Uber Eats配達員がビットコインを持つべき5つの理由!実際に運用中の私が仮想通貨の実態を解説します

Uber Eats配達員はビットコインを持たないと損?実際に運用中の私が仮想通貨の実態を解説します
Uber Eats配達員
Uber Eats配達員

最近、ビットコインとか仮想通貨の話題をよく聞くけど、本当に稼げるん??

なんかすごい胡散臭さを感じるんだが……。

私も最初は同じ意見でした。

レクター
レクター

どうせ紹介した人だけが稼げるマルチ商法なんじゃないの?

と思っていて警戒心丸出しの状態に。

そのため「だったら実際に自分が買って生の声を伝えよう!」と決心。

そして、ビットコインを運用した結果、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員との相性がバツグンなことに気づきました。

そこで、当記事では

  • ビットコインの運用をUber配達員におすすめする理由
  • なぜ、数ある仮想通貨の中でビットコインを推すのか
  • ビットコインを運用するデメリット

について、解説していきます。

仮想通貨は投資なので、当然損をする可能性もあります。もし、運用をするのであれば必ず余剰資金で行うようにしてください。

当記事の著者 レクター

2019年9月、Uber Eats配達員&当ブログ運営開始。「フードデリバリーの魅力をより多くの人に伝えたい!」が当ブログのモットーです。

約2,000件以上配達した経験をもとに新規・既存配達員向けの情報を発信中。最近は配達員がより手軽に収入源を増やす方法として仮想通貨にも着手。

私の詳細や当ブログの収益などは プロフィール まで。

ツイッター・インスタでも情報発信中。質問等は主にインスタのDMで受け付けているので、ご用の方は以下よりお願いします。

筆者の実績

私も利用中!たった10分ほどで登録完了

【無料】ビットフライヤーで口座開設する

ビットコインをUber配達員におすすめする5つの理由

※配達車両について【車で配達するには運輸支局へ申請が必要】

実際にビットコインを運用する私が、Uber Eats配達員に運用をおすすめするのは以下の理由からです。

それぞれ解説していきます。

メアド・身分証の用意のみ!10分ほどで完了

ビットフライヤーで口座開設する

① Uber Eatsの登録よりも簡単に開設できてしまうから

ビットコインなど仮想通貨を運用するには、仮想通貨の取引所で口座を開設する必要があります。

しかし、口座の開設方法は以下のような手順。しかも即日で無料で開設できるので、Uber Eatsの登録よりも簡単なんです。

仮想通貨の取引所の開設方法
1. 自分の好きな取引所に申し込む
2. 住所・氏名など個人情報を入力する
3. 顔写真付き身分証で本人確認を行う

※WEBですべて完結
4. 送金する銀行口座の登録を行う
5. 登録完了
レクター
レクター

開設に必要なものはメアド・身分証明書・銀行口座のみ。

ちなみに私は数ある取引所の中で ビットフライヤー を選びました。選んだ理由については 後述 しています。

② いつでもビットコインのレートを確認できるから

Uber Eatsは仕事中にいつでもスマホを触ることができますよね。これによってビットコインのレートが確認し放題なので、相性バツグンというわけ。

レクター
レクター

ビットコインは1時間で10万円以上のレートが上下することが多々あります。

その際にいつでもスマホが触れる環境であれば対応可能なんです。

例えば、以下のような対応が取れます。

  • ビットコインのレートが300万円のときに10万円分を購入。
  • その後、290万円までレートが急激にダウンしたため、すべて売却
  • 約3%のダウンなので、約3,000円を損をする形に
  • 結果的にビットコインは280万円にまでダウン。底値で落ち着く

