Uber Eats 開業届や青色申告承認申請書の書き方!確定申告は意外と簡単にできます

Uber Eatsの確定申告や扶養について!青色申告や開業届は簡単にできる?

「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働いてみたいけど、開業届の提出とか確定申告のこととか、何をすれば良いのかイマイチわからない…」

などと悩んではいませんか?

しかし、開業届などを書く内容は、あなたが思っているほど難しいものではありません。

ここでは、

  • 開業届と青色申告承認申請書の書き方
  • 私が実践する確定申告のやり方

について、2019年9月からUber Eatsで働き、自分で確定申告を行っている私が、なるべくわかりやすく説明していきます。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

開業届の書き方

まず、開業届についてですが、以下の国税庁のホームページから印刷できます。

>> 開業届を印刷する

そして、書き方がわかりづらい場所については以下のとおりの記入方法で大丈夫です。
開業届の記入方法

『納税地』:住所地にチェックをして、あなたの現住所を記入
『氏名』:あなたの名前を記入
『個人番号』:あなたのマイナンバーを記入
『職業』:配達でOK
『屋号』:基本的に無記入でOK
『届出の区分』:開業にチェックし、あなたの住所と名前を記入
『所得の種類』:事業(農業)所得にチェック
『開業・廃業等日』:Uber Eatsの配送を開始する日を記入
『開業・廃業に伴う〜』:上から「有」「無」にチェック
『事業の概要』:「Uber Eatsで料理を配達するサービスを行う」などと記入
ちなみに『事業の概要』から下の欄は記入する必要はないので、上記のように記入すれば問題ないと思います。

青色申告承認申請書の書き方(提出必須ではない)

次に、青色申告承認申請書についてですが、以下のページから印刷できます。

>> 青色申告承認申請書を印刷する

ちなみに、青色申告承認申請書はタイトルの通り、提出が必須ではありません。

しかし、この書類を提出することで、確定申告の際に青色申告ができるようになり、所得が65万円も差し引かれるので、開業届と同時に提出する人がほとんどです。

青色申告承認申請書の書き方については以下の通りです。

※『納税地』などの欄は開業届の記入方法と同じなので、省いてあります。
青色申告承認申請書の記入方法

1:空白でOK
2:「事業所得」にチェック
3:「無」にチェック
4:空白でOK
5:空白でOK
6(1):「複式簿記」にチェック
6(2):「現金出納長・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳・預金出納帳・総勘定元帳・仕訳帳」にチェック
以上が青色申告承認申請書の記入方法です。

自宅住所管轄の税務署へ提出

開業届と青色申告承認申請書が用意できたら、あなたの自宅住所管轄の税務署に書類を持って提出するだけで完了です。

管轄の税務署がわからない場合は、「〇〇区 管轄税務署」などと検索すれば出てきます。

そして、仮に記入内容が間違っていたとしても税務署の職員の方が提出の際に指摘してくれるので、心配する必要はありません。

何も問題なければ10分もかからずに提出が完了となります。

Uber Eats配達パートナーは確定申告がほぼ必要!

予備知識としてUber Eats配達パートナーの方で確定申告が必要になるケースは

  • 年間所得が38万円を超える場合(学生・主婦・専業)
  • 年間所得が20万円を超える場合(副業)

の2つのどちらかに該当する方のみです。

ちなみに、年間所得とは

年間所得=収入-経費

なので、仮に学生の方で年間の収入が40万円だったとしても、経費が5万円かかっていた場合、

40 – 5 = 35万円となるため、確定申告を必ず行う必要はないということになります。

ただ、その場合でも確定申告を行っておいた方が良いと個人的に思っており、例えば、持続化給付金が確定申告を行っていないと支給対象にならなかったことなんかがその理由です。

日商簿記検定3級に落ちた私でも3年間確定申告できている方法

私は大学時代に日商簿記検定3級を受けて落ちた経験があるほど、勉強や数字がとにかく苦手です。そんな私ですが、現在ブログ運営やUber Eatsなどで生計を立てており、開業してから一度も確定申告を税理士に依頼せず、全て自分で行っています。

その方法についてですが「freee(フリー)」という会計ソフトを利用して済ませています。

>> freee(フリー)公式サイト

Uber Eatsは登録した銀行口座に報酬が毎週振り込まれますが、freeeに銀行口座を登録しておくと勝手に収入が記録されます。経費にしたい取引の入力も、Uber Eatsに掛かる経費は難しいものが無いので、とても簡単にできてしまいます。

ちなみに、Uber Eatsの確定申告は商品を抱える店舗のように複雑な計算をする必要がないため、確定申告としては一番簡単な部類に入ります。

なので、必ずしも税理士に依頼しなくてはならないわけではないのです。

【税理士に依頼した場合との比較】
・売上500万円未満:相場10万円
・売上500~1,000万円未満:相場15万円
・freeeスタータープラン:月額980円(私が加入しているプラン)

一年目は余裕を持って確定申告の準備をしましょう

Uber Eatsは確定申告で一番簡単な部類に入ると説明しましたが、それでも最初の一年目は右も左も分からない状態のため、必ずつまづいてしまうことでしょう。

先ほどご紹介したfreeeではチャットでのサポートがあるため、不明な点はいつでも相談できます。ただ、私が確定申告一年目の頃は最寄りの税務署などで無料相談したり、説明会などに参加して知識を得て乗り越えました。

しかも、確定申告に費やした期間が2週間ほどは掛かっていたと思うので、後回しにせず、余裕を持って行動することを強くおすすめします。

無料期間で合わなければ解約も可能!

ちなみに、freeeの使い方については以下の記事で画像付きで解説していますので、参考までに。

ウーバーイーツの確定申告はfreeeがおすすめ!使い方を実際に使用している私が解説します

ウーバーイーツの確定申告のやり方はfreeeがおすすめ!使い方を実際に利用している私が解説します

2020.10.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)