Uber Eatsの副業で初月で月収5万円達成した収入公開!儲かるのは本当だった?

Uber Eatsの副業で初月で月収5万円達成した収入公開!儲かるのは本当だった?

街中やCMなどでも頻繁に見かけるUber Eats(ウーバーイーツ)。

18歳以上なら誰でも働き始めることができ、好きな時間に好きなだけ働けるなど自由な働き方にも注目が集まっていて、

実際に私も副業でUber Eats配達パートナーの仕事を2019年9月から行っています。

本当に儲かるのか半信半疑だったのですが、初月の月収5万円以上を達成しており、

副業としては十分な収入という結果になったため、実際の収益画面などとともに、どのように働いたのかなどをご紹介していきます。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eatsの初月の月収が5万円以上を達成!

実際に私が2019年9月にUber Eats配達パートナーの仕事で稼いだ収入の画像が以下になります。
Uber Eatsの初月の月収が5万円以上を達成!
ちなみに収入としては月収5万円を余裕で超える73,087円となっており、

配達パートナーの仕事は9月6日から神奈川エリアで始めたので、約一週間ほど全く稼働していない期間があってもこの金額を稼ぐことができました。

では、この金額を稼ぐにあたって、1日どれくらい働いたのかなど具体的な働き方について次にまとめていきます。

月の終盤あたりまでは1日2〜3時間稼働していた

私は以下のツイートのように、日々のUber Eatsの売上をツイッターで公開しているのですが、


配達パートナーの仕事を始めて月の終盤辺りまでは、

  • 日数:週に3〜4回ほど
  • 時間帯:夜19〜20時ごろ〜21時〜22時ごろ
  • 稼働時間:1日2〜3時間ほど

などという形を取っていました。

土日にガッツリ働いたところ、想像以上に効率良く稼げる結果に!

ただ、最初にご紹介した9月の収入の画像を見ると、9月23日〜9月30日の収入が2倍以上になっていると思います。

実はこの週から働き方を大きく変えており、平日はほとんど稼働せず、

  • 曜日:土日
  • 時間帯:昼11時〜14時ごろ、夜17:30〜21:00ごろ
  • 稼働時間:1日5時間〜6時間半ほど

といった感じで、一番注文の多い土日の御飯時にガッツリ働くという方法に変更しました。

すると、以下のツイートのように1日1万円を超える収益が発生するなどした結果、この週の売上が大きく伸びています。


この働き方を月初から続けていれば、副業で月収10万円も全然可能だったと思います。

バイクで配達すればさらに儲かる!

また、Uber Eatsの仕事はバイクか自転車のどちらかで配達するかが選択できますが、

私は以下の画像ように普通の自転車で配達しています。
どんなママチャリで配達しているの?
値段に関しては3年ほど前に購入したので正確には覚えていませんが、確か25,000円ほどでしたし、

Uber Eatsの仕事の為に特別に買った自転車というわけではありません。

もちろん電動付きでも無いので、坂道を走るときはかなり体力が消耗しますし、

そのせいで「もう少し稼働したいのにできなかった…」という日も珍しくなかったです。

なので、あなたがもしバイクや電動付き自転車で働こうと考えているのであれば、私よりも全然稼げると思うので、

全然儲からないのではないかという心配はいらないと思います。

逆にママチャリでも私と同じくらいの収入を稼ぐことが可能だと思うので、

あなたがもし、Uber Eats配達パートナーの仕事を始めてみようか悩んでいて、ママチャリしかない場合でも、まずはその自転車で始めても全然問題ないですよ。

私の職業とUber Eatsの仕事が副業に適している理由

ちなみに私の職業についてですが、サラリーマンなどの会社員ではなく、ブログ運営による広告収入がメインの仕事をしています。

いわゆるフリーランスというもので、時間に関して自由に設定できる点はかなり有利かもしれませんが、

会社員の方でも土日休みの方であれば先ほども述べた通り、副業としては申し分ない金額が稼げます。

また、副業としてネットビジネスなどを紹介する方も多いですが、例えばブログ運営やYouTubeなどを副業として選択しても、

当然それを専業としている方も大勢おり、そんな中、副業という限られた時間の中で成果を出すというのはかなり至難の業です。

おそらく、副業を始める理由としてはすぐにお金が欲しいというのも理由の一つだと思うので、

そういった点では週払いのUber Eatsの仕事はかなり適しているのかなと強く思います。

また、街中で配達パートナーの方とすれ違うことがありますが、30代、40代以降くらいの見た目の方も全然珍しくないので、

年齢を気にする必要も全くありません。

それに、配達パートナー同士すれ違ったら会釈をしたり、お店で料理を待っているときに雑談をしてくれる配達パートナーの方も多く、

全く知らない配達パートナー同士でも仲間意識が半端ないので、そういったちょっとした時間も楽しめる仕事だなと感じます。

Uber Eatsの仕事に興味があるなら登録だけでも済ませておくのがおすすめ

もし、あなたがUber Eatsの仕事を始めようか悩んでいるのであれば登録だけでも済ませておきましょう。

というのも、現在新型コロナウイルスの影響で配達パートナーの数が増えており、募集がSTOPしてしまう可能性もゼロではないためです。

登録自体は無料でできますし、入力方法自体も簡単にできますが、もし不明な点があれば

Uber Eats配達パートナー登録方法や説明会の持ち物などの手順まとめ!都市名の入力だけ注意!

という記事で詳しく解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

>>Uber Eats配達パートナー登録ページ

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)