Uber Eatsでおすすめの自転車保険5つ!弁護士特約について知らないと大変なことに?

出前館 業務委託配達員は個人事業主で確定申告が必要!簡単に準備できますよ

「Uber Eats(ウーバーイーツ)を自転車で始めようと思っているけど、保険ってどうすれば良いのかよくわからない…」

このような疑問に対して、この記事では

  • Uber Eatsのおすすめの自転車保険を紹介する前に
  • おすすめの自転車保険
  • Uber Eatsの保険は弁護士特約がない欠点も
  • デリバリーの掛け持ちを考えているなら業務用の加入検討の価値あり

について、2019年9月からUber Eatsで配達している私が解説していきます。

2021年1月 実績

Uber Eatsのおすすめの自転車保険を紹介する前に

まず、自転車保険を紹介する前に、必ず知っておかないといけない保険の種類についてご紹介します。

自転車保険には

  • 業務中にのみ適用される保険
  • 業務外にのみ適用される保険

の2種類があります。この2種類の保険の範囲については以下のとおり。

【業務中に適用される保険の範囲】
・注文を受けてからお店に料理を取りに行く
・お店から料理をお客さんに届ける
【業務外に適用される保険の範囲】
・注文が入るまで適当に走り回っている
・配達を終えて自転車で帰宅している
・その他プライベートで自転車を利用する
そして、Uber Eatsが用意している保険は業務中の範囲のみ。つまり、配達中以外で事故を起こしてしまった場合は適用外となるので、業務外の保険を個別に加入しておかないと大変なことになるというわけ。

なので、次にご紹介する保険は業務外のみ適用されるものなので、理解したうえで読み進めてください。

おすすめ自転車保険① LINEほけん

LINEほけんは通話アプリ「LINE」が提供する保険のことで

LINEアプリ起動後に「ウォレット」→「もっと見る」→「ほけん」の手順で簡単に登録できます。

費用も安く、ほとんどの方がLINEを利用していると思うので、登録の負担も少ないはず。

とりあえず最低限の補償が備わっていれば良いという方はおすすめです。

おすすめ自転車保険② 楽天自転車保険

また、楽天自転車保険というものも。月額220円から申し込みでき、楽天ポイントでも料金を支払うことができます。

ちなみに補償内容は、LINEほけんとほぼ変わらず。なので、楽天のサービスをよく利用するのであれば、こちらを登録した方が、情報もまとまって整理しやすいのでおすすめです。

おすすめ自転車保険③ au損保

au損保の自転車保険は、先ほどの2つよりも支払い料金が高いですが、充実した内容となっています。

ちなみに、ゴールドプランに加入すれば、弁護士特約もあり。(弁護士特約については次で説明します)

なので、簡易的な保険で済ませたくない方は、検討する価値ありです。

Uber Eatsの保険は弁護士特約がない欠点も

ちなみに、業務中の事故に関しては、Uber Eatsの保険が適用されると説明しましたが、この保険の欠点としては弁護士特約がついていないこと。

事故が起きると、基本的に当人同士ではなく、弁護士を間に入れるのですが、その依頼費用が実費負担となってしまい、数10万〜100万円ほどかかる場合も。

なので、もし、そのような部分を手厚くしたいのであれば、業務中の保険も個別に入っておくと良いです。

おすすめ自転車保険① 東京海上日動の保険【業務中の保険】

以下の東京海上日動の企業向けの保険であれば個人事業主でも加入できるようです。

>> 東京海上日動HP

ただ、通常は企業が申し込むサービスなので、申し込もうか検討しているのであれば、上記リンクのHPからお問い合わせをしてみてください。

おすすめ自転車保険② 日新火災海上保険【業務中の保険】

もし、東京海上日動の保険で申し込みができない場合、日新火災海上保険も同じサービスを提供しています。

>> 日新火災海上保険HP

こちらもHPにお問い合わせがあるので、よくわからないのであれば電話をかけてみるのが一番早いです。

先ほどの東京海上日動の保険とどちらが自分に合っているか、きちんと比べてみてから加入を決めてくださいね。

デリバリーの掛け持ちを考えているなら業務用の加入検討の価値あり

タイトルのとおりです。Uber Eatsでしばらく働いてると、「もっと効率的に稼ぎたい」という欲が出始めて、複数のフードデリバリー会社に登録する方が多いです。

その際、Uber Eatsでは業務中の保険が用意されているのですが、例えば出前館の業務委託配達パートナーは業務中の保険でさえも用意されていなかったりします。

すると、結局あとから、業務中の保険に加入することになるので、将来的に掛け持ちを考えているのであれば、業務用の保険の加入は視野に入れておくべきかと。

ただ、保険に入るタイミングは掛け持ちするときでも構わないので、知識として頭に入れておくようにしましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)