出前館 業務委託配達員の5つのデメリットと口コミ紹介!早押しなど知らないで登録するとマズいです

出前館 業務委託配達員のデメリットと口コミ紹介!早押しなど知らないで登録するとマズいです

「出前館の業務委託配達パートナーを始めようか悩んでいるけど、デメリットとか口コミを知っておいて、登録してから後悔しないようにしたいな…」

このように悩んではいませんか?

そこで、本記事では

  • Uber Eatsと比較した出前館の業務委託配達員のデメリット5つ
  • 実際に働いている方の口コミをご紹介
  • 「デメリット多くて、登録やめようかな…」と悩んでいるあなたへ

の3点について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

Uber Eatsと比較した出前館の業務委託配達員のデメリット5つ

私は現在、Uber Eats配達パートナーとして働いています。

そんな私が出前館の業務委託配達パートナーのデメリットだなと感じる部分を5つご紹介していきます。

デメリット① 注文をとるにはアプリ画面を早押しする必要あり

業務委託配達パートナーは、専用アプリから注文をとります。ただ、注文が入ると、アプリ内の「オファー」という場所に表示されるので、それを早押しでとっていく仕様となっています。

それに対し、Uber Eatsは注文が入ると、数十秒間画面が切り替わるので、その間は自分一人が注文をとるかとらないか選ぶ権利がありますよね。

そのため、注文をとるために、画面を見続けなくてはならないのはデメリットだと感じます。

デメリット② 領収書を携帯して、自分で書かなくてはならない

業務委託配達パートナーは領収書の携帯が必須。なので、お客さんに頼まれたら自分で領収書を書かなくてはなりません。

一方で、Uber Eatsは領収書が必要なしです。ちなみに、「出前館は領収書が出るからUber Eatsよりもよく利用している」という方も少なくないとか。

ただ、領収書の書き方は宛名や日付、金額などを記入するだけですし、稼働日の初日にエリア拠点で指導してもらえます。

なので、そこまで心配はないですが、負担が増えることは間違いないですね。

デメリット③ 現金案件の精算を必ずその日のうちに行わなければならない

現金の注文を受け取った場合、その日のすべての稼働を終えたら、一度エリア拠点に戻って現金の精算をする必要があります。

一方で、Uber Eatsは登録したクレジットカードから自動的に引き落とされます。

ただ、現金案件を受けつけない設定ができるので、面倒な方はOFFにすれば問題なしです。

デメリット④ 営業時間が短い

業務委託配達パートナーは、Uber Eatsと比べると、営業時間が以下のように短いです。

  • 出前館:11:00〜22:00(エリアによって異なる)
  • Uber: 09:00〜23:00(エリアによって異なる)

ただ、昼・夜のピーク時間はしっかりと配達できますし、配達単価が1件約700円と高め。

なので、営業時間が短さはそこまで大きなデメリットではないでしょう。

デメリット⑤ 配達可能エリアが狭い

2021年2月現在、業務委託配達パートナーとして働けるエリアは以下のとおり。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 愛知県
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 広島県
  • 福岡県
  • 鹿児島県
  • 宮城県

※いずれも一部地域

対象地域にお住まいの方は関係ありませんが、「働きたいのに近くに拠点がなくて働けない…」という方が多いのも事実。

ただ、エリアは順次拡大しているため、今後さらに働けるエリアが増えることを祈りましょう。

 

以上が、出前館の業務委託配達パートナーのデメリット5つでした。

実際に働いている方の口コミをご紹介

実際に業務委託配達パートナーとして働いている方のツイッターでの口コミが以下のとおり。

※🥫=出前館のことです。


良い口コミもありますが、当然悪いものも。

結局、鳴る鳴らないは稼働する地域や気候が大きく関係するので、参考になればと思います。

「デメリット多くて、登録やめようかな…」と悩んでいるあなたへ

「出前館の業務委託配達パートナーって結構デメリットあるんだな…。なんか自分には合ってなさそうだし、やめておこうかな…」

今もし、あなたがこのよう不安を抱えているのであれば、思い切って他社のフードデリバリーを候補に入れるのも手。

登録するフードデリバリーに関してですが、西日本在住の方であればDiDiフード配達員なんかはUber Eatsと非常に仕組みが似ているのでおすすめです。

DiDiフードのメリットとデメリットは以下のとおり。

【メリット】

  • WEB登録から1〜4日で配達開始できる
  • シフトなしで自由に働ける
  • 注文の受け取り方が早押しではない(Uber Eatsと同じ)
  • 週払いで報酬が振り込まれる(Uber Eatsと同じ)
  • Uber Eatsと違ってピック先に向かう距離も報酬にカウントされる
【デメリット】

  • 配達可能エリアが狭い(西日本エリア限定)
  • 現金注文がOFFにできない(お釣りの用意が必須)
  • 専用バッグで配達しなければならない
最大のデメリットはUber Eatsと違って現金注文をOFFにできないことです。現金注文を受け付ける予定だったのであれば問題なしですが、そうでない場合、敷居が高いかも。

一方で、上記のメリット以外にもDiDiフードは以下のような先行登録者限定クエストが存在するので、早めに登録すると効率的に稼ぎやすい環境に。

スペシャルクエスト
※上記の場合、約1ヶ月の間に100回配達すれば、15,000円もらえます
※先行登録者限定クエストとは別に通常クエストも存在します

また、DiDiフードの配達単価に関してはUber Eatsとほぼ変わらないのですが、詳しい仕組みについては以下の記事でまとめています。

Uber EatsとDiDi配達員を徹底比較!違いはほぼなし?登録の際の注意点なども解説します

ただ、繰り返しですが西日本限定と対応エリアが狭いので当てはまる方は限られます。ですが、もしあなたが対応エリアにお住まいで、出前館の働き方がどうしても合わなさそうなのであれば、選択肢の一つとして検討する価値ありですよ。

>> DiDi 配達員登録ページ

Uber EatsとDiDi配達員を徹底比較!違いはほぼなし?登録の際の注意点なども解説します

2021.03.25
DiDiフード配達員の始め方!登録方法から配達までの5つの流れをまとめました

DiDiフード配達員の始め方!登録方法から配達までの5つの流れをまとめました

2021.03.30
DiDi Food 配達パートナー募集

1 個のコメント

  • デメリットは集金した現金を拠点に返しに行かなければならない。
    営業時間が短い。集金を間違えてもらわなかった場合、客のみが、
    無料で自分が負担することになる。私の拠点では早押しはピーク時には
    余ってくるので、選んでいれば必ず2~3件のピックアップは一時間以内に
    取れるので、11~1時くらいまでは自給3千円以上くらいは問題なし。
    ウーバーとは掛け持ちできない(ピックアップ、ドロップ先が見えないから)
    両方とも見れる他のデリバリー3件くらいと掛け持ちがベスト。
    出前館を前面に出してそこから始めれば10時くらいからオンにして
    終わるまでには間違いなく2万5千円以上稼げる。朝早いときはウーバー
    夜8時半過ぎにはウーバーオンで根性ある人なら、4~5万稼げると思う。
    雨の日はお休みする。とにもかくにも、自分のテリトリーから絶対に
    出て行かないこと!ピックアップ先もドロップ先も地図なしで行けるところ
    のみ!これがベスト。知らないところには行かないこと!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)