もし、レートのダウンに気づかなければ約2倍の6,000円を失うところでした。

ちなみに280万円までダウンしたとしても、売却せずに300万円に回復するまで持ち続けておくのもOKです。

こうした臨機応変な対応を取れるため、Uber Eatsの仕事と相性が良いのです。

③ 知識がなくても稼げてしまう可能性があるから

ビットコインは知識がなくても稼げてしまう可能性が高いです。実際に私は以下のツイートのとおり、2022年8月現在約1万円の利益が出ています。

レクター
レクター

Uber Eatsで配達した後に勉強はしんどいですよね…。

しかし、ある程度チャートを眺めているだけでも稼げる可能性は十分あります。

ただ、ある程度知識を学んだ方が稼ぎやすいのは事実。

実際に私がビットコインの勉強で参考にしているものは以下の2つです。

④ 体を動かさなくても稼げる感覚が身につくから

Uber Eatsは台風・大雪などで ブラックアウト してしまった場合、注文が入らなくなるのでお金を稼ぐことができません。

体調不良や怪我なんかも同じです。

しかし、仮想通貨に投資しておけば、体を動かさなくてもにお金を生み出してくれる感覚を実感できます。

レクター
レクター

当然、レートによっては資産が減ることも。

しかし、余剰資金で運用すれば破産することはないので、精神的ダメージはほぼありません。

ちなみに私が行っているブログ運営。こちらもアクセスが集まれば勝手に収入を生み出してくれます。

しかし繰り返しですが、ブログで初の収益が発生するまで半年〜1年ほどかかる人が大半。ビットコインは購入した瞬間からお金の上下が始まります。

ですが、もしブログの方にチャレンジしてみたい方は以下の記事で解説方法をまとめているのでどうぞ。

ブログの始め方を画像付きで紹介!知識ゼロでも簡単に始められます

ブログの始め方を画像付きで紹介!知識ゼロでも簡単に始められます

2022.09.13

⑤ 収入源を増やすことでリスク分散になるから

Uber Eatsは以前と比べると、配達報酬が減少傾向にあります。

レクター
レクター

特にピークタイム以外の1件の報酬が300円台まで下がったのは衝撃的でした。

しかし、配達員としてはこの決定に従うしかありません。なぜなら私たちは個人事業主で立場がUber Eatsよりも弱いから。

仮に他社デリバリーに移ったとしても、いつ報酬が下げられるかわからない不安は変わりません。

レクター
レクター

実はフードデリバリー業界は赤字を出しながら運営している会社ばかり。

出前館なんかは現在報酬が高めですが、その理由は赤字を出してでも配達員の確保に力を入れているため。

なので、現在の報酬がいつまで続くかはわからないのです。

ただ、仮想通貨を今から運用しておけば資産のアップだけでなく、ある程度知識も身についてきます。

その知識を有料noteとして販売したり、ブログを立ち上げて集客したり……。

さまざまな方法でマネタイズが可能になります。

レクター
レクター

なので、仮にデリバリーの報酬が下がっても別の手段で稼ぎ続けることができるというわけ。

以上が私がビットコインの運用をおすすめする理由です。

メアド・身分証の用意のみ!10分ほどで完了

ビットフライヤーで口座開設する

ビットコインを勧める理由は損失リスクの少なさ

ビットコインは仮想通貨の中でも損失のリスクが一番少ないです。

というのも、仮想通貨の中には暴落を起こして一夜にして紙切れ同然の価格になることがあるため。

レクター
レクター

しかし、ビットコインに関しては今までのチャートを見てみると、上げ下げはあるものの紙切れ同然の価格まで落ちたことは一度もありません。

このリスクの少なさが私がビットコインを推す最大の理由です。

実際にビットコインの誕生から2022年9月23日現在のチャートが以下のとおり。

当初は1万円台からのスタート。その後どんどん上昇していき一時期は1BTC=900万円に近いレートまで上がりました。

しかし、中国の仮想通貨の規制やオミクロン株の流行などが原因で価値が大暴落。

現在は世界各国が利上げを続けている影響でレートがダウンしています。しかし、その中でもレートの波はあるので、

  • レートが低いとき=購入
  • レートが高いとき=売却

を繰り返せば、稼ぐことはできます。

レクター
レクター

さらには、

  • エルサルバドルがビットコインを法定通貨に決定
  • ロシア・ウクライナ国内の仮想通貨保有者が増加中
  • イーロンマスクがビットコイン大量売却も再び購入すると発言

