【Uber Eatsとマックデリバリーの違い】値段が安いのはどっちか徹底比較!早いのは圧倒的にUber Eats?

Uber Eatsとマックデリバリー 値段が安いのはどっちか徹底比較!早いのは圧倒的にUber Eats?

フードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)の中で特に人気のお店がマクドナルドです。

ただ、マクドナルドはマックデリバリーという独自の配送サービスを行っていますが、

値段や配達の早さをUber Eatsと比較した場合、どちらの方がお得なのでしょうか。

この記事では2つのサービスを徹底比較していきます。

【Uber Eats 初回限定クーポン情報(期間限定で増額中!)】

コード「eats-qhx3av」を入力で

通常 → 1,200円割引
現在 → 1,800円割引中

\コード「eats-qhx3av」入力で1,800円OFF/

eats-qhx3av

コピー >>
クーポンの使い方を見る ▶︎
下の「タップでコピー」ボタンを押し、コード「eats-qhx3av」を自動的にコピーする

eats-qhx3av

タップでコピー

アプリ画面右下の『アカウント』から『プロモーション』をタップ
『コードを入力』2回タップ
④ 『貼り付け』をタップして、コード「eats-qhx3av」を貼り付ける
⑤ 『追加』ボタンをタップで完了

※上記クーポンは追加だけしておいて、あとから利用することもできます。

サービス内容の比較まとめ

まず始めにUber Eatsとマックデリバリーのサービス内容をまとめたものが以下になります。

手数料 営業時間 注文条件
Uber 200円前後 8:00~25:00 1品から
マック 300円 7:00~23:00 1,000円以上

では、それぞれの項目についてそれぞれ解説していきます。

配達手数料はUber Eatsの方が安いケースが多い

まず、両社の配達手数料の比較が以下になります。

手数料
Uber 200円前後
マック 300円

マクドナルドは一律300円なのに対し、Uber Eatsは200円前後となっており、

Uber Eatsでは稼働している配達パートナーの数や注文する場所によって料金が変動するため、平均的な数字として200円と表記しています。

なので一概にUber Eatsの方が安いとは言えませんが、一般的にマックデリバリーの300円を下回るケースが多いので、

Uber Eatsの方が配達手数料が安いという方が多いです。

営業時間もUber Eatsの方が長い

次に、営業時間の比較については以下の通りです。

営業時間
Uber 8:00〜25:00
マック 7:00〜23:00

マクドナルドの方が朝早くから営業していますが、Uber Eatsの方が夜遅くまで営業しており、

一時間の差ではありますが、Uber Eatsの方が長く営業しています。

ただ、Uber Eatsの営業時間はあくまでも東京エリアの時間帯となっており、各エリアによって営業時間が異なるので、

エリアによってはマックデリバリーの方が長く営業している可能性があります。

注文条件もUber Eatsの方が機能的

そして、注文する際の条件の比較が以下になります。

注文条件
Uber 1品から
マック 1,000円以上

Uber Eatsは1品からの注文に対応しているのに対し、マックデリバリーは1,000円以上注文しないと配達してもらえません。

なので、一人で注文する場合はマックデリバリーでの配達で無理に1,000円以上注文するよりも、

Uber Eatsで注文した方が無駄な出費を抑えることができます。

配達時間もUber Eatsの方が早いケースが多い

ちなみに配達時間の比較についてですが、混雑状況にもよるため一概にどちらが早いと結論づけることはできませんが、

Uber Eatsの方が早く商品が届くことが多い傾向にあります。

実際に掛かる時間に関しては、注文する時間帯や店舗によっても差があるので具体的な数字は挙げられませんが、

ツイッターで検索すると、マックデリバリーよりUber Eatsの方が早いという声が多く見られます。

Uber Eats配達パートナーの間でマクドナルドの注文は人気だから配達も早い?

ちなみに私はUber Eats配達パートナーをしているのですが、マクドナルドの注文は配達パートナーの間で特に人気が高く、

お店の前で注文を待っている配達パートナーが見受けられるほどのものとなっています。

その理由としては、マクドナルドの配達は近場からの注文が多く、ピックにもあまり時間がかからない店舗が多いため、

配達の数をこなしたい配達パートナーとしてはマクドナルドの注文は取り合いみたいな状態となっているのです。

なので、天候が悪い日以外であればすぐに配達パートナーが見つかって商品を届けてもらえる可能性が高いので、

マックデリバリーよりも早く配達できるというわけです。

Uber Eatsの配達員ってけっこう稼げるの??

Uber Eats愛用者
Uber Eats愛用者

そういえばUber Eatsってけっこう稼げるんか?

街中でよく見かけるし、ワイにもできるんかなってふと思って…。

レクター
レクター

ランチタイムかディナータイムに配達できれば時給2,000円以上稼げますよ!

仕事内容はアルバイトよりも覚えることが少ないので、たった2〜3回配達するだけでほぼ覚えられるという…。

さらにシフトなしで好きな時間に働けるので、主婦などの女性配達員も相当増えてきているんです。

また、2022年現在Uber Eatsよりも稼ぎやすいのが 出前館の配達員 です。というのも出前館は、業界No.1のUber Eatsに対抗するために、配達員への報酬を手厚くしているから。

最近物価が上がっているから、家計の足しにしたい…。」

18歳以上であればどなたでも申し込めるので、この機会にお試しあれ〜。

※ 当記事でご紹介したサービス

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ちお得情報キャンペーン①キャンペーン②キャンペーン③公式サイト
ウーバーイーツ ロゴ
ウーバーイーツ
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
2週間ほど可能Uber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。特別インセンティブなしなしなし今すぐ申し込む
今だけ!
報酬アップ中/
出前館 ロゴ


出前館
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在廃止されました

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能【配達単価上昇中】
1件最大 → 1,430円(2021年8月以前)

1件最大 → 2,145円(2022年1月現在)
新人配達員30%報酬アップ中!詳しくはこちら >>
※関東エリア限定
2022年4月25日
から
2022年6月30日
まで

送料無料キャンペーン実施中!※注文数が大幅アップ
高倍率ブースト出現中!
※ブースト情報は登録後にアプリで確認できます
今すぐ申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)