Uber Eatsの副業で初月で月収5万円達成した収入公開!儲かるのは本当だった?

Uber Eatsの副業で初月で月収5万円達成した収入公開!儲かるのは本当だった?

「Uber Eats で月5万円くらい稼ぎたいんだけど、どれくらい働けば稼げるんだろう…。そもそも、本当に稼げるのかな?」

このような疑問に対し、この記事では

  • Uber Eats で月5万円は余裕で稼げます
  • どれくらい働けば5万円稼げるか

について、2019年9月から副業でUber Eats 配達パートナーとして働く私がご紹介していきます。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

\身分証・キャッシュカードの用意のみで登録完了

Uber Eatsの副業で月収5万円は可能!実際の収益がこちら

Uber Eats は副業のスキマ時間で働いても、月5万円を稼ぐことは全然可能です。

実際に私がUber Eats 配達パートナーの仕事を始めた2019年9月の収入が以下の画像のとおり。
Uber Eatsの初月の月収が5万円以上を達成!
金額としては、月収5万円を余裕で超える73,087円となっており、稼働エリアは神奈川県。ちなみに約一週間、全く稼働していない期間があってもこの金額です。

では、この金額を稼ぐにあたって、1日どれくらい働いたのかなど具体的な働き方について次にまとめていきます。

月の終盤あたりまでは1日2〜3時間稼働していた

私は以下のツイートのように、日々のUber Eatsの売上をツイッターで公開しています。


配達パートナーの仕事を始めたての頃は、

  • 日数:週に3〜4回ほど
  • 時間帯:夜19〜22時の間
  • 稼働時間:1日2〜3時間ほど

といった時間帯に稼働していました。

土日にガッツリ働いたところ、想像以上に効率良く稼げた

ただ、最初にご紹介した9月の収入の画像を見ると、9月23日〜9月30日の収入が2倍以上になっています。

Uber Eatsの初月の月収が5万円以上を達成!

実はこの週から以下のように働き方を大きく変えました。

  • 曜日:土・日・祝日
  • 時間帯:昼11時〜14時ごろ、夜17:30〜21:00ごろ
  • 稼働時間:1日5時間〜6時間半ほど

といった感じ。一番注文の多い土日のご飯どきにガッツリ働くという方法に変更したのです。

すると、以下のツイートのように1日1万円を超える収益が発生するなどした結果、この週の売上が大きく伸びています。


この働き方を月初から続けていれば、副業で月収10万円も全然可能だったと思います。

【2021年1月追記】
2021年1月現在も以下の画像のように月5万円以上稼いでいます。

このご時世で配達パートナーの数も増えていますが、注文数もかなり増えているので、十分稼げています。
2021年1月の収入

時給の目安は1,000〜2,000円。【5万円まで25〜50時間必要】

Uber Eatsの時給はだいたい1,000〜2,000円です。なので、月5万円稼ぐには、月に25〜50時間が必要な計算に。

なぜ、これだけ時給の差があるかというと、夏・冬は稼ぎやすく、春・秋は稼ぎづらいため。

季節の過ごしやすさは注文数や配達パートナーの数に大きく関係するので、どうしても時給に影響してしまいます。

あと、天候によっても金額に大きな差が。雨の日に稼働できれば時給2,000円を超えることも可能ですが、私は安全面を考えて稼働しておらず…。

だからといって稼げないことはないので、働くかどうかを自由に決められるのも負担が少なく、副業として最適だなと感じるポイントです。

バイクや電動自転車で配達すれば、さらに稼ぎやすい

もし、あなたが

  • バイク
  • 電動自転車
  • クロスバイク

を持っていて、それで配達するのであれば、私よりも稼げる可能性が高いです。

というのも、私は以下の画像ような普通のママチャリで配達しており、体力の消耗が激しいため。
どんなママチャリで配達しているの?

【私のママチャリの特徴】

  • 値段は約25,000円(サイクルベース あさひ で購入)
  • 26インチ
  • ギア6段階

また、2021年5月にUber Eats の仕様が変更され、注文を受け取る前にお客さんの住所が表示されるようになりました。
2021年5月、事前にお客さんの住所がわかる仕様に
そのため、遠い距離や坂道の上の配達を回避することが可能に。配達の環境が昔よりだいぶ改善されています。

Uber Eats が副業に適している理由

私は、実際にUber Eats で働いてみて、副業に適している仕事だなと強く感じています。というのも、Uber Eats は以下のようなメリットがあるため。

【Uber Eats のメリット】

  • 18歳以上であれば誰でも登録できる
  • 覚えることがアルバイトより少ない
  • 好きな時間に仕事の開始・終了ができる(シフトなし)
  • 報酬が毎週口座に振り込まれる
  • 若い方だけでなく、中年世代の方も数が多いので年齢関係なく働きやすい
  • 2021年5月からお届け先が事前にわかる仕様に

好きな時間に働けて、覚えることが極端に少ないので、本業への影響はほぼなし。

しかも、Uber Eats を本業にしている方で、普通の会社員よりも多くの収入を手にしているケースも。

ただ、Uber Eats の仕事は不安定なのは否めません。

ですが、仮に現在働いている会社で問題が起きてもUber Eats で最悪食っていけると考えられるので、とても気持ちがラクになるのも事実。

ちなみに、承認作業の関係上、アカウント登録してもすぐに配達パートナーとして働けるわけではありません。

もし、決心がついているのであれば、いつでも働けるように早めに登録を済ませておきましょう。

\夏・冬は繁忙期でさらに稼げる

申し込みから配達開始までの流れ
  1. Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する
  2. 身分証など必要書類をアップロードする
  3. 銀行口座・キャッシュカードを登録する
  4. 交通ルールクイズに回答する
  5. アカウントが有効化され、配達可能に

※1〜5までにかかる期間は7〜10日ほど。すべてWeb上で完結します。

【注意】Uber Eatsを始める前に注意すべきこと1つ

注意すべきことは、ズバリ確定申告です。

Uber Eatsはアルバイトではなく、個人事業主。つまり、自分で支払う税金を計算して、実際にその額を納める必要があります。

ただ、稼いでいる金額が一定以内であれば、そもそも必要なかったり、確定申告をする前に税務署に書類を提出する必要が。

その辺の詳しい説明は

Uber Eats 開業届や青色申告承認申請書の書き方!確定申告は意外と簡単にできます

という記事で詳しく解説しています。

確定申告をしないと、脱税で社会的信用が落ちてしまう危険性も。その点は十分にご注意ください。

\夏・冬は繁忙期でさらに稼げる

申し込みから配達開始までの流れ
  1. Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する
  2. 身分証など必要書類をアップロードする
  3. 銀行口座・キャッシュカードを登録する
  4. 交通ルールクイズに回答する
  5. アカウントが有効化され、配達可能に

※1〜5までにかかる期間は7〜10日ほど。すべてWeb上で完結します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)