【土日に注意】出前館 配達員の給料日はいつ?振り込まれない方は確認を

【土日に注意】出前館 業務委託配達員の給料日はいつ?振り込まれないのは仕組みに変更があったためです

「出前館で働こうと思っているけど、給料日のしくみってどうなってるの?それによって働くかどうか決めたい…」

このような疑問に対し、当記事では

  • 出前館 配達員の給料日
  • 他社の給料日との比較
  • 給料と報酬の違い
  • 出前館に早く登録した方が良い理由

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

当記事の著者 レクター

2019年9月、Uber Eats配達員&当ブログ運営開始。「フードデリバリーの魅力をより多くの人に伝えたい!」が当ブログのモットーです。

約2,000件以上配達した経験をもとに新規・既存配達員向けの情報を発信中。最近は配達員がより手軽に収入源を増やす方法として仮想通貨にも着手。

私の詳細や当ブログの収益などは プロフィール まで。

ツイッター・インスタでも情報発信中。質問等は主にインスタのDMで受け付けているので、ご用の方は以下よりお願いします。

筆者の実績

 

配達員の給料日は月2回

配達員の給料日は以下のように月2回振り込まれます。

【配達員の給料日(仕組みが若干変更されています)】

  • 1〜15日分:15日から5営業日後に支払い
  • 16〜末日分:末日から5営業日後に支払い

※5日と20日に振り込みではありません。

5営業日後とは、土・日・祝日を含まない日数のこと。例えば2021年10月であれば、7日と22日が振り込み日となります。
配達員の給料日は月2回
また、振り込み日は登録したメールに送られてきますが、一部の配達員に届いておらず、混乱されている方も。

とりあえず、月に2回はしっかり振り込まれるので、決して不便ではありません。かなり現金をやりくりしやすいはずです。

メアドの用意のみ。たった1分で申し込み完了

今すぐ出前館に申し込む
新人配達員限定 報酬アップキャンペーン中!

今登録すれば、以下のような報酬アップキャンペーンに参加できます。(2023年1月31日まで)

ちなみに過去のキャンペーン実施時(2022年8月)には以下のように配達単価が大幅に上昇しました。

1件最大 → 1,430円(2021年8月以前)
1件最大 → 2,310円(2022年8月実施時)

レクター
レクター

ブーストの倍率にはその日によって大きく変わります。

詳しい数字は一般公開されていませんが、登録をすれば配達員用アプリでいつでも確認可能に。

もし、申し込みをされる際は 出前館の公式サイト から対応エリアのチェックだけはお忘れなく〜。

申し込みから最短1週間でスタート可能!

出前館に申し込む
申し込みから配達開始までの手順
出前館公式サイト から登録を申し込む
② 研修動画の視聴
③ 理解度チェックテストをWEBで実施
※合格するまで何度も受講可能
④ WEB説明会(オンライン面談)に参加【所要時間30分ほど】
※現在は廃止
⑤ 必要書類を提出し、本登録完了


※①〜⑤までにかかる期間は約1週間です。
※登録後に放置しておいてもペナルティ等は一切ありません。

他社のフードデリバリーの給料日との比較

出前館を含むフードデリバリー6社の給料日の仕組みを比較すると、以下の表のとおり。

  報酬振り込み頻度
出前館 月2回(毎月5日と20日付近)
Uber Eats 週払い(毎週水曜日)
menu 月4回(自分で申請)
Wolt 月2回(毎月10日と25日)
Foodpanda 週払い(毎週火曜日)
DiDi food 週払い(毎週火曜日)

ぶっちゃけ、振り込み回数が月2回というのは、フードデリバリーの中では少ない方です。ただ、私はUber Eatsで働いていて毎週振り込まれますが、あまりお金を使わないので、月2回だったとしても十分という印象。