などの今後のレート上昇要素が備わっています。

ちなみにビットコインは

  • 購入量が増える=価格が上昇する
  • 売却量が増える=価格が下降する

というしくみ。一時期900万円台までレートがあったことや今後世界各国がいずれ利下げしていくことを考えると

「将来的にその金額まで上がっていくのではないか?」

と捉えられます。

ビットコインを運用する3つのデメリット

もちろん、ビットコインの運用はメリットばかりではありません。実際に運用してみて個人的に以下のようなデメリットを感じました。

それぞれ解説していきます。

メアド・身分証の用意のみ!10分ほどで完了

ビットフライヤーで口座開設する

① 損をする可能性がある

先ほどビットコインは「今後上昇する材料がある」と説明しました。しかし、短期で売買を繰り返した場合、当然損をする可能性があります。

レクター
レクター

実際に私も短期で売買していて、15,000円近く損を出した時期もありました。

ただ、仮に損をしても

  • 余剰資金で運用している
  • 世界経済の勉強になる

という要素があるため、極端に落ち込むことはなかったです。

なのでもし、あなたも仮想通貨を始めるのであれば、必ず余剰資金で運用するようにしてくださいね。

② チャートが気になってスマホが離せなくなる

仮想通貨のチャートは登録した取引所のアプリを見れば、一発で確認できます。

なので、「仮想通貨を始めてからスマホを見る回数が極端に増えたな……」と痛感。気にし過ぎてあまり良くないなと感じています。

レクター
レクター

ただ先ほど説明したとおり、Uber Eats配達員は仕事上いつでもスマホを見ることができます。

なので、売り時・買い時に対応しやすいメリットもあります。

逆に日常の中にチャートをチェックする楽しさが生まれるという側面もあるので、このデメリットは人によるかと思います。

③ 確定申告の必要が出てくる

仮想通貨で出た利益は当然確定申告をする必要があります。ただ、仮想通貨の確定申告はそこまで難しいものではありません。

レクター
レクター

特に私が利用している ビットフライヤー年間取引報告書を提供してくれます。

この数字を当てはめれば簡単に作業が完了。

また別サービスになりますが、Gtax という自動的に収益を計算してくれるツールなんかも最近は登場しています。

一方で、ビットフライヤーと並んで最大手の コインチェック年間取引報告書が提供されません。

しかし、手数料やキャンペーンの有無などをみると、コインチェックの方が優れている点が多いのも事実。

取引所年間取引報告書暗号資産の種類最低取引金額入金手数料出金手数料取引所手数料キャンペーン公式サイト
ビットフライヤー
ビットフライヤー ロゴ
あり17種類1円0円〜330円220円〜770円0.01%~0.15%なし詳細を見る >>
コインチェック
コインチェック ロゴ
なし18種類500円0円〜1,018円407円なし1,500円分の
ビットコインがもらえる

※9月30日まで
詳細を見る >>

私は年間取引報告書があるかないかが決め手でした。

「確定申告は税理士に任せるし、問題ない」というのであれば、ぶっちゃけコインチェックの方があなたに合っているかもしれません。

9/30まで!1,500円分のBTCが必ずもらえる!

