Uber Eats ブラックアウトの原因と対策。他社の検討が最善策か【配達員向け】

Uber Eats ブラックアウトの原因と対策。出前館の検討もあり【配達員向け】

「Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達していて、注文入らないなと思ったらブラックアウトになっていて…。頻繁に起きるんだけど、原因とか対策ってないの?」

このような疑問に対し、この記事では

  • ブラックアウトの原因は配達員不足
  • ブラックアウトの確認方法
  • ブラックアウトしてしまったら…
  • 出前館はブラックアウトしづらいメリットが

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

※ 当記事でご紹介するサービス

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ち報酬単価働きやすさキャンペーン①キャンペーン②キャンペーン③
ウーバーイーツ ロゴ
ウーバーイーツ

今すぐ申し込む
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
1〜2週間ほど可能約450円服装・配達キャンセルなど自由度高めUber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。
特別インセンティブ
なしなし
今だけ!
報酬アップ中/
出前館 ロゴ


出前館
今すぐ申し込む
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在は廃止

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能約700円帽子着用必須など自由度劣る新人配達員30%報酬アップ中!
※2022年7月31日まで

詳しくはこちら >>
既存配達員向けの報酬アップイベントあり!
※定期開催
高倍率ブースト出現中!
※ブースト情報は登録後にアプリから確認できます

ブラックアウトの原因は配達員不足

ブラックアウトの原因は配達パートナーの人数不足です。配達パートナーが一定数オンラインにしていないと、すべての注文に対応することができず、パンク状態に。

それを回避するため、ブラックアウトによって注文ができない仕組みが採用されています。

また、配達パートナーが不足する原因は以下のとおり。

  • 天気が悪い(大雨・雪・台風など)
  • 早朝・深夜の時間帯
  • エリアの加盟店数が少なく、Uber Eatsがあまり浸透していない

※上から順にブラックアウトしやすい

天気が悪くても、雨クエと呼ばれるインセンティブの条件が良ければ、ブラックアウトを防げる可能性も。

一方で、その条件が悪いとほぼ確実にブラックアウトが起こります。

ブラックアウトの確認方法

ブラックアウトの確認方法はUber Eats注文アプリを開くだけです。例えば以下の状態だとブラックアウトしていることに。
3.配達パートナーが不足している
「近くに配達パートナーが見つかりません」と表示されていて、この状態だと注文者はお店から料理を頼むことができません。

もう一つブラックアウトの確認方法として、ツイッターで「〇〇市 ウーバー」などと検索。すると、ほかの配達員がつぶやいていることがあります。注文アプリと併せて確認してみてください。

ブラックアウトしてしまったら…自分ではどうしようもない

ブラックアウトしてしまった場合、配達パートナーにはどうすることもできません。

ただ、雨が原因でブラックアウトしたのであれば、雨が弱まれば高確率で解除されます。あと、早朝の場合も時間が進めば解決されるでしょう。

しかし、天気が回復しなかったり、深夜帯でブラックアウトしてしまうと、解除の可能性は低いです。外で待っていても注文が入る可能性は極端に低いので、大人しく帰宅するしかなかいのが現状です。

【ブラックアウト まとめ】
ブラックアウトしているかは注文アプリorツイッターで確認できます。特に、悪天候・早朝・深夜帯は起こりやすいのでご注意を。解決方法は配達員にはどうしようもないため、素直に待つか帰宅しましょう。

【対策】出前館にはブラックアウトしづらいメリットが

「ブラックアウトが起きると、クエストが消化できなくて困るんだけど…」

このような場合、別のフードデリバリーに登録するのも一つの手。特に出前館の業務委託配達パートナーはブラックアウトしづらいので、対策になります。

以下のように実際にブラックアウト対策として、出前館で配達している方も。


しかも、出前館は以下のようにUber Eatsよりも稼ぎやすい仕組みがあります。

【出前館 業務委託配達パートナーのメリット】

  • 配達報酬が1件約700円の固定報酬(関東:715円 その他:660円)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 2021年12月には2.5倍ブーストを実施(1件約1,750円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、他社よりも短い(拠点によって異なる)
  • 他社と掛け持ち可能
  • 他社のバッグでも配達できる
  • 自分の自転車・バイクで配達できる

ただ、良いところばかりでなく、以下のようなデメリットも。

【出前館 業務委託配達パートナーのデメリット】

  • Uber Eatsより対応エリアが狭い(全国ではない)
  • Uber Eatsより営業時間が短い(11:00〜22:00までが基本)
  • 初日は対面で指導を受ける必要あり(※現在は廃止中です)
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 赤い帽子のみ着用が必須(服装は自由)

自由度のUber Eatsか稼ぎやすさの出前館かといった感じ。ただ、一つに絞る必要はありません。

両社とも掛け持ちできるので、その日の気分に合わせてどちらで働くか選択可能になります。

また、出前館は以下のように、配達員の報酬に力を入れているのもおすすめする理由です。

【出前館の主な動き】

  • 2021年8月、最大2.0倍ブーストを実施
  • 2021年8月31日、配達員の招待コードを廃止。その資金を配達員に還元すると公言
  • 2021年9月、資金調達800億円を発表。配達員確保などに使用へ
  • 2021年11月、新規配達員向けの報酬アップキャンペーンを実施(文末を参照)
  • 2021年12月、最大2.5倍ブーストを実施
  • 2022年内、通販の配送代行を実施予定(安定して注文が入りやすくなる可能性も)

配達料無料など、お客さんに向けてのキャンペーンも実行中なので、注文数が急増中。

ブラックアウトについて考えるほど、現在の収入に悩んでいるのであれば検討する価値ありです。

メアドの用意のみ。たった1分で申し込み完了

今すぐ出前館に申し込む

【2022.7/31まで!】
新人配達員30%報酬アップキャンペーン実施中!

今から出前館の配達員を始める方向けのキャンペーンが実施中です。前回の実施時(2021年11月〜2022年1月)には以下のように配達単価が大幅に上昇しました。

1件最大 → 1,430円(2021年8月以前)
1件最大 → 2,145円(2022年1月実施時)

※関東エリアで3.0倍ブーストが出た場合。Yahooニュースにも掲載されています。

さらに出前館は送料無料キャンペーンも同時に実施中。当時はあのUber Eatsの利用者数を抜いてしまうほどの注文数に。
フードデリバリー ユーザー数

ブーストに関しても2.0倍以上出ているところが増えています。詳しいブースト情報は登録後にアプリで確認可能。登録自体は無料なので、ブーストの確認目的で申し込んでみてもありですよ。

申し込みから1週間でスタート可能!

キャンペーンをチェックしてみる

申し込みから登録までの流れ
(すべてネットのみで完結します)

1.出前館公式サイトから登録を申し込む
2.研修動画の視聴
3.理解度チェックテストの実施
※合格するまで受ける
4.WEB説明会(オンライン面談)に参加【所要時間30分ほど】
※現在は廃止されています
5.必要書類を提出し、本登録完了

※1〜5までにかかる期間は約1週間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)