Uber Eats 配達員の専業はリスクが高い?本業になる前に知っておいてほしいことを現役配達パートナーが解説します

Uber Eats 専業のリスクは?本業になる前に知っておいてほしいことを現役配達員が解説します
Uberを検討している人
Uberを検討している人

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働こうと思っているけど、将来的に専業も考えているんだよね……。

やっぱりリスク高いんかな??現役配達員の声を参考にしたいんだが。

結論からいうと、リスクは高いです。

ただUber Eatsはガッツリ働けば月50万円以上も可能ですし、普通に稼働しても20万円以上稼げる環境なのも事実。

こうした専業のリスクに対し、当記事では

  • Uber Eats配達員の専業はリスクが高い理由3つ
  • ただ、リスクが高いのはUber Eats配達員だけではない話
  • リスク回避の方法

について、2019年9月からUber Eats配達パートナーをしている私が解説していきます。

当記事の著者 レクター

2019年9月、Uber Eats配達員&当ブログ運営開始。「フードデリバリーの魅力をより多くの人に伝えたい!」が当ブログのモットーです。

約2,000件以上配達した経験をもとに新規・既存配達員向けの情報を発信中。最近は配達員がより手軽に収入源を増やす方法として仮想通貨にも着手。

私の詳細や当ブログの収益などは プロフィール まで。

ツイッター・インスタでも情報発信中。質問等は主にインスタのDMで受け付けているので、ご用の方は以下よりお願いします。

筆者の実績

【期間限定】出前館 報酬アップキャンペーン中!

出前館の1件の報酬の計算方法

基本報酬(約700円)× ブースト(1.1倍〜3.0倍+キャンペーン0.3倍

エリア1km未満への配達1km〜2km未満への配達2km〜3km未満への配達3km以上への配達

東京
神奈川
千葉
埼玉
600円660円750円870円
その他のエリア550円600円670円770円

メアドの用意のみ。たった1分で申し込み完了

出前館に申し込む

※上記ページから対応エリアを確認できます。

Uber Eats配達員の専業はリスクが高い理由3つ

専業になることで以下の3つのリスクが生じます。

それぞれについて説明していきます。

① 時期によって稼ぎづらくなるため

Uber Eatsは時期によって稼ぎやすさが大きく変わります。

Uber Eatsの時期による稼ぎやすさの変化
春・秋 → 稼ぎづらい【閑散期】
夏・冬 → 稼ぎやすい【繁忙期】

なので、専業で稼働するのであれば夏・冬に一気に稼ぎ、春・秋の閑散期に備えるという戦略が必要に。

あとは、あなたが配達する地域にも影響します。

レクター
レクター

東京・大阪・福岡などの大都市は稼ぎやすいですが、郊外だと注文数が激減。

配達がこなせず効率的に稼ぎづらいというわけ。

詳しくは以下の記事で稼ぎやすい地域の特徴などを解説しています。

稼げる・稼げないエリアの特徴を見る >>

理由② 突如アカウント停止になるリスクがあるため

Uber Eatsでアカウント停止になったという話をよく耳にします。ただ、普通に配達していればアカウント停止になることはほぼありません。

レクター
レクター

私も2019年9月から配達していますが、警告が来たことは一度も無しです。

アカウント停止になる主な原因は

  • お店・お客さんからの評価が極端に低い
  • 事故を起こしてしまった
  • 料理を受け取った後にキャンセルしてしまった

など、さまざま。

レクター
レクター

特に評価なんかはお客さんにもよりますし、長時間配達する以上、避けられない事故に関係してしまう可能性もゼロではないわけで…。

もちろん、アカウント停止になれば配達ができないのでUber Eats一本だと収入がゼロに。かなりリスクが高いといえます。

Uber Eats配達員がアカウント停止になる原因まとめ!垢BAN解除の方法はある?

Uber Eats配達パートナーがアカウント停止になる原因まとめ!垢BAN解除の方法はある?