コインチェックに申し込む

※Gtaxにも対応しています

※ただし、一度も仮想通貨を売却しなければ確定申告は必要なし

もし、確定申告が面倒であれば、仮想通貨を購入して一度も売らずにずっと持ち続けておいてください。

というのも、仮想通貨で税金がかかるタイミングは以下のパターンのみだから。

仮想通貨の利益が発生するタイミング

・持っている仮想通貨を売却する
・持っている仮想通貨で別の仮想通貨を購入する
・持っている仮想通貨で商品を購入する

レクター
レクター

仮想通貨を購入して持ち続けているだけではどんなにレートが上がったとしても利益としてカウントされません。

なぜなら、利益となるのは売却したときが基本だから。

例えば、2022年8月に10万円分のビットコインを購入し、ずっと保有。その後、2022年12月31日時点で2倍の20万円までレートが上がっていました。

しかし、このまま売却せずに2023年1月1日を迎えれば、2022年度の利益が0円。確定申告の必要がないというわけです。

「確定申告が面倒になるのが嫌だけど、投資はしてみたい…」というのであればぜひお試しあれ。

メアド・身分証の用意のみ!10分ほどで完了

ビットフライヤーで口座開設する

私がビットフライヤーを選んだ5つの理由

最後に私は ビットフライヤー という取引所でビットコインを運用しています。現在仮想通貨の取引所は10社以上存在するので、選ぶ際はかなり迷いました。

そんな数ある取引所の中でビットフライヤーを選んだ理由は以下のとおり。

ビットフライヤーを選んだ理由

・設立が2014年1月と老舗なので安心感がある
・三井住友銀行やリクルートなどと提携していて、信頼感がバツグン
・年間取引報告書が提供されるので確定申告しやすい
・アプリから最新の仮想通貨ニュースが見られる

・普段の買い物でビットコインがもらえるため

レクター
レクター

国内の取引所では古参で、大手企業とも提携しているので安心感が持てました。

大手と提携していると仮にハッキングされたとしても補償されるメリットがあるんです。

また、私は完全初心者ということで一番有名な通貨のビットコインの運用しか考えていませんでした。

そのビットコインの取引量がNo.1なので、すぐに成立しやすいのも決め手の一つになったというわけ。

さらに、ビットフライヤーのアプリには最新の仮想通貨ニュースが見れます。

もちろんこのような情報はツイッターとかからでも収集可能。しかし、アプリに搭載されていることで自然とニュースを見る習慣が生まれやすいなと感じています。

レクター
レクター

初めのうちは専門用語が多く、ニュースの意味がよくわからないはず。

しかし、一つ一つ単語の意味を調べていくことで日に日に知識が深まっていきます。

少しずつ情報の意味がわかってくると楽しくなってきますよ。

当然知識が深まればレートの動きが読みやすくなるので、稼げる可能性がどんどん高くなるというわけです。

【お得】普段の買い物でビットコインがもらえるとは?

実はビットフライヤーでは普段の買い物の際にビットコインが一部還元。ポイントのようにビットコインを貯めることができます。

ちなみに対象となるサービスの一部は以下のとおり。

Uber Eats配達員
Uber Eats配達員

けっこう身近なサービスが多いんやね。

ちなみに還元率ってどれくらいなん??

レクター
レクター

上記のサービスの還元率はだいたい1〜2%ほどとそこまで高くありません。

しかし、上記画像以外の企業でも

  • ダイソン=3%
  • MIZUNO=3%
  • 洋服の青山=3%

などと、高額な買い物をするお店の還元率が割と高めだったりもします。

ちなみにコインチェックなどのほかの仮想通貨取引所にはこのようなサービスがありません。

2022年9月現在、ビットフライヤーは100社以上とこのサービスを提携しているので特に

「普段よくネットショッピングをする…」という方は還元目的での加入もありです。

メアド・身分証の用意のみ!10分ほどで完了

【無料】ビットフライヤーで口座開設する
ビットコインをもらう手順
1. ビットフライヤー公式HP にアクセスし、登録を済ませる
2. ログイン後、メニューから「ビットコインをもらう」を選択
3. 利用したいサービスを選択し、「ビットコインをもらう」を選択

4. 選択したサービスのHPに飛ぶので、買い物や申し込みなどをする
5. ビットコインが手に入る

たった10分の作業で収入の柱を増やしてみませんか?

