【徹底比較】Uber Eats とmenu配達パートナーの報酬の違い!どっちが稼げるのか徹底解説します

menuとウーバーイーツの配達員の報酬の違いを比較!どっちが稼げるのか徹底解説します
副業を検討している人
副業を検討している人

Uber Eats(ウーバーイーツ)を始めようと思っているんだけど、最近あんまり稼げないって聞いて……。

ちょっとマイナーなmenu(メニュー)の方が稼ぎやすいって話もあるけど、実際どうなん??

このような疑問に対し、当記事では

  • 全体的な稼ぎやすさはUber Eats の方が上!
  • Uber Eats とmenuの報酬形態の比較
  • 一番稼ぎやすいデリバリーってどこ?

について、2019年9月からUber Eats で配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

プロフィール

2,000件以上配達した経験をもとに新規・既存配達パートナー向けの情報を発信中。私の経歴や当ブログの収益などは プロフィール まで。

YouTubeでもデリバリーについて語っています。ぜひ、チャンネル登録お願いいたします!!

デリバリー名登録手順
※両社ともWEBですべて完結
登録までの期間掛け持ち報酬単価
※ピーク時間外
働きやすさキャンペーン①キャンペーン②
\登録者数13万人突破/
ウーバーイーツ ロゴ


申し込む >>
Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
1〜2週間ほど可能約350円服装・配達キャンセルなど自由度高めUber Eatsに登録後、3週間ほど放置すると20回で7,000円の特別インセンティブがもらえることも。
特別インセンティブ
なし
メアドの用意のみで申し込みOK/
出前館 ロゴ