2020.05.16

理由③ 事故に遭って働けなくなる可能性があるため

先ほどの内容と少し被りますが、専業で配達するとなると、あなたの身体そのものにリスクがあるということです。

例えば、以下の方は「配達中の事故で片足一本失ってしまった」と投稿。

レクター
レクター

また私自身も2021年8月にコロナに感染。

後遺症などもあり、丸々1ヶ月間稼働できず大きく収入が減少しました……。

Uber Eatsは個人事業主とはいえ、自動的に収入が増えるしくみではありません。

会社員のように報酬が約束されているわけではない以上、どうしても専業だとリスクがつきものになってしまいます。

ただ、リスクが高いのはUber Eats配達員だけではない話

Uber Eatsの専業はリスクがあります。しかしそれはUber Eatsに限ったことではありません。

例えば、私はブログ運営とUber Eatsの二本柱で生計を立てていますが、ブログに関してもリスクはあります。

というのも、コロナによって広告主が大量に撤退。大きく収入がダウンしたため。

レクター
レクター

なので、一番のリスク回避の方法は収入の柱を増やすことではないでしょうか。

私の場合は

  • フードデリバリーの収入
  • ブログ収入
  • 仮想通貨の収入

など。最近は収入の柱を増やすことを目標にしています。

しかもUber Eatsは従来と比べると報酬がダウンしている傾向にあります。それでも十分稼げますが、2022年9月にはWoltも報酬ダウンを発表。

フードデリバリー業界全体で今後その動きが活発化する恐れも出てきているのです。

収入の柱を増やすには?

収入の柱を増やす方法は以下のとおりです。

それぞれ解説していきます。

① 他社デリバリーに登録する【おすすめ度 ★★★】

Uber Eatsで専業になるリスクとして

  • 時期によって稼ぎづらくなる
  • アカウント停止のリスクがある

とお伝えしました。しかし、この2つは別のデリバリーに登録しておくことで回避できます。

レクター
レクター

特に 出前館の配達員 はUber Eatsよりも高単価。

出前館は業界で一番配達員の報酬に力を入れているので、リスク回避の候補としては十分です。

デリバリー名営業時間報酬単価(目安)顔写真の表示服装・バッグ髪型現金注文注文の受け取り方報酬振り込み頻度チップ制度
Uber Eats
ウーバーイーツ ロゴ
7:00〜25:00約300円あり自由自由選択制選択時間あり週払いあり
出前館
出前館 ロゴ
9:00〜24:00715円なし専用帽子+サンダル&ハーフパンツNG派手な髪色・髪型NG選択制早押し月2回なし
menu
menu ロゴ
10:00〜24:00約340円あり自由自由なし早押し月4回あり
Wolt
Wolt ロゴ
9:00〜24:00約550円なし指定自由現金強制選択時間あり月2回あり

先ほど、Uber EatsやWoltの報酬ダウンの話をしましたが、なんと出前館は報酬をアップしています。

ただ、配達の自由度はUber Eatsに劣ってしまうので、まずは一度体験してみてから判断するのがおすすめです。

メアドの用意のみ。たった1分で申し込み完了

今すぐ出前館に申し込む
新人配達員限定 報酬アップキャンペーン中!

今登録すれば、以下のような報酬アップキャンペーンに参加できます。(2022年11月30日まで)

ちなみに過去のキャンペーン実施時(2022年8月)には以下のように配達単価が大幅に上昇しました。

1件最大 → 1,430円(2021年8月以前)
1件最大 → 2,310円(2022年8月実施時)

レクター
レクター

ブーストの倍率にはその日によって大きく変わります。

詳しい数字は一般公開されていませんが、登録をすれば配達員用アプリでいつでも確認可能に。

もし、申し込みをされる際は 出前館の公式サイト から対応エリアのチェックだけはお忘れなく〜。

申し込みから最短1週間でスタート可能!

