Uber Eats 開業届や青色申告承認申請書の書き方!確定申告は意外と簡単にできます

Uber Eatsの確定申告や扶養について!青色申告や開業届は簡単にできる?

「Uber Eats(ウーバーイーツ)で働いてみたいけど、開業届の提出とか確定申告のこととか、始める前に何をすれば良いのかイマイチわからない…」

このような疑問に対し、この記事では

  • 開業届と青色申告承認申請書の書き方
  • 私が実践する確定申告のやり方

について、2019年9月からUber Eatsで働き、確定申告を自ら行っている私が、なるべくわかりやすく説明していきます。

【筆者の実績】
2021年1月 実績
開業届と青色申告承認申請書の書き方はとてもシンプル。これからご紹介する方法を丸写しするだけで完成します。

開業届の書き方

まず、開業届についてですが、以下の国税庁のホームページから印刷できます。

>> 開業届を印刷する

そして、以下の内容を記入してください。
開業届の記入方法

『納税地』:住所地にチェックをして、あなたの現住所を記入
『氏名』:あなたの名前を記入
『個人番号』:あなたのマイナンバーを記入
『職業』:配達でOK
『屋号』:基本的に無記入でOK
『届出の区分』:開業にチェックし、あなたの住所と名前を記入
『所得の種類』:事業(農業)所得にチェック
『開業・廃業等日』:Uber Eatsの配送を開始する日を記入
『開業・廃業に伴う〜』:上から「有」「無」にチェック
『事業の概要』:「Uber Eatsで料理を配達するサービスを行う」などと記入

ちなみに『事業の概要』より下の欄は記入する必要はないので、省略しています。

青色申告承認申請書の書き方(提出必須ではない)

次に、青色申告承認申請書についてですが、以下のページから印刷できます。

>> 青色申告承認申請書を印刷する

書き方については以下のとおり。

※『納税地』などの欄は開業届の記入方法と同じなので、省略しています。
青色申告承認申請書の記入方法

1:空白でOK
2:「事業所得」にチェック
3:「無」にチェック
4:空白でOK
5:空白でOK
6(1):「複式簿記」にチェック
6(2):「現金出納長・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳・預金出納帳・総勘定元帳・仕訳帳」にチェック

以上が青色申告承認申請書の記入方法です。

青色申告承認申請書は提出が必須ではありません。しかし、提出することで、確定申告の際に青色申告が可能に。所得が65万円も差し引かれるので、開業届と同時に提出する人がほとんどです。

自宅住所管轄の税務署へ提出

開業届と青色申告承認申請書が用意できたら、あなたの住所管轄の税務署に書類を持って提出するだけで完了です。

管轄の税務署がわからない場合は、「〇〇区 管轄税務署」などと検索。すぐに判明します。

提出の際、記入内容が間違っていても、職員の方が提出の際に指摘してくれます。不安であれば確認をお願いしてみてください。

何も問題なければ数分で提出が完了です。

Uber Eats配達パートナーは確定申告がほぼ必要!

予備知識としてUber Eats配達パートナーの方で確定申告が必要になるケースは

  • 年間所得が48万円を超える場合(学生・主婦・専業)
  • 年間所得が20万円を超える場合(副業)

のどちらかに該当する方は、確定申告をしなくても問題ありません。(2020年に年間所得38万円から48万円に変更)

ちなみに、年間所得とは

年間所得=収入-経費

の数値のこと。

仮に、学生で出前館の収入が年間50万円、経費が年間5万円かかっていた場合

50 – 5 = 45万円

となり、年間所得50万円を下回るため、確定申告を必ず行う必要はないということになります。

【Uber Eatsで経費になるもの】
経費になるものは、スマホ代、配達車両の購入費or整備費orグッズ代、保険代、確定申告ソフト代など。ぶっちゃけ、Uber Eatsは経費にできるものがかなり少ないです。しかも、無理に経費にしようとすると、調査が入った場合、追加で税金を支払うリスクもあります。

日商簿記検定3級に落ちた私でも3年間確定申告できている方法

私は大学時代に日商簿記検定3級を受けて落ちた経験があるほど、勉強や数字がとにかく苦手です。

そんな私ですが、現在ブログ運営やUber Eatsなどで生計中。そんな中、開業してから一度も確定申告を税理士に依頼せず、全て自分で行っています。

ただ、「freee(フリー)」という会計ソフトを利用しないと、自力での計算は無理なのが現実。

>>【無料期間 30日】freee(フリー)公式サイト

実際の使用方法は以下の記事で解説しています。

ウーバーイーツの確定申告はfreeeがおすすめ!使い方を実際に使用している私が解説します

ウーバーイーツ 確定申告のやり方はfreeeがおすすめ!使い方を実際に利用している私が解説します

2020.10.28

Uber Eatsは商品を抱える店舗のように、複雑な計算をする必要なし。なので、確定申告としては一番簡単な部類に入るため、自力でも完成できるのです。

しかも、以下のように税理士費用は決して安くないため、費用の面でメリットがあります。

【税理士に依頼した場合との比較】

・売上500万円未満:相場100,000円
・売上500~1,000万円未満:相場150,000円
・freeeスタータープラン:年間12,936円

一年目は余裕を持って確定申告の準備をしましょう

繰り返しですが、Uber Eatsは確定申告で一番簡単な部類に入ります。ただ、初年度は右も左も分からないので、つまづくこと間違いなし。

想像以上に時間がかかってしまうので、確定申告は早めの準備をおすすめします。

仮に提出期限が過ぎてしまうと、脱税と判断されて、社会的地位が落ちてしまう危険性も。その点だけご注意ください。

>>【無料期間 30日】freee(フリー)公式サイト

ウーバーイーツの確定申告はfreeeがおすすめ!使い方を実際に使用している私が解説します

ウーバーイーツ 確定申告のやり方はfreeeがおすすめ!使い方を実際に利用している私が解説します

2020.10.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)