申し込む >>
出前館公式サイトから登録を申し込む

②研修動画を視聴する


③理解度チェックテストの実施

※合格するまで受ける

④WEB説明会に参加する

※現在は廃止

⑤必要書類を提出し、本登録完了
1週間ほど可能約700円サンダルやハーフパンツ不可など自由度劣る
※2022年12月1日から帽子の着用が任意に変更

※2022年8月1日から出前館の仕様が大幅変更

主な変更点はこちら >>
既存配達員向けの報酬アップイベントあり!
※定期開催
ブースト出現中!※ブーストの倍率は登録後にアプリで確認できます

稼ぐならUber Eats の方がおすすめな3つの理由

1.Uber Eats(ウーバーイーツ)【自由度No.1】

Uber Eats とmenuで悩んでいるのであれば、Uber Eats で稼働する方がおすすめです。主な理由は以下のとおり。

Uber Eats の方が稼ぎやすい3つの理由
※タップで各項目にジャンプできます
1. Uber Eats の方がユーザー数が多く注文が入りやすい

2. menuは注文の取り方が早押しなので、配達の効率性に欠ける

3. menuは報酬の減少・対応エリアの縮小が目立っている

それぞれ解説していきます。

身分証・キャッシュカードの用意のみで登録完了

今すぐUber Eats に申し込む

① Uber Eats の方がユーザー数が多く注文が入りやすい

Uber Eats は圧倒的な知名度でユーザー数も多いです。

以下のデータは2021年11月のものと少し古いですが、Uber Eats はmenuの3倍以上のユーザーを抱えていることがわかります。

フードデリバリー ユーザー数

出典:Bloomberg

レクター
レクター

ちなみにこの時期の出前館は送料無料や半額キャンペーンなどを実施。

そのため、Uber Eats のユーザー数を上回っています。

しかも、menu配達員はUber Eats と掛け持ちできるので意外と多いです。

なかには両社のアプリを同時にオンラインにして、鳴った方を受けるという強者も……。

配達パートナーの数が少なければ注文を取りやすくて稼げそうなものの、残念ながらそういう現状でもないのです。

② menuは注文の取り方が早押しなので、配達の効率性に欠ける

menuは注文が入ると、以下のようにアプリの画面が切り替わります。

menu 早押し

しかし、この注文はほかの配達パートナーにも流れていて、一番早く受け付けた配達パートナーのみが注文を受け取れるのが早押しシステムのしくみです。

レクター
レクター

注文を先に取られてしまうと、以下の画面に……。

menu 早押し

一方でUber Eats は注文が入ると、menu同様アプリの画面が切り替わります。

時間はだいたい20〜30秒ほどですが、この時間内であればほかの配達パートナーに注文を取られることはありません。

なので、条件の良い注文が取りやすく稼ぎにも影響する可能性があるというわけ。

レクター
レクター

ちなみにmenuのような早押しだとスマホをずっと見ている必要があります。

実はこれが事故につながりやすいというデメリットも……。

安全面からみても、Uber Eats の方が優れているといえます。

③ menuは報酬の減少・対応エリアの縮小が目立っている

menuは報酬が減少傾向にあります。menuの詳しい報酬のしくみについては 後述 しますが、まとめると以下のとおり。

  • 1件の報酬上限が1,200円までに改悪
  • ランクボーナスの改悪
  • レベルアップボーナスの改悪
レクター
レクター

ただし、Uber Eats も2021年5月ごろから単価が下がり始めました。

特にここ最近は自転車配達パートナーの報酬がダウン傾向に……。

報酬のダウンはmenuだけではありません。しかし、その傾向がUber Eats よりも顕著に見られているのです。

Uber Eats とmenuの報酬比較

Uber Eats とmenuの報酬は大きく以下の2つに分けられます。

Uber Eats とmenuの報酬の比較
※タップで各項目にジャンプできます
1. 配達1件の報酬の比較

2. インセンティブ報酬の比較

それぞれ比較していきます。

身分証・キャッシュカードの用意のみで登録完了

今すぐUber Eats に申し込む

① 配達1件の報酬の比較

両社の1件あたりの報酬は以下のとおり。

デリバリー名基本料金距離料金
(1km)
配達調整金額ブーストピーク報酬
(ヒート・シミ)
チップ手数料
Uber Eats
(現在)

ウーバーイーツ ロゴ
不明不明ありありありあり報酬から-10%
Uber Eats
(2021年5月以前)
ウーバーイーツ ロゴ
390円
(東京エリア)
60円なしありありあり報酬から-10%
menu
(現在)

menu ロゴ
260円120円

(ピック距離+ドロップ距離^2)×40円

※ピック距離が2kmの場合
なしありありありなし
menu
(2022年2月以前)
menu ロゴ
260円180円

(ピック距離+ドロップ距離)^2×20円

※ピック距離が2kmの場合
なしありありありなし

※ ^2=2乗のこと。

まず、注目すべき点は現在のUber Eats の報酬。なんと、基本料金・距離料金ともに公開されなくなってしまいました。

レクター
レクター

そこで登場したのが配達調整金額という謎の制度。

周りの配達パートナーの数やピック時間に対して報酬が変動するしくみです。

現在のUber Eats はピークタイム以外の報酬だと配達距離関係なく、1件300円前後が基本。従来と比較すると下がってしまっています。

※menuの報酬に1,200円の上限が追加される

一方でmenuはUber Eats よりも報酬自体は下がっていません。しかし、2021年8月、menuの報酬に1,200円の上限が追加されてしまいました。

ピック先1km、ドロップ先が8kmの場合(従来)
260円 + 1,620円 = 1,880円+ブースト報酬+ランクボーナス+チップ
ピック先1km、ドロップ先が8kmの場合(最新)
260円 + 2,600円 = 2,860円 1,200円+ブースト報酬+ランクボーナス+チップ

ただ、この1,200円の上限は、基本料金と距離料金の合計金額にのみ適用。1件の単価の上限が1,200円というわけではありません。

レクター
レクター

ちなみに7kmまでの配達であれば、従来との報酬はほぼ変わりません。

② インセンティブ報酬の比較

まず、両者のインセンティブ報酬の種類は以下のとおり。

Uber Eats のインセンティブ報酬
・クエスト報酬
・ブースト報酬
・ピーク報酬
menuのインセンティブ報酬
・レベルアップインセンティブ
・ランクボーナス
・ブースト報酬
・ピーク報酬