出前館に申し込む
申し込みから配達開始までの手順
出前館公式サイト から登録を申し込む
② 研修動画の視聴
③ 理解度チェックテストをWEBで実施
※合格するまで何度も受講可能
④ WEB説明会(オンライン面談)に参加【所要時間30分ほど】
※現在は廃止
⑤ 必要書類を提出し、本登録完了


※①〜⑤までにかかる期間は約1週間です。
※登録後に放置しておいてもペナルティ等は一切ありません。

② 仮想通貨を始めてみる【おすすめ度 ★★☆】

冒頭のプロフィールでも少し触れましたが、2022年5月から新たな収入の柱として仮想通貨を始めました。

レクター
レクター

運用しているのはビットコイン。理由は仮想通貨の中で一番安定しているからです。

特にマイナーな仮想通貨に手を出すと、たった1日で紙切れ同然の価格まで下落することもあります。

ビットコインはイーロンマスクなど大物著名人や大企業が大量に所有しているため、突然価値が0円になることがないというわけ。

仮想通貨の詳しい内容については以下の記事で説明しています。

Uber Eats配達員とビットコインが相性バツグンの理由を見る >>

③ ブログでUber Eatsの情報を発信する【おすすめ度 ★☆☆】

Uber Eatsの配達で得られた情報は意外と価値があります。私は配達員として得た情報を主に発信していますが、2022年6月のブログ収益は約50万円でした。

レクター
レクター

アクセス数も約45,000なので、1日1,000人以上が私のブログを見ている計算に。

ただ、ブログにも欠点が。それは収益が発生するまでに半年〜1年ほどかかってしまうということ。

色々な知識を覚えたり、自分のブログがグーグルの検索結果に表示されるまでにどうしても時間がかかってしまうんです。

なので、辞めてしまう人が大半だからこそあまりおすすめできないというわけ。

レクター
レクター

一方、先ほど紹介した仮想通貨は購入して即成果が出ます。

勝つために経済を調べたりもするので、知識の幅が広がりやすく、長続きしやすいメリットも。

取り組み方成果発生までの
期間
必要なもの参考
ブログ
サーバー&ドメインと契約
サイト内部作成
記事のネタ探し
記事作成
アイキャッチ画像作成
半年〜1年ほどパソコン始め方を見る >>
仮想通貨
取引所に申し込み
審査完了
仮想通貨を購入
購入したその瞬間パソコンorスマホ始め方を見る >>

ただし、ツイッターも運用すれば自分の記事を宣伝できるので、早めに収益を上げることもできます。

レクター
レクター

Uber Eats配達員はフォロワーが多い方がたくさんいるので、その点は相性が良さそうだと感じています。

まとめ

Uber Eatsの専業はリスクがあります。しかし、リスクを回避する方法はいくらでも存在するのも事実。

特に他社デリバリーに登録しておくのは一番簡単で、再現性も高いです。

レクター
レクター

ただ、デリバリー業界もいつまで稼げる環境が続くかはわかりません。

突然の報酬ダウンにも対応できるように、別業種の知識も身につけておくのが一番のリスク回避です。

幸い、フードデリバリーは稼働時間が自由。好きな時間に働けるので、その利点を存分に活かしてリスク対策をすれば、専業になっても問題なし。というのが私の意見です。

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ち報酬単価
※ピーク時間外
働きやすさキャンペーン①キャンペーン②キャンペーン③
ウーバーイーツ ロゴ


今すぐ申し込む
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
1〜2週間ほど可能約350円服装・配達キャンセルなど自由度高めUber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。
特別インセンティブ
なしなし
今だけ!
報酬アップ中/
出前館 ロゴ


今すぐ申し込む
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在は廃止

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能約700円帽子着用必須など自由度劣る
※2022年8月1日から仕様が大幅変更

主な変更点はこちら >>
新人配達員30%報酬アップ中!
※2022年11月30日まで

詳しくはこちら >>
既存配達員向けの報酬アップイベントあり!
※定期開催
ブースト出現中!
※ブーストの倍率は登録後にアプリで確認できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)