当たり前ですが、回数が少ないからといって報酬が下がるわけではないので、そこまでデメリットではないのかなと感じます。

給料は間違いで正しくは報酬。この意味を知らないとマズいです

出前館の給料として、今回仕組みをご紹介しましたが、正しい表現は報酬です。というのも、配達員は個人事業主に分類されるため。

なので、給料という表現はアルバイトや正社員が使うのが正しいのです。

なぜ、わざわざこのような説明をしたのかというと、この違いを知らないで配達員を始めると、確定申告などの税金関係で大きな問題を抱える危険性が高いから。

すでにUber Eatsなどの他社を経験されている方なら大丈夫なはずです。ただ、税金関係について詳しく知らないのであれば、以下の記事で詳しく解説しているので、続きをどうぞ。

出前館 配達員は個人事業主で確定申告が必要!簡単に準備できます

出前館 業務委託配達員は個人事業主で確定申告が必要!簡単に準備できますよ

出前館 配達員は個人事業主で確定申告が必要!簡単に準備できます

2021.01.25

配達員に早く登録した方が良い理由

配達員への登録を考えているのであれば、早めの登録がおすすめ。というのも、2021年8月には史上最大の2.0倍ブーストを実施。今後も開催が期待されるためです。

ちなみに、特徴は以下のとおり。

【出前館 配達員の特徴】

  • 配達報酬が1件約700円の固定報酬(関東:715円 その他:660円)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、Uber Eatsよりも短い
  • 他社のバッグでも配達できる
  • 他社と掛け持ち可能
  • 自分の自転車・バイクを配達車両にできる

1件約700円の固定報酬にブーストがドンと加わります。単価だけで見れば業界トップですが、以下のようなデメリットがあるのも事実。

【出前館 配達員のデメリット】

  • 対応エリアがUber Eatsより狭い
  • 営業時間がUber Eatsより短い(基本的に11:00〜22:00)
  • 初日は対面で指導を受ける必要あり(※現在は廃止中です)
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 出前観専用の帽子を被る必要がある(服装は自由)
  • クエスト(回数報酬)がない
  • 拠点のによってはLINEグループに入る必要がある
  • 業務用の保険が用意されておらず、自分で加入する必要がある

※保険に関してはこちらの記事で解説中。自転車での稼働であればそこまで大変ではありません

ぶっちゃけ、自由度で比べると他社に劣ります。ただ、不明な点はオンライン面談のときや、初日の拠点での指導の際に直接質問が可能。不安を少なくした状態で始めることができます。

単価が高いということは、時給を上げやすいということ。一日中ヌルヌルと配達するよりも、短時間でサクッと稼ぎたいのであれば、一度体験をおすすめします。

メアドの用意のみ。たった1分で申し込み完了

今すぐ出前館に申し込む
新人配達員限定 報酬アップキャンペーン中!

今登録すれば、以下のような報酬アップキャンペーンに参加できます。(2023年1月31日まで)

ちなみに過去のキャンペーン実施時(2022年8月)には以下のように配達単価が大幅に上昇しました。

1件最大 → 1,430円(2021年8月以前)
1件最大 → 2,310円(2022年8月実施時)

レクター
レクター

ブーストの倍率にはその日によって大きく変わります。

詳しい数字は一般公開されていませんが、登録をすれば配達員用アプリでいつでも確認可能に。

もし、申し込みをされる際は 出前館の公式サイト から対応エリアのチェックだけはお忘れなく〜。

申し込みから最短1週間でスタート可能!

出前館に申し込む
申し込みから配達開始までの手順
出前館公式サイト から登録を申し込む
② 研修動画の視聴
③ 理解度チェックテストをWEBで実施
※合格するまで何度も受講可能
④ WEB説明会(オンライン面談)に参加【所要時間30分ほど】
※現在は廃止
⑤ 必要書類を提出し、本登録完了


※①〜⑤までにかかる期間は約1週間です。
※登録後に放置しておいてもペナルティ等は一切ありません。

申し込みから登録までの流れ
(すべてネットのみで完結します)

1.出前館公式サイトから登録を申し込む
2.研修動画の視聴
3.理解度チェックテストの実施
※合格するまで受ける
4.WEB説明会(オンライン面談)に参加【所要時間30分ほど】
※現在は廃止されています
5.必要書類を提出し、本登録完了

※1〜5までにかかる期間は約1週間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)