こちらについては少々わかりづらい部分があるため、詳しく解説していきます。

※レベルアップインセンティブとクエストの比較

この2つについてですが、どちらも配達を一定回数をこなすと、追加報酬がもらえるというもの。ただ、以下のように両社で若干の違いがあります。

Uber Eats
週1回の期限あり
menuのインセンティブ報酬
期限なし

menuのレベルは以下のような仕組みとなっていて、最初は上がりやすいですが、徐々に上がりづらくなる仕様です。

レベルアップボーナス 報酬額まとめ(1配達=10〜30EXP獲得)
レベル 累計経験値 従来の報酬額 現在の報酬額   レベル 累計経験値 従来の報酬額 現在の報酬額
1 0EXP 100円 0円   26 9250EXP 100円 0円
2 10EXP 100円 0円   27 10200EXP 100円 0円
3 30EXP 100円 0円   28 11200EXP 100円 0円
4 70EXP 100円 0円   29 12250EXP 100円 0円
5 130EXP 100円 0円   30 13350EXP 100円 0円
6 200EXP 100円 0円   31 14500EXP 10,000円 3,000円
7 300EXP 100円 100円   32 15700EXP 100円 0円
8 440EXP 100円 0円   33 16950EXP 100円 0円
9 600EXP 100円 0円   34 18250EXP 100円 0円
10 800EXP 100円 0円   35 19600EXP 100円 0円
11 1000EXP 100円 0円   36 21000EXP 10,000円 0円
12 1200EXP 100円 0円   37 22450EXP 100円 3,000円
13 1450EXP 100円 500円   38 23950EXP 100円 0円
14 1750EXP 100円 0円   39 25500EXP 100円 0円
15 2100EXP 100円 0円   40 27100EXP 100円 0円
16 2500EXP 100円 0円   41 28750EXP 10,000円 0円
17 2950EXP 5,000円 0円   42 30450EXP 100円 0円
18 3450EXP 100円 0円   43 32200EXP 100円 3,000円
19 4000EXP 100円 1,000円   44 34000EXP 100円 0円
20 4600EXP 100円 0円   45 35850EXP 100円 0円
21 5250EXP 100円 0円   46 37750EXP 100円 0円
22 5950EXP 100円 0円   47 39700EXP 10,000円 0円
23 6700EXP 100円 0円   48 41700EXP 100円 0円
24 7500EXP 100円 0円   49 43750EXP 100円 0円
25 8350EXP 100円 1,000円   50 45850EXP 10,000円 5,000円

上の表をのとおり、レベルアップ報酬の額が従来よりも少なくなっていることがわかります。

一方で、Uber Eats のクエストは

  • 週2回から1回に変更
  • クエスト選択制が廃止

報酬額自体は時期によって異なるものの、個人的には改悪と捉えています。

Uber Eats のクエストの詳しい内容は以下の記事でも解説しています。長くなってしまうので、興味のある方のみどうぞ。

Uber Eats のクエストのしくみを見る >>

※ランクボーナスとブーストの比較

この2つは配達報酬に1.1倍や1.2倍などの数字がプラスされるしくみ。

menuに関しては先ほどの表にもあった獲得EXPの合計でブーストが加算されるしくみとなっていて、その一覧が以下になります。

ランク(現在の倍率) 以前の倍率 累計EXP
C1(1.0倍) 1.2倍 0〜9EXP
C2(1.02倍) 1.2倍 10〜29EXP
C3(1.04倍) 1.2倍 30〜69EXP
C4(1.06倍) 1.2倍 70〜129EXP
C5(1.08倍) 1.2倍 130〜199EXP
B1(1.1倍) 1.2倍 200〜299EXP
B2(1.12倍) 1.2倍 300〜439EXP
B3(1.14倍) 1.2倍 440〜599EXP
B4(1.16倍) 1.2倍 600〜799EXP
B5(1.18倍) 1.2倍 800〜999EXP
A1(1.2倍) 1.2倍 1000〜1799EXP
A2(1.24倍) 1.24倍 1800〜3399EXP
A3(1.28倍) 1.28倍 3400〜5799EXP
A4(1.32倍) 1.32倍 5800〜8999EXP
A5(1.36倍) 1.36倍 9000〜13999EXP
S1(1.4倍) 1.4倍 14000〜19999EXP
S2(1.5倍) 1.5倍 20000〜26999EXP
S3(1.6倍) 1.6倍 27000〜34999EXP
S4(1.7倍) 1.7倍 35000〜44999EXP
S5(2.0倍) 2.0倍 45000EXP〜

