Uber Eats配達アプリの通信量は何ギガ?通信制限中だと起こるリスクも解説します

Uber Eats配達アプリの通信量と通信制限でも稼働できる?ポケットWi-Fiは利用すべき?
Uberを検討している人
Uberを検討している人

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を始めようと思っているけど、配達用アプリの通信量ってどれくらいなん??

通信制限かかっていても配達ってできるんかな……。

結論からいうと、Uber Eatsの通信量はかなり少なめ。仮に通信制限になってしまったとしても配達可能です。

ただ、注意点もいくつかあるため、当記事では

  • Uber Eats配達アプリの通信量
  • 通信制限で配達するのは可能も複数のリスクあり
  • 実際通信制限中にGoogleマップを起動すると?
  • UberのためにポケットWi-Fiの導入は損?

について、解説していきます。

当記事の著者 レクター

2019年9月、Uber Eats配達員&当ブログ運営開始。「フードデリバリーの魅力をより多くの人に伝えたい!」が当ブログのモットーです。

約2,000件以上配達した経験をもとに新規・既存配達員向けの情報を発信中。最近は配達員がより手軽に収入源を増やす方法として仮想通貨にも着手。

私の詳細や当ブログの収益などは プロフィール まで。

ツイッター・インスタでも情報発信中。質問等は主にインスタのDMで受け付けているので、ご用の方は以下よりお願いします。

筆者の実績

※ 当記事でご紹介するサービス

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ち報酬単価
※ピーク時間外
働きやすさキャンペーン①キャンペーン②キャンペーン③
ウーバーイーツ ロゴ


今すぐ申し込む
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
1〜2週間ほど可能約350円服装・配達キャンセルなど自由度高めUber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。
特別インセンティブ
なしなし
今だけ!
報酬アップ中/
出前館 ロゴ


今すぐ申し込む
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在は廃止

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能約700円帽子着用必須など自由度劣る
※2022年8月1日から仕様が大幅変更

主な変更点はこちら >>
新人配達員30%報酬アップ中!
※2022年11月30日まで

詳しくはこちら >>
既存配達員向けの報酬アップイベントあり!
※定期開催
ブースト出現中!
※ブーストの倍率は登録後にアプリで確認できます

Uber Eatsの通信量は1時間に6〜10MBほど

Uber Eatsの配達アプリの通信量は1時間に6〜10MBほどです。10MB=0.01GBなのでそこまで大きく消費するわけではありません。

ちなみに数字が曖昧なのは以下のような理由から。

通信量が曖昧な理由

・タワマンなどの電波が入りづらい場所にいると、通信量を多く消費してしまうため。
・Googleマップを使用すると、通信量を多く消費してしまうため。

レクター
レクター

上記以外にも注文が入らない時間にTwitterなどをずっと開いていると、大幅にパケットを消費してしまいます。

なので、6〜10MBという数字はあくまでも目安程度に捉えてください。

他アプリとの通信量の比較(1時間使用した場合)

補足情報として、利用者の多い定番アプリの1時間あたりの通信量の目安が以下のとおり。

アプリ名通信量の目安(1時間)
Uber Eats
配達用アプリ
6〜10MB
(0.006GB〜0.01GB)
Googleマップ3MB
(0.003GB)
Twitter
※タイムライン表示のみ
300MB
(0.3GB)
Instagram
※タイムライン表示のみ
420MB
(0.42GB)
YouTube
※動画視聴の場合
500MB
(0.5GB)
レクター
レクター

こう見ると、Uber EatsアプリやGoogleマップの通信量は少なめ。一方で、TwitterやインスタなどのSNSはかなり容量を食ってしまうんです。

\身分証・メアドの用意のみ!18歳以上で誰でも登録OK/

申し込みから配達開始までの流れ
  1. Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する
  2. 身分証など必要書類をアップロードする
  3. 銀行口座・キャッシュカードを登録する
  4. 交通ルールクイズに回答する(不合格なし)
  5. アカウントが有効化され、配達可能に

