Uber Eats 応答率・キャンセル率の確認はUber Fleetで。数字が低いとアカウント停止の恐れも?

Uber Eats 応答率の確認はUber Fleetで。数字が低いとアカウント停止の恐れも?

「Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達していて、自分の応答率がどれくらいなのか気になる。確認方法ってないの?」

このような疑問に対し、この記事では

  • 応答率の確認方法はUber Fleetの利用で解決
  • Uber Fleetでの利用方法
  • 応答率が低くてアカウント停止になる可能性はある?

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

応答率の確認方法はUber Fleetの利用で解決

応答率はUber Eats配達用アプリから確認することができません。ですが、Uber Fleet(ウーバーフリート)というツールを使えばサクッと調べることが可能です。

Uber Fleetは配車を管理するツールで、Uber公式のもの。なので、データを抜き取られたり、料金が発生するなどの心配もありません。

しかも、Uber Fleetでは応答率のほかに

  • 1時間あたりの報酬(時給)
  • 評価数
  • キャンセル率

などの数値もデータとして表示可能。今までの履歴をすべて遡れるので、確認したければ、次にご紹介する方法でログインしてみてください。

Uber Fleetで応答率を確認する方法

Uber Fleetで応答率を確認する方法は以下のとおり。

  1. ブラウザorアプリからUber Fleetにログインする
  2. 管理画面で「パフォーマンス」をタップ
  3. 調べたい期間を選択
  4. 応答率の確認完了

それぞれ解説していきます。

1.ブラウザorアプリからUber Fleetにログインする

Uber Fleetはブラウザまたはアプリからログインすることができます。ただ、アプリが使用できるのはAndroidユーザーのみ。

iPhoneやパソコンで確認する場合は、以下のリンクからブラウザでログインしてください。

>> Uber Fleet ログインページ

ログインページに飛ぶと

  • 登録メールアドレスまたは電話番号
  • パスワード
  • 認証コード

の3つが求められるので、入力するとログインが完了します。

2.管理画面で「パフォーマンス」をタップ

ログインすると、以下の画面が表示されるので、「パフォーマンス」をタップします。
2.管理画面で「パフォーマンス」をタップ

3.調べたい期間を選択

「パフォーマンス」をタップ後、「期間」をタップすると、以下の画像のようなカレンダーが表示されます。
3.調べたい期間を選択
調べたい日付を選択すると、データが表示されます。ちなみに、真ん中の「毎週」を選ぶと、画像のように1週間のデータをまとめて表示。とても便利な機能です。

4.応答率の確認完了

期間を選択し、画面を下にスクロールすると、以下のように応答率などのデータが確認できます。
4.応答率の確認完了
ログイン前のパスワードを覚えていれば、作業時間としては1分ほど。気軽に参照できるので、ぜひ活用してみてください。

応答率が低くてもアカウント停止になる可能性はほぼ無い

応答率を調べる大きな理由は、数字が低過ぎるとアカウント停止になるのではないかという不安からだと思います。ですが、応答率が低くてもアカウント停止になる可能性はほぼありません。

というのも、私自身、応答率は低いですが、一度もアカウント停止に関する連絡を受けたことがないため。

先ほどのUber Fleetのデータで、私の応答率は19.87%と表示されていました。これはかなり低い数字なので、信ぴょう性があるかと思います。

ちなみに、2021年5月、注文を受け取る前にお届け先が見れるようになりました。これによって全体的な応答率がガクッと落ちたため、昔ほど応答率を気にする必要はないでしょう。

【応答率よりもキャンセル率に注意】
キャンセル率とは一度受けた注文をキャンセルすることです。Uber Fleetにもデータが記載されていますが、この数字が5%を越えると危険。
運営から連絡が来てアカウント停止の可能性もあります。おそらく警告からの停止なので、一発でBANにはならないと思われますが、注意すべきはキャンセル率のほうです。

