ウーバーウォーカーのエリアとやり方まとめ!自転車で配達すると厳しい措置のリスクも

ウーバーウォーカーのエリアとやり方まとめ!自転車で配達すると厳しい措置のリスクも

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の徒歩配達『ウーバーウォーカー』のやり方ってどうやるの?内緒で自転車で配達したらマズいのかな…」

このような疑問に対し、本記事では

  • ウーバーウォーカーのやり方
  • ウーバーウォーカーのエリア
  • ウーバーウォーカーに設定して自転車で配達すると?
  • ウーバーウォーカーは稼げるの?
  • 私が考えるウーバーウォーカーを最大限活かす方法

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

ウーバーウォーカーのやり方

ウーバーウォーカーのやり方は以下のとおり。

  1. Uber Eatsアプリを開く
  2. 「アカウント」をタップ
  3. 「車両」をタップ
  4. 「Uber ウォーカー」をタップで完了
ウーバーウォーカーのやり方
ボタン一つで変更できてとても簡単です。Uber Eatsに登録している配達員ならどなたでも可能なので、必要書類等の準備がないのも良い点ですね。

ウーバーウォーカーは試験段階のため、エリアが制限されています。次にご紹介するエリア以外の方はウーバーウォーカーを選択できないのでご注意ください。

ウーバーウォーカーのエリア【2021年9月に拡大】

2021年9月現在のウーバーウォーカーのエリアは以下のとおり。

【ウーバーウォーカー 対応エリア】

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 宮城県
  • 栃木県
  • 三重県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

※いずれも一部市区町村のみ対応

2021年6月に東京23区で試験的に開始していましたが、今回エリアが大幅に拡大した形です。

ウーバーウォーカーに設定して自転車で配達すると?

「ウーバーウォーカーに設定して、自転車で配達したら効率よく稼げるんじゃない?」

このような考えが思いつくかもしれません。というのも、ウーバーウォーカーは1.5km以内のドロップかつ通常の配達よりも高単価なため。

しかし、そもそも自転車での配達は禁止。仮に、自転車で配達をすると、アカウント停止の措置を取られる可能性があります。

自転車で配達すると、徒歩よりも到着時間が早くなりますよね。このデータが運営側に不正情報として報告が上がる仕組みとなっているのです。

また、以下のように注文者が疑問を感じるケースも。


Uber Eatsのお客さんが配達員というケースは結構多いです。実際に私も週に2〜3回はUber Eatsを利用していて、配達員の行動をチェックしたりしています。

以上の理由から、不正に配達するとほぼバレます。なので、ウーバーウォーカーを選択したら必ず徒歩で配達しましょう。

ウーバーウォーカーは稼げるの?

ウーバーウォーカーは以下のように単価が高く、効率的に配達できれば十分稼げることがわかります。


ちなみに、単価800円台は1.2km以上の配達とのこと。徒歩だと長距離に分離されるので、なかなかの体力が必要だと思います。

また、以下の方はウーバーウォーカーで日給約2万円を達成。


これだけ稼げれば、ウーバーウォーカー主体で稼働する方も増えそうですね。

私が考えるウーバーウォーカーを最大限活かす方法

もし、私がウーバーウォーカーを利用するのであれば、雨の日の稼働がベストだと感じます。というのも、私自身、雨の日は事故防止などの観点から普段稼働していない慎重派のため。

しかし、雨の日でも徒歩であれば、事故の危険性はほぼゼロ。ここまで慎重になる必要はありません。

ただ、ウーバーウォーカーは以下のようなデメリットもあるため、稼働の際には注意したいところです。

【ウーバーウォーカーのデメリット】

  • システムを知らないお客さんに配達が遅いと苦情の可能性がある
  • 住所間違いの注文に当たった場合、大幅な遅れも
  • 商品の数が多いと、体への負担がかなり大きくなる
  • 自転車稼働よりも体力の消耗が激しい
  • 商品がこぼれやすくなる

「最近Uberが稼ぎづらい…」と本気で悩んでいる方へ

「2021年5月の新料金体系からUber Eatsの単価が下がったせいで全然稼げない…」

このように本気で悩んでいる場合、別のフードデリバリーを検討するのも一つの手です。というのも、ここ最近は他社の方が配達員の報酬に力を入れているため。

特に、出前館の業務委託配達パートナーなんかは以下のように稼ぎやすい環境が整っています。

【出前館 業務委託配達パートナーのメリット】

  • 配達報酬が1件約700円の固定報酬(関東:715円 その他:660円)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年12月には2.5倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,750円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、他社よりも短い(拠点によって異なる)
  • 他社と掛け持ち可能
  • 他社のバッグでも配達できる
  • 自分の自転車・バイクで配達できる

2021年12月の2.5倍ブーストはかなり破格の数字ですが、同年8月にも2.0倍ブーストを実施。しかし、どちらも突然の実施だったため、急いで登録しても稼働に間に合いませんでした。

一方で以下のようなデメリットも。

【出前館 業務委託配達パートナーのデメリット】

  • Uber Eatsより対応エリアが狭い(全国ではない)
  • Uber Eatsより営業時間が短い(11:00〜22:00までが基本)
  • 初日は対面で指導を受ける必要あり(※現在は廃止中です)
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 赤い帽子のみ着用が必須(服装は自由)

ぶっちゃけ、Uber Eatsよりも自由度は低いです。ただ、その分報酬単価が高いといった感じ。

ちなみに、掛け持ちもできるので、その日の気分によってどちらで働くか選ぶことも可能になります。今の時代、一つのに絞って配達する必要はありません。

登録から配達できるまで約1週間と対応も早いので、Uber Eatsの単価引き下げで悩んでいるのであれば、検討する価値ありです。

\メアドの用意のみ。たった1分で申し込み完了/

【出前館 最新キャンペーン情報】

1.基本報酬30%アップキャンペーンを実施。
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】
【対象期間:2021年11月1日〜2022年1月31日まで】
※2021年11月1日以降に登録した方が対象。

>> 詳細を見る

2.送料無料キャンペーンを実施。
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】

【2021年11月1日〜2022年1月31日まで】

3.週替り半額WEEKを実施。
【対象地域:全国】

【2021年11月5日~2022年1月27日まで】

4.呪術廻戦のグッズが当たるキャンペーンを実施。
【対象地域:全国】
【2021年12月1日〜2022年1月9日まで】

※2、3、4により、キャンペーン中は大量に注文が増えることが予想されます。

>> オンライン面談の空き状況を確認する

2021年12月の2.5倍ブーストは突然の告知で、急いで登録してもキャンペーンの参加に間に合いませんでした。
今後絶対に逃したくないのであれば、今すぐ登録するのもおすすめ。たった1週間ほどで本登録が完了するので、他社のように1ヶ月ほど待たされる心配もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)