良いの?

私は現在副業ではありますが、神奈川県某所でUber Eats配達パートナーとして活動。これまで約1,400件の配達をこなしています。
2021年1月 実績
そして、2021年1月の報酬が以下の通り。
2021年1月の収入
稼働状況は以下のような感じでした。
  • 時給:1,500〜2,000円
  • 1日の稼働時間:約1〜3時間
  • ランチタイム・ディナータイムのみ配達
仕事を探している人
全然悪くないやん!専業ならもっと稼げるということやね。
レクター
専業だと月20万円以上稼いでいる方が山ほどいますからね。 ちなみに出前館のアルバイトの求人を見ると、1,000〜1,400円くらいで募集しているところがほとんどでした。
以上の結果から、稼ぎやすさはUber Eatsの方が上回っていると考えることができます。 ただ、注意点としてUber Eatsは個人事業主なので、確定申告でここから税金が引かれることに。 その分を考慮すると、あまり大差がないと感じるかもしれません。ですが、Uber Eatsはシフトがないので、「たくさん稼ぎたいのに、シフトが入れないんだけど…」という心配が一切なし。
レクター
また、人間関係を気にする必要がないので、自由な時間に働けることを考えると、Uber Eatsの方が長続きしやすい傾向もあります。 私も副業でも1年半ほど続けられていますし、学生時代はアルバイトすら半年ほどしか続きませんでした。 なので「今までアルバイトが長続きしなかった」という方なんかは特に向いていると思いますよ。
最後に、Uber Eats・出前館のアルバイト・出前館の業務委託配達パートナーの比較が以下の表のとおりです。参考にどうぞ。
Uber Eats 出前館(アルバイト) 出前館(業務委託)
1件の報酬 ・300円(ピークタイム外) ・500円前後(ピークタイム内) 時給約1,000〜1,200円 約700〜2,145円
シフト なし あり なし
保険制度 業務外保険のみ準備が必要 業務中のみ適用 業務用・業務外ともに準備が必要
報酬の支払い頻度 毎週 月1回(毎月15日) 月2回(毎月5日と25日)
服装・髪型 指定なし ・赤い帽子と制服 ・派手な髪色禁止 ・赤い帽子のみ ・派手な髪色禁止
Uber Eatsと業務委託配達パートナーは、掛け持ちができます。 同時にアプリを起動して配達も可能ですし、片方ずつの利用もOK。 このやり方は両社とも正式に認めているため、 どちらかで悩んでいるのであれば2つとも登録するという選択肢もありです。

※ 当記事でご紹介したサービス

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ち報酬単価働きやすさキャンペーン①キャンペーン②キャンペーン③
ウーバーイーツ ロゴ
ウーバーイーツ

今すぐ申し込む
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
1〜2週間ほど可能約450円服装・配達キャンセルなど自由度高めUber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。
特別インセンティブ
なしなし
今だけ!
報酬アップ中/
出前館 ロゴ


出前館
今すぐ申し込む
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在は廃止

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能約700円帽子着用必須など自由度劣る
※2022年8月1日から仕様が大幅変更

主な変更点はこちら >>
新人配達員30%報酬アップ中!
※2022年9月30日まで

詳しくはこちら >>
既存配達員向けの報酬アップイベントあり!
※定期開催
高倍率ブースト出現中!
※ブースト情報は登録後にアプリから確認できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)