出前館 業務委託配達員の6つのデメリットと口コミ紹介!早押しなど知らないで登録するとマズいです

出前館 業務委託配達員のデメリットと口コミ紹介!早押しなど知らないで登録するとマズいです

「出前館の業務委託配達パートナーを始めようか悩んでいて…。登録してから後悔しないように、デメリットを知っておきたい。」

このような疑問に対し、この記事では

  • Uber Eatsと比較した出前館の業務委託配達員のデメリット6つ
  • 実際に働いている方の口コミをご紹介

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績
当記事でご紹介する出前館は、業務委託配達パートナーを指します。通常のアルバイトとは違うので、両社の違いがよくわからない方は以下の記事をご参照ください。
『【出前館の仕組み】アルバイトと業務委託配達員の違い!知らないで登録するとトラブルの原因にも』

Uber Eatsと比較した出前館のデメリット6つ

出前館の配達で、デメリットだなと感じる部分は以下の6つ。

出前館 業務委託配達パートナーのデメリット6つ
  1. 注文を取るには早押しする必要あり
  2. クエスト(回数インセンティブ)が無い
  3. 現金注文の精算を必ずその日のうちに行わなければならない
  4. 営業時間が短い
  5. 配達可能エリアが狭い
  6. 業務用の保険に自分で加入する必要がある

決して少なくないですが、これだけデメリットがあってもエリアを拡大し、配達員が増え続けているほど人気のも事実。

「あんまり大したことないな…」と感じる人もいるので、それぞれ解説していきます。

1. 注文をとるにはアプリ画面を早押しする必要あり

注文の受け取り方は、専用アプリから操作をする形です。

実際に注文が入ると、アプリ内の「オファー」という場所に注文内容が表示。それを早押しでとっていく仕様となっています。

このような早押しだと、スマホの画面をずっと見ている必要があるため、事故の原因にも。また、早押しによって良い注文がなかなか取れないデメリットもあります。

2. クエスト(回数インセンティブ)がない

Uber Eatsにはクエストと呼ばれる回数に応じたインセンティブが存在します。しかし、出前館にはクエストが一切なし。

ただ、出前館は1件約700円+ブースト報酬と十分すぎる内容。逆にUber Eatsは1件300円〜500円ほど。

クエストを達成しないと、大きく稼げないので、ピーク時間の稼働は必須など時間が縛られてしまいます。

ちなみに、1件700円という数字は、他社を圧倒する数字。実際の単価の比較などは以下の記事にまとめています。

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

2021.01.15

3. 現金注文の精算を必ずその日のうちに行わなければならない

現金の注文を受けた場合、その日のすべての稼働を終えたら、一度エリア拠点に戻って現金の精算をする必要があります。

一方で、Uber Eatsは登録したクレジットカードから自動的に引き落とされるため、特別に何かをする必要はなし。

ただ、出前館はUber Eats同様、現金注文を受けない設定にできるので、面倒であればOFFにすれば問題ありません。

4. 営業時間が短い

業務委託配達パートナーは、Uber Eatsと比べると、営業時間が以下のように短いです。

  • 出前館:11:00〜22:00(エリアによって異なる)
  • Uber: 09:00〜23:00(エリアによって異なる)

それでも、昼・夜のピーク時間はしっかりと配達できますし、配達単価は1件約700円と高め。

報酬が大きい分、短時間でも稼ぎやすいので、営業時間が短いから稼げないということはありません。

5. 配達可能エリアが狭い

2021年11月現在、業務委託配達パートナーとして働けるエリアは以下のとおり。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 愛知県
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 広島県
  • 福岡県
  • 鹿児島県
  • 宮城県など

ちなみに、業務委託配達パートナーを始める際に、まずは拠点に登録。そして、その拠点周辺を配達するのが一般的な流れです。(拠点は複数登録可能)

なので、お住まいの地域に拠点が存在していれば、働けないという心配はありません。

「出前館で働きたいと思っていろいろ調べていたけど、自分の住んでいる地域が対応してなくて無駄な時間を費やした…」とならないように、ご注意を。

【随時更新】出前館 業務委託配達員 拠点エリア一覧!複数登録の方法も解説します

【随時更新】出前館 業務委託配達員 拠点エリア一覧!複数登録の方法も解説します

【随時更新】出前館 業務委託配達員 拠点エリア一覧!複数登録の方法も解説します

2021.10.12

6. 業務用の保険に自分で加入する必要がある

出前館は業務用の保険が用意されていません。なので、自分で業務用の保険を探して加入する必要があります。

ちなみに、業務用の保険は加入までの敷居が高かったりして、なかなか入れない場合も。

ただ、最近できたフードデリバリー配達員向けの保険なんかはスムーズに加入できたりします。以下の記事ではそれらの保険をご紹介しています。

出前館 業務委託配達員は自転車でも任意保険の加入が必須!どの保険に加入すべきなの?

出前館 業務委託配達員は自転車でも任意保険の加入が必須!どの保険に加入すべきなの?