こちらも全体的に改悪していることがわかります。

レクター
レクター

また、必要EXPの期間は無制限ではなく、直近8週間のものが反映されるという点にも注意。

つまり、8週間配達しないと再びC1からのスタートに……。

一方でUber Eats のブーストは1.1〜1.6倍が基本。ただし、1.6倍が出ても数十円ほどしか報酬が上がりません。

その理由は先ほども説明したとおり報酬の計算方法が不明なため。

Uber Eats のブーストについても詳しい情報は別記事でまとめています。

Uber Eats のブーストのしくみを知る >>

menuの登録は1ヶ月以上かかるので注意

menuは申し込みから配達できるまで約1ヶ月もかかります。一方でUber Eats は10日前後で配達開始可能。

また、menuは47都道府県でサービスを提供していました。しかし、2022年3月に突如14都道府県のサービスを停止。

2022年に入ってからはFoodpandaやDiDi Foodなどの他社デリバリーが相次いで撤退しています。

レクター
レクター

これだけの地域のサービスを停止したことを考えると、Uber Eats を選んだ方が突然サービス停止になるリスクは大幅に避けられるのかなと感じます。

身分証・キャッシュカードの用意のみで登録完了

今すぐUber Eats に申し込む

「期間に縛られずに自由に働きたい…」おすすめのデリバリーとは

Uber Eats もmenuも一定期間稼働しないと、ランクが下がったりブーストやクエストが消滅するなどのデメリットがあります。

そんな中、出前館の配達員 は以下のように報酬のしくみがとてもシンプル。仮に長期間空いてしまってもデメリットが一切ありません。

出前館のメリット出前館のデメリット
1件約700円報酬が高額なので稼ぎやすい
(上記の固定報酬に1.1倍〜3.0倍のブーストが加わる)
配達距離が最長3kmほどと、他社よりも短い

(稼働拠点によって異なる)
他社と掛け持ち・同時オンラインが可能 他社のバッグでも配達できる
(ロゴを隠す必要あり)

アプリの操作一つで開始・終了ができる
自分の自転車・バイクで配達できる

現金の注文をOFFにできる
対応エリアが全国ではない
現金注文を受けたら、その日のうちに拠点で精算する
ハーフパンツ不可
(そのほかの服装は自由)

クエスト報酬(追加報酬)がない
注文の取り方が一部早押し

報酬の計算は

1件約700円の報酬 × ブースト(1.1〜3.0倍)

と超シンプルなしくみ。ブーストの数字は日によって変動するものの、誰でも平等に受けることができます。

レクター
レクター

ちなみに「ブーストがどれくらい出ているのか?」を確認するには 配達パートナーに登録 する必要があります。

登録さえ済ませれば、あとは専用アプリからいつでも確認できるようになりますよ。

もちろん、Uber Eatsやmenuと同じで登録料などは一切かかりません。

「ブーストの数字を確認するためだけに申し込もうかな…」というのも全然ありなので、選択肢の一つとして検討してみてください。

メアドの用意のみ。たった1分で申し込み完了

出前館 高倍率ブースト出現中!
報酬単価の比較

1件=450円(Uber配達員)
1件=720円(出前館配達員)

出前館公式HP より引用

報酬単価業界No.1!高倍率ブースト出現中!

※上記ページから対応エリア確認できます

申し込みから配達開始までの流れ

出前館公式サイト から登録を申し込む
② WEBで研修動画を視聴し、理解度チェックテストを受ける
 ※何回でも受講可能
③ 必要書類をWEBで提出し、本登録完了

※対面一切なし!最短1週間ほどで配達開始可能!

出前館の退会方法

退会フォームを開く
※応募辞退依頼と表示されますが、退会申請も対応しています。
② 登録したメールアドレスを入力して「送信する」をタップ
③ 承認されれば退会手続きが完了

拠点や帽子着用が廃止!働きやすさ改善中

出前館配達員について深掘りする

Uber Eats 配達パートナーについて深掘りする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)