Uber Eatsの配達員は顔写真表示で女性や主婦でも危険なのか解説します

「Uber Eats(ウーバーイーツ)で働こうと思っているけど、顔写真が表示されちゃうから何かトラブルは起きないのか心配だし、そもそも女性が働くのってどんな目でみられるのかな…」

このような疑問に対し、本記事では

  • Uber Eats の配達ではあなたの顔写真がお客さんに必ず表示されます
  • 顔写真が表示されてもトラブルは基本的に起きません
  • 主婦などの女性でもUber Eats でバリバリ働けます
  • 女性配達パートナーの割合(配達パートナー歴1年半の私の体感)

の4点について、2019年9月からUber Earsをしていて、日ごろ研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

Uber Eats の配達ではあなたの顔写真がお客さんに必ず表示されます

Uber Eats では、ピック先の店舗の端末と、配達先のお客さんのアプリ上に登録したあなたの顔写真が必ず表示されます。

以下の画像のような感じですね。
2021年1月 実績

ちなみに、登録する顔写真は、配達開始前の顔認証なんかにも使われたりするので、マスクや帽子を着用して顔写真を登録することもできません。

そのため、「どうしても顔写真を見られたくない…」という方は、言い方厳しいですが、Uber Eats で働くことは不可能だと考えてください。

顔写真が表示されてもトラブルは基本的に起きません

私は、2019年9月から配達パートナーをしていますが、現在に至るまで顔写真によるトラブルは起きていません。

さらに、配達パートナーの不祥事のニュースはよく耳にしますが、女性配達パートナーがお客さんに襲われたというニュースは耳にしたことがありません。

しかも、Uber Eats は自分で頼んでみるとわかるのですが、意外と料金がかかるサービスなので、変なお客さんとマッチングしてしまったということもほぼないです。

ただ、私は男性なので、今までトラブルが起きていない可能性も。ちなみに、女性配達パートナーの数は結構増えてきているので珍しいイメージは昔ほどありません。

なので、「自分は女性だから…」などとあまり深く身構える心配はないです。

主婦などの女性でもUber Eats でバリバリ稼げます

Uber Eats の仕事はとてもシンプルですし、力仕事ではないので、女性でもバリバリ稼げます。

ちなみに、仕事の流れとしては

  1. アプリを起動する
  2. 注文が入ったらお店に向かう
  3. 料理を受け取る
  4. お客様のもとへ料理を届ける

の4点のみ。

車両も電動付き自転車があれば、疲労感もそこまで感じないと思いますし、以下のツイートのように女性でもかなりの金額を稼げています。

女性配達パートナーの割合(配達パートナー歴1年半の私の体感)

2021年2月現在、女性配達パートナーの割合は私が配達する神奈川県某エリアで1割ほどという感じです。

これでも少ないと感じるかもしれませんが、1年半ほど前は1日に一人すれ違うかどうかだったので、このご時世でかなり増えた印象です。

なので、先ほども述べましたが、女性配達パートナーは昔と違って、そこまで珍しくないです。

Uber Eats は働いた分だけ確実にお金が貯まる仕事なので、今よりも生活を豊かにしたいのであれば、チャレンジしてみましょう。

>> Uber Eats 登録ページ

「やっぱり、どう考えても顔写真の表示はキツい…」というあなたへ

「顔写真の表示とか、知り合いにバレる可能性があるし、ほかの仕事探そうかな…」

もし、このような考えが捨てきれないのであれば、出前館の業務委託配達パートナーで働くのもありです。

というのも、業務委託配達パートナーは、お客さんやピック先の店舗の端末に、あなたの顔写真が表示されることは一切ないため。

しかも、出前館というと、アルバイトのイメージを持たれるかと思いますが、業務委託配達パートナーは個人事業主。つまり、Uber Eatsと同じシフトが存在しない自由な働き方ができます。

さらに、

  • 配達単価が1件約700円とUber Eats よりも高い
    最大ブースト1.4倍で1件1,000円を越えることも(主に週末)
  • 配達距離が最長でも約3kmまでと短い

というメリットも。

一方で

  • Uber Eats よりも営業時間が短い
  • Uber Eats よりも対応エリアが狭い
  • 配達初日に対面で説明を受けなければならない

などのデメリットもあるので注意です。

ただ、配達初日の説明に関しては、あなたがまだ一度もフードデリバリーで働いたことがないのであれば、メリットともとれるわけで…。

ちなみに、女性比率はUber Eatsと同じで圧倒的に少ないです。ですが、以下のツイートのように最近は女性配達員が増えてきているとの意見も。

※🥫=出前館のこと。

また、2021年3月、Uber Eatsの福岡と京都で大幅な報酬ダウンが行われました。その報酬は1件約300円。なんと、業務委託配達パートナーの約半分です。

もちろんこの地域以外でも、今後報酬ダウンが広がっていく可能性も。なので、あなたがフードデリバリーで高収入を目指すのであれば、この機会に検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)