Uber Eats 距離料金の計算方法と他社との比較。さらに引き下げの可能性がある理由とは

「Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達していて、長距離の仕事をこなしても単価が上がらない…。距離料金の計算方法ってどうなっているの?」

このような疑問に対し、本記事では

  • Uber Eats 距離料金の計算方法
  • 他社との距離料金の比較
  • 今後Uber Eatsはさらに単価引き下げの可能性も?

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

Uber Eats 距離料金の計算方法

Uber Eatsの距離料金の計算方法は不明です。というのも、2021年5月、Uber Eatsは新料金体系を導入。以下の表のとおり、距離料金が公表されなくなってしまったため。

Uber Eats
(2021年5月以前)
Uber Eats
(2021年5月以降)
受け取り料金 235円
(東京エリア)
不明
受け渡し料金 90円
(東京エリア)
不明
距離料金(1km) 60円 不明
配達調整金額 なし あり

新たに追加された配達調整金額は

  • 交通状況が通常よりも混雑している
  • 商品の受け取りの際、待ち時間が長い
  • ほかの配達パートナーが少ない

という条件で配達報酬が変動するシステムのこと。もし、この条件に満たなければ、注文受け取り前に表示された金額がそのまま報酬として加算されます。

ただ、注文受け取り前に表示される金額は以下のように、配達距離が短い方が報酬が高く表示されることもあります。

  • 2km先の注文 → 400円
  • 3km先の注文 → 370円

これは、配達調整金額が関係しているため。このシステムは配達員に注文を拒否されたり、調理に時間が掛かる場合もプラスされるようで、さまざまな要素が含まれる形で単価が決定しています。

なので、状況によっては配達距離が短い方が報酬が上がるパターンもあるということです。

出前館 配達パートナー募集

他社との距離料金の比較

Uber Eatsを含む主要フードデリバリー6社の距離料金の計算方法が以下のとおり。

距離料金(1kmの場合)
Uber Eats 不明
出前館 距離関係なく固定報酬
menu 20円(距離×距離×20円)
Wolt 100円(100mごと10円)
foodpanda 非公開
DiDi food 50円(自転車は40円)

距離料金だけを比較すると、Woltやmenuが充実しているように感じます。ただ、フードデリバリーの報酬は距離料金だけではありません。

なので、各社1km先に配達した場合の報酬の目安を以下の表にまとめてみました。

報酬(都内でピークタイム外に1km先に配達の場合)
Uber Eats 300円
出前館 715円
※上記金額に平日1.2倍、休日1.4倍ブーストあり
menu 340円
※ピック先が1kmの場合
Wolt 550円
foodpanda 610円
※計算式が非公開のため、あくまでも目安
DiDi food 335円
※大阪エリアの場合

Uber Eatsはピークタイム以外は距離関係なく、1件約300円に調整されるため、各社と比べると一番単価が低いです。なので、大きく稼ぐにはクエスト(回数報酬)の達成が必須に。

一方で、一番単価が高いの出前館はクエストがありません。ただ、これだけ金額に差があると、出前館は毎回クエスト報酬を受けとっているようなもの。

それ以外のフードデリバリーも、Uber Eatsよりは単価が高いので、配達員を確保するために報酬に力を入れていることがうかがえます。

今後Uber Eatsはさらに単価引き下げの可能性も?

2021年5月の新料金体系は、実質単価の引き下げでした。ただ、それでもUber Eatsは配達員の数を確保できているため、今後さらに引き下げを行う可能性が考えられます。

仮に、単価を下げすぎて配達員が離れてしまったとしても、Uber Eatsは以下のような特別インセンティブを出しています。
特別インセンティブの条件と内容
これは、一定期間配達を行なっていない配達員に対して送られているもの。上記画像の金額は1回400円と少ないですが、金額をもっと増やせばすぐに配達員を確保できます。

しかも、Uber Eatsはフードデリバリーの中でも一番規則が緩く、自由に働けるため、復帰しやすいのも事実。他社だと服装の指定やシフトなんかがあったりしますよね。

以上の理由から、Uber Eatsは今後も引き下げに踏み切る可能性が十分高いと個人的に予想しています。

「せっかく働くなら報酬にこだわりたい…」お悩みの方へ

もし、Uber Eatsの単価の低さに悩んでいるのであれば、別のフードデリバリーで働いてみるのも一つの手。というのも、Uber Eatsを続けていても、報酬アップは期待できないため。

特に、出前館の業務委託配達パートナーは、以下のように高単価で稼ぎやすい仕組みが整っています。

【出前館のメリット】

  • 配達報酬が1件約700円と高額(関東:715円 その他:660円の固定報酬)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、Uber Eatsよりも短い
  • Uber Eatsのバッグでも配達できる

出前館は1件約700円の固定報酬。配達距離は一切関係ありません。ただ、先ほども述べたとおり、クエスト報酬は無いので要注意。

一方で以下のようなデメリットも。

【出前館のデメリット】

  • 対応エリアが狭い
  • 営業時間が11時〜22時までと短い(エリアによって異なる)
  • 初日は登録拠点で簡単な指導を受ける必要がある
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 登録拠点のLINEグループに入る必要あり(業務情報が随時送られてくる)
  • 赤い帽子を被る必要がある(服装は自由)

働きやすさの面では、Uber Eatsに劣ります。ただ、クエスト達成に追われることがなく、どの時間帯に配達しても高単価。本当の意味で時間に縛られない働き方ができるのも事実です。

ただ、対応エリアが全国ではありません。なので、検討するのであれば、以下の登録ページからお住まいのエリアが対応しているか確認してみてください。

>> 出前館 登録ページ
メアドの用意のみ。たった1分で登録完了。
2021年10月現在、32都道府県まで拡大中。
2021年8月の2.0倍ブーストは突然の告知で、すぐに登録してもキャンペーン中の稼働に間に合わない状況でした。ただ、現在Uber Eatsをやっていて「強いしんどさ」を感じるのであれば、出前館は続かない可能性が高いので、その点だけご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)