最近Uber Eatsの報酬が下がっている?他社と比較してみた結果

「なんか、ここ最近Uber Eatsの単価がけっこう下がってない?かなり稼ぎづらい環境になったと思うんだけど…」

Uber Eatsが配達員への報酬を下げているのは事実。具体的な内容としては以下のとおりです。

  • 1件300円のスリーコインズの注文が大半(ピークタイム除く)
  • クエスト報酬が減少
  • 2021年5月導入の配達調整金額により、報酬の計算方法が非公開に

Uber Eatsで効率的に稼ぐには、クエストの達成がほぼ必須。しかし、高額のクエストを達成するためにはスリーコインズの注文を取るしかありません。

しかも、最近は以下のようにクエスト報酬も減少傾向にあります。

【2021年11月の東京エリアのクエスト】
日跨ぎクエスト 選択制の報酬内容について

例えば、クエスト70件を達成した場合のUber Eatsの合計金額と、出前館の報酬を比較してみると、以下のような結果に。

70件配達した場合の比較
1件あたりの報酬 クエスト報酬 合計報酬
Uber Eats 500円 10,640円 45,640円
出前館 715円 0円 50,050円

なんと、クエスト報酬がない出前館の方が約5,000円も多く稼げてしまうのです。

出前館の報酬は715円+ブースト!収入の悩みを解消できる可能性が

先ほどご紹介の出前館の単価715円は基本報酬。その数字にブーストの倍率が加わるので、単価はさらにアップします。

具体的な仕組みが以下のとおり。

【出前館 業務委託配達パートナーのメリット】

  • 配達報酬が1件約700円の固定報酬が高い(関東:715円 その他:660円)
  • さらにピークタイムや雨だと1.1〜1.4倍ブーストがつく
  • 21時以降は+0.3倍のブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 同年12月には2.5倍ブーストを実施(1件の報酬が約1,750円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、他社よりも短い(拠点によって異なる)
  • 他社と掛け持ち可能
  • 他社のバッグでも配達できる
  • 自分の自転車・バイクで配達できる

8月と12月には高倍率のブーストを実施。ただ、直前の告知だったため、情報を知ってから申し込んでもキャンペーンに間に合わない方が続出しました。

一方で、以下のようなデメリットもあるので注意。

【出前館 業務委託配達パートナーのデメリット】

  • Uber Eatsより対応エリアが狭い(全国ではない)
  • Uber Eatsより営業時間が短い(現在は9:00〜24:00までと伸びている)
  • 初日は対面で指導を受ける必要あり(※現在は廃止中です)
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 赤い帽子のみ着用が必須(服装は自由)

出前館はUber Eatsよりも稼ぎやすいものの、自由度の面で劣ります。ただ、Uber Eatsとの掛け持ちも可能なので、登録しておけばその日の気分でどちらで配達するか選択可能に。

以下の申し込みページから出前館の配達可能エリアが確認可能です。もし、現在の収入に悩んでいて検討するのであれば、必ずチェックしてから判断しましょう。

\冬は繁忙期でさらに稼げる!たった1分で申し込み完了/

【出前館 最新キャンペーン情報】

1
.基本報酬30%アップキャンペーンを実施。【新規配達員向け】
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】
【対象期間:2021年11月1日〜2022年1月31日まで】

2.送料無料キャンペーンを実施。【注文者向け】
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】

【対象期間:2021年11月1日〜2022年1月31日まで】

3.週替り半額WEEKを実施。【注文者向け】
【対象地域:全国】
【対象期間:2021年11月5日〜2022年1月27日まで】

※2、3により、キャンペーン中は大量に注文が増えることが予想されます。

申し込みから登録までの流れ
  1. 出前館公式サイトから登録を申し込む
  2. WEB説明会(オンライン面談)に予約
  3. 研修動画の視聴
  4. WEB説明会(オンライン面談)に参加
  5. 必要書類を提出し、本登録完了

※1〜5までにかかる期間は約1週間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)