出前館 業務委託配達員は自転車でも任意保険の加入が必須!どの保険に加入すべきなの?

2021.01.16

 

以上が、出前館の業務委託配達パートナーのデメリット6つでした。

\冬は繁忙期でさらに稼げる!たった1分で申し込み完了/

【出前館 最新キャンペーン情報】

1
.基本報酬30%アップキャンペーンを実施。【新規配達員向け】
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】
【対象期間:2021年11月1日〜2022年1月31日まで】

2.送料無料キャンペーンを実施。【注文者向け】
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】

【対象期間:2021年11月1日〜2022年1月31日まで】

3.週替り半額WEEKを実施。【注文者向け】
【対象地域:全国】
【対象期間:2021年11月5日〜2022年1月27日まで】

※2、3により、キャンペーン中は大量に注文が増えることが予想されます。

実際に働いている方の口コミをご紹介

実際に業務委託配達パートナーとして働いている方のツイッターでの口コミが以下のとおり。

※🥫=出前館のことです。


良い口コミもありますが、当然悪いものも。

結局、鳴る鳴らないは稼働する地域や時期、天候などが大きく関係。なので、この情報だけでは判断が難しいですが、少しでも参考になればと思います。

【フードデリバリーの繁忙期と閑散期】
フードデリバリーの繁忙期と閑散期は以下のとおり。

  • 繁忙期:夏・冬
  • 閑散期:春・秋

過ごしやすい季節は注文が減り、過ごしづらい季節は注文が増えます。出前館もこの影響を受けますが、閑散期でも固定報酬なので単価は変わりません。

デメリットが多くても出前館で働く配達員が絶えない1つの理由

当記事では、出前館のデメリットを6つもご紹介しました。これだけデメリットが多いと、配達員が集まらず、サービスが低迷しそうなもの。しかし、現在着実に勢いをつけています。

その理由として、他社と比較した際の圧倒的な報酬の手厚さが挙げられます。どれくらいの手厚さかを表したものが以下の表のとおり。

ピークタイム外に1km先に配達の場合(都内)
1件あたりの報酬
出前館 715円(固定報酬)
※上記金額に平日1.2倍、休日1.4倍ブーストあり
Uber Eats 300円
menu 340円
※ピック先が1kmの場合
Wolt 550円
foodpanda 610円
※計算式が非公開のため、あくまでも目安
DiDi food 335円
※大阪エリアの場合

単価はUber Eatsの2倍以上。しかも、2021年8月にはブースト2.0倍キャンペーンが実施され、1件約1,400円という破格の条件で配達できました。

そもそも、お金を稼ぐことが目的で配達をしている方が大半。なので、多少デメリットがあっても、これだけ報酬が手厚いとやりがいを感じやすいのです。

出前館は定期的にキャンペーンを行なっているため、「とにかく稼ぎを重視したい」と考えているのであれば、検討する価値ありです。

\冬は繁忙期でさらに稼げる!たった1分で申し込み完了/

【出前館 最新キャンペーン情報】

1
.基本報酬30%アップキャンペーンを実施。【新規配達員向け】
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】
【対象期間:2021年11月1日〜2022年1月31日まで】

2.送料無料キャンペーンを実施。【注文者向け】
【対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県】

【対象期間:2021年11月1日〜2022年1月31日まで】

3.週替り半額WEEKを実施。【注文者向け】
【対象地域:全国】
【対象期間:2021年11月5日〜2022年1月27日まで】

※2、3により、キャンペーン中は大量に注文が増えることが予想されます。

申し込みから登録までの流れ
  1. 出前館公式サイトから登録を申し込む
  2. WEB説明会(オンライン面談)に予約
  3. 研修動画の視聴
  4. WEB説明会(オンライン面談)に参加
  5. 必要書類を提出し、本登録完了

※1〜5までにかかる期間は約1週間です。

1 個のコメント

  • デメリットは集金した現金を拠点に返しに行かなければならない。
    営業時間が短い。集金を間違えてもらわなかった場合、客のみが、
    無料で自分が負担することになる。私の拠点では早押しはピーク時には
    余ってくるので、選んでいれば必ず2~3件のピックアップは一時間以内に
    取れるので、11~1時くらいまでは自給3千円以上くらいは問題なし。
    ウーバーとは掛け持ちできない(ピックアップ、ドロップ先が見えないから)
    両方とも見れる他のデリバリー3件くらいと掛け持ちがベスト。
    出前館を前面に出してそこから始めれば10時くらいからオンにして
    終わるまでには間違いなく2万5千円以上稼げる。朝早いときはウーバー
    夜8時半過ぎにはウーバーオンで根性ある人なら、4~5万稼げると思う。
    雨の日はお休みする。とにもかくにも、自分のテリトリーから絶対に
    出て行かないこと!ピックアップ先もドロップ先も地図なしで行けるところ
    のみ!これがベスト。知らないところには行かないこと!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)