Uber Eats配達パートナーで女性や主婦の現状!顔写真表示で危険性はあるの?

街中でUber Eats(ウーバーイーツ)のバッグを背負った方をよく見かけ、注目度が年々高まっているUber Eatsですが、

私も2019年9月からUber Eats配達パートナーとして副業で働いている20代男性です。

配達パートナーの比率は圧倒的に男性が多いのですが、女性や主婦の方で働いている方も当然います。

では、そんなUber Eats女性配達パートナーの現状はどのような感じなのでしょうか?

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

女性のUber Eats配達パートナーはどれくらいいるのか?

まず、Uber Eats配達パートナーは男性が大半と言っても、

具体的にどれくらいの割合の女性しか働いていないのか気になるかと思うので、調べてみましたが、

配達パートナーの男女比に関するデータを見つけることができませんでした。

ただ、私は2019年9月から神奈川県内で配達をしていて、下記画像の通り、現在700件以上配達していますが、

女性配達パートナーとすれ違うのは1日に一人すれ違うかどうかと言った印象です。

そのため、男女比にすると、9.5:0.5かそれ以下かなという印象を受けますが、他の地域ではもっと女性が多い可能性は当然あります。

しかし、女性配達パートナーの数がとても少ないということはどの地域でも間違いないので、もし、あなたが働こうと考えている場合は頭に入れて置きましょう。
私自身、芸能人や有名人に配達した経験は無し!
【追記】
新型コロナウイルスの影響で女性配達パートナーの数がとても増えており、

街中で女性配達パートナーを見かけるのが当たり前なほど急増しています。

なので

「女性だから…」

などと後ろめたい気持ちになる必要は全くないのかなと個人的に感じます。

配達パートナーの仕事は女性や主婦でも十分可能!

Uber Eatsは体力勝負的な仕事内容となっているため

「女性でも働けるのかな…」などと不安を感じると思いますが、具体的な仕事内容は

  1. アプリを起動する
  2. 注文が入ったらお店に向かう
  3. 料理を受け取る
  4. お客様のもとへ料理を届ける

という4点のみなので、力仕事ではないですし、女性や主婦だから不利だとかそういう要素は一切ありません。

一つ挙げるとするのであれば、体力的な問題ですが、私は以下の画像の普通のママチャリで配達をしており、

土日はガッツリ稼働するのですが、次の日は足がバキバキになるほどの筋肉痛を起こしています。
どんなママチャリで配達しているの?
しかし、電動自転車であればガッツリとした筋肉痛になることも無いと思いますし、

電動自転車を持っていない場合でも以下の3社とUber Eatsが提携しており、月額4,000円から利用できるので、

そのような方法を使うのも一つの手段かなと思います。

→ドコモシェアバイク
→COGICOGI
→帝都産業(TEITO)

女性特有の危険性は無いとは言い切れない

Uber Eatsで注文したことのある方ならわかると思いますが、Uber Eatsで注文をすると、

注文者に配達パートナーの顔写真と名前(下の名前)が表示されます。

注文者の割合としては男女半々かなという印象ですが、自分の顔写真と名前が表示されるということで身の安全を心配する方がいるのも事実です。

ですが、私はツイッターをしていて、Uber Eats配達パートナーの情報をチェックしていますが、

女性配達パートナーが男性客から何かされたなどの内容を見たことはありません。

例えが悪いかもしれませんが、一般人の女性が一般人の男性に襲われたというニュースはよく耳にしますが、

女性配達パートナーが男性客に襲われたというニュースは一度も耳にしたことがありませんし、調べても出てきませんでした。

なので、全く危険性がないとは言い切れませんが、実際に働いてみるとわかりますが、

料理を渡す際にお客様と世間話をすることも滅多にないので、過剰に心配する必要はないのかなと感じます。

男性配達パートナーから何か言われる心配もほぼ無し!

また、Uber Eats配達パートナーは圧倒的に男性が多いと説明しましたが、

その男性から女性だからと言って何か言われたりなどという心配もあるかもしれません。

ただ、基本的に配達パートナー同士が会話をすることは、例えば料理を待っているタイミングで「混んでますね」などという会話程度です。

もちろん男性の配達パートナーもお金を稼ぐことを第一に働いていますし、女性が圧倒的に少ないのは理解していることから、

出会いを求めて働いている人はまずいないです。

そのため、女性だからといって変なことを言われる可能性は極端に低いでしょう。

女性配達パートナーの服装はどんな感じなのか

そして、配達パートナーを始めるにあたって、どのような服装で配達すれば良いのか気になると思いますが、

以前、テレビで以下のように女性配達パートナーが紹介されていて、服装はスポーティな感じでした。


実際に私がすれ違った女性配達パートナーの方もスポーティな服装の方ばかりでしたし、私の服装も同じ感じなので、

配達パートナーの服装は自由ですが、お店やお客様の評価などを考えると、ゼビオなどのスポーツ店でウェアを揃えるのが良いのかなと思います。

Uber Eats配達パートナーは稼げる?

最後に、Uber Eats配達パートナーの仕事は結局稼げるのかについてですが、個人的には十分稼げる仕事だと感じています。

というのも、以下の画像のように休日にある程度の時間働くだけで日給1万円を超えることが可能となっており、

副業で働いている私には十分な額なので、バイトの代わりや主婦の方でちょっとした合間時間に稼ぐのでも十分稼げると思います。

ちなみに先ほども述べた通り、私はママチャリなので、電動自転車であればもっと稼ぐ自信があります。

履歴書不要で面接もなし!登録も簡単!

さらに、Uber Eats配達パートナーになるには、Webで個人情報を登録した後に、最寄りのパートナーセンターで20分程度の説明を聞くだけと、始めるのがとても簡単です。

また、メリットとしては

  • 労働時間が自由(アプリの操作一つで開始、終了ができる)
  • 服装や髪型が自由
  • 18歳以上であれば誰でもなれる(履歴書必要なし)
  • 3、4回の配達で慣れるので、仕事内容で覚えることが少ない
  • 学生から中年の方まで年齢層が幅広く、周りの目が気にならない
  • 振り込みが週単位なので、すぐにお金が手に入る
などと多くのメリットが挙げられます。

しかも登録にお金が一切かかりませんし、自分に合わないと感じ、辞めたいと思ったら再びパートナーセンターに行って借りたバッグを返すだけなので、

これだけ負担が少なくてお金を稼げる方法は他にはないのではないかと個人的に感じています。

詳しい登録方法は

Uber Eats配達パートナー登録方法や説明会の持ち物などの手順まとめ!都市名の入力だけ注意!」で説明しており、

新型コロナウイルスの影響で登録方法が変更となっているため、その点も上記の記事で追記しています。

ちなみに現在は新型コロナウイルスの影響で、登録する方が増えており、

あまりに増えすぎると募集STOPとなる可能性もゼロではありません。

なので、登録できるうちにしておいて、働くかどうかはそれから判断するのが良いのではないかと思います。

>>Uber Eats配達パートナー登録ページ

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)