※1〜5までにかかる期間は7〜10日ほど。すべてWeb上で完結します。

目次に戻る▲

Uber Eatsは通信制限の状態でも配達可能だがリスクが大きい

スマホが通信制限状態になっても、配達用アプリを起動して配達することは可能です。私も実際に経験しているため間違いありません。

主に以下のような感じでした。

通信制限になると…

・Googleマップが重くなり、検索までに時間がかかる
・Uber Eatsアプリの地図は問題なく表示される
・注文が入りづらい感じは無さそう?

なので、稼働自体は問題なく可能。ただ、Googleマップがうまく動作しなくなるというのは、非常に大きなリスクを抱えての配達になります。

通信制限中にGoogleマップを起動すると、どうなる?

通信制限中にGoogleマップを起動すると、以下のような問題が起きます。

通信制限中にGoogleマップを使用すると…

・住所を入力して表示されるまでに1分以上かかる場合がある
・ナビ自体は問題なく動く

まったく使えなくなるわけではないので、お届け先に届けられないことはありません。

ただ、住所検索から表示まで数分かかる場合もあり、配達効率が悪くなってしまう可能性も。

レクター
レクター

「通信制限がかかっている状態で配達したい…」

このような場合、Googleマップに頼らなくてもUber Eatsアプリの地図だけで配達できる手慣れたコースでの配達がおすすめです。

※通信制限中だと置き配の写真が送りづらくなるとの声も

Uber Eatsでは置き配の際に写真を撮影し、注文者に送信する作業があります。その際にデータ通信を行うため、通信制限中だと写真を送るのに時間がかかる場合も。

その作業で時間がかかってしまうと、玄関前で注文者と鉢合わせなんてこともあります。

写真に関しては、通信制限中でない場合も送りづらいことがあります。ただ、通信制限中はより配達がスムーズに行かなくなると考えておいた方が良いです。

目次に戻る▲

ポケットWi-Fiやahamoなどの格安プランの利用もあり

ちなみに私は配達中、ポケットWi-Fiをバッグに入れながら稼働しているため、通信量を気にしたことがありません。

私はワイモバイルのポケットWi-Fiを使用しながら配達してます

しかし、このポケットWi-Fiはもともと配達用というよりも、カフェなどでブログ作業をするために契約したものでした。

レクター
レクター

しかも、契約したのは5年ほど前。

通信量は無制限ですが、料金は月額4,800円も取られています。

なので、もしあなたがUber Eatsの配達だけに利用するのであれば、ポケットWi-Fiはオーバースペックに…。ぶっちゃけ携帯各社の格安プランに加入するのがベストです。

実際に各社のプランを比較したものが以下のとおり。

キャリア名基本料金(月額)1GB追加料金通信速度
(制限時)
国内通話料国内通話5分無料プラン
(月額)
国内通話かけ放題プラン
(月額)
キャリアメール継続プラン
(月額)
申し込み方法
docomo
「ahamo」


申し込む
20GB:2,970円
100GB:4,950円
550円最大1Mbps22円
(30秒)
無料+1,100円+330円ネットから申し込み
au
「povo」


申し込む
0GB:0円
1GB:390円
※7日間
3GB:990円
20GB:2,700円
60GB:6,490円
※90日間
150GB:12,980円
※180日間
550円最大128kbps22円
(30秒)
+550円+1,650円+330円ネットから申し込み
ソフトバンク
「LINEMO」


申し込む
3GB:990円
20GB:2,728円
550円3GB:最大300kbps
20GB:最大1Mbps
22円
(30秒)
+550円+1,650円+330円ネットから申し込み
楽天モバイル