先ほども述べましたが、Uber Eats配達員は個人事業主。現在は配達報酬だけでも生活できますが、いつ単価が下げられて、生活の質が下がるかわかりません。

レクター
レクター

報酬の引き下げに関してはUber Eatsだけでなく他社デリバリーも同じ。

どのデリバリーも赤字を出しながらの運営が続いているので、そこの収入源にだけ頼っているのはかなりリスクがあります。

実際に、2022年9月1日からWoltで報酬ダウンの発表がありました。

ちなみに私はブログで収入を得られるようになって、心に大きな余裕ができました。

レクター
レクター

特に2021年8月にコロナに感染。丸々1ヶ月間配達員としての収入が得られなかったときは相当な焦りが……。

ただ、ブログで収入を得るには半年以上かかるのが一般的。私のプロフィール を見てもらえればわかります。

ブログは収益が出る前にやめてしまう人が多い一方で、仮想通貨はすぐに成果が発生。ブログよりも継続しやすいことから収入の柱を作れる可能性が高いんです。

取り組み方成果発生までの
期間
必要なもの
ブログ
ブログのテーマ設定
サーバー&ドメインと契約
サイト内部作成
記事のネタ探し
記事作成
アイキャッチ画像作成
半年〜1年ほどパソコン
仮想通貨
取引所に申し込み
審査完了
仮想通貨を購入
購入したその瞬間パソコンorスマホ

口座開設は無料なので、私の場合まずは2万円ほどから投資。ある程度しくみが理解できたら徐々に金額を増やしていきました。

「収入の柱を増やしたい!」
「銀行に眠っているお金を運用したい!」

このように思っているけど不安が強い方は、まず数千円から体験してみてはいかがでしょうか。

ビットコインに関するQ&A

日本円の引き出しはとても簡単です。

ビットフライヤーの場合は

  1. ビットフライヤーにログインし「入出金」を選択
  2. 「銀行口座へご出金」を選択
  3. 出勤する金額を入力し、「出金する」を選択で完了

最短当日〜翌々営業日までに振り込まれるので、すぐにお金として利用できます。

主に経済指標カレンダーを見たりYouTubeで勉強しています。

特に重要な経済指標が発表された直後はビットコインの価格が数十万円単位で動くので、事前に発表される日程を調べています。

先ほども紹介しましたが、実際に私が参考にしているサイトとYouTubeは以下になります。

経済指標カレンダー
※★4つ以上の指標は絶対にリアルタイムで確認しましょう

楽天ウォレットのYouTubeチャンネル
※「前日ビットコインがなぜこのような動きをしたのか」を解説してくれるチャンネルです

できません。例えば

Uber Eatsで年間500万円の利益
仮想通貨で年間50万円の損益

が出たとします。しかし両者はそれぞれ別の扱いになるので、500万円 - 50万円 = 450万円が年間利益とはなりません。

私もそのようなニュースをよく耳にしますが、詐欺のケースとしては

  • 「絶対儲かる」と甘い話を持ちかけられ、他人にお金を振り込んでしまう
  • 架空の取引所にお金を振り込んでしまう
  • 架空の仮想通貨に投資してしまう

といったものが大半。しかし、当記事で紹介したビットフライヤーやコインチェックはしっかりとした企業ですし、ビットコインは何百万人も所有する仮想通貨です。

また、冒頭でも触れたとおり、仮想通貨によって損をする可能性もあります。それを踏まえたうえでチャレンジしてみるのかどうかを判断するようにしてください。

メアド・身分証の用意のみ!10分ほどで完了

【無料】ビットフライヤーで口座開設する
ビットフライヤー 口座開設の手順
1. ビットフライヤー公式HP にアクセスし、メアド・パスワードを登録する
2. 氏名・住所・電話番号を登録する
3. 本人認証を行う
※カメラを起動して身分証と自分の顔を写すだけ
4. 銀行口座を登録する
5. 口座開設完了


※上記作業は10分ほどで完了し、認証は最短で当日中に承認されます。
取引所年間取引報告書暗号資産の種類最低取引金額入金手数料出金手数料取引所手数料キャンペーン公式サイト
ビットフライヤー
ビットフライヤー ロゴ
あり17種類1円0円〜330円220円〜770円0.01%~0.15%なし詳細を見る >>
コインチェック
コインチェック ロゴ
なし18種類500円0円〜1,018円407円なし1,500円分の
ビットコインがもらえる

※9月30日まで
詳細を見る >>
仮想通貨についてもっと詳しく知る
・【準備編】ビットフライヤーとコインチェック どっちを利用すべき?? >>

・【実践編】ビットフライヤーの口座を無料で開設してみよう >>

・【実践編】コインチェックの口座を無料で開設してみよう >>

・仮想通貨未経験者がいきなりSTEPNを始めてはいけない理由 >>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)