申し込む
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB以上:3,278円

※使った分だけ支払い
なし無料

※災害伝言ダイアルなどは22円/秒
無料
(SMSの利用)
店舗またはネットから申し込み

一番注目してほしいのは通話料金。Uber Eatsはお客さんと電話することが多々あります。しかし、その電話代はすべて配達員の自腹なんです。

レクター
レクター

私は過去にお客さんの住所間違いで5分以上通話した経験も……。

私は ahamo に加入しているのですが、過去の経験もあって一応「国内通話かけ放題プラン」を追加しています。

なので、月額4,000円ほど。繰り返しですが、通信制限になってしまったとしてもUber Eats自体は稼働できます。

専業の方は100GBなど大容量プランを選ぶ方がポケットWi-Fiを導入するよりはお得。ぜひ、参考にしてみてください。

※サポートへの電話は現在廃止中

2022年10月現在、配達時のトラブルはすべてチャットのみの対応となっていて、サポートへの電話はできません。

ちなみにサポートへの電話は料金がタダでした。

以前よりサポート環境が劣化しているのでご注意ください。

目次に戻る▲

稼ぐ効率をアップで通信制限を回避?その方法とは

例えば、あなたがUber Eatsで毎月20万円稼ぐことを目標にしているとします。すると、1日約7,000円稼ぐ必要が出てきますよね。

レクター
レクター

しかし、1日1万円以上稼げれば働く時間が抑えられ、通信制限を回避できるかもしれません。

もし、「働く時間を少しでも抑えたい!」と考えたことがあるのであれば、出前館の配達員 で働いてみるのも一つの手です。

というのも、以下のようにUber Eatsよりも単価が高く稼ぎやすいため。

出前館のメリット出前館のデメリット
1件約700円と高額なので稼ぎやすい
(上記の固定報酬に1.1倍〜3.0倍のブーストが加わる)

他社と掛け持ち・同時オンラインが可能

他社のバッグでも配達できる
(ロゴを隠す必要あり)

アプリの操作一つで開始・終了ができる
自分の自転車・バイクで配達できる 現金の注文をOFFにできる
対応エリアが全国ではない
赤い帽子のみ着用が必須(服装は自由)
クエスト報酬(追加報酬)がない
注文の取り方が一部早押し

クエストがないもののあまりに高単価なので、クエスト達成時のUber Eatsの合計報酬を基本的に上回ってしまいます。

さらに2022年8月から出前館は約700円の固定報酬から以下のように料金を改定。

※出前館の料金は東京・神奈川・千葉・埼玉のもの

1km未満1km〜2km未満2km〜3km未満3km以上
出前館
出前館 ロゴ
600円660円750円870円
Uber Eats
ウーバーイーツ ロゴ
300円300円〜400円300円〜450円300円〜500円

1件の平均が700円だとすると、14〜15件配達すれば1日1万円稼げてしまいます。

レクター
レクター

しかも1.1倍〜3.0倍のブーストがつくとさらに報酬アップするという……。

ただ、ブーストは時期によって大小に差があります。

配達員に登録するとブーストの数字をアプリからいつでも確認できます。なので、

「ブーストを確認するためだけに申し込もう」というのも全然OK。今の報酬に不満があるのであれば、一度体験してみてください。

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ち報酬単価
※ピーク時間外
働きやすさキャンペーン①キャンペーン②キャンペーン③
ウーバーイーツ ロゴ


今すぐ申し込む
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
1〜2週間ほど可能約350円服装・配達キャンセルなど自由度高めUber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。
特別インセンティブ
なしなし
今だけ!
報酬アップ中/
出前館 ロゴ


今すぐ申し込む
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在は廃止

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能約700円帽子着用必須など自由度劣る
※2022年8月1日から仕様が大幅変更

主な変更点はこちら >>
新人配達員30%報酬アップ中!
※2022年11月30日まで

詳しくはこちら >>
既存配達員向けの報酬アップイベントあり!
※定期開催
ブースト出現中!
※ブーストの倍率は登録後にアプリで確認できます

目次に戻る▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)