ドアダッシュとUber Eats 報酬の違いまとめ。単価の計算式を解説します

ドアダッシュとUber Eats 報酬の違いまとめ。単価の計算式を解説します

「ドアダッシュの配達員ってUber Eats(ウーバーイーツ)と報酬がどれくらい違うの?最近名前を聞くからいろいろと気になる…。」

このような疑問に対し、この記事では

  • ドアダッシュとUber Eats 報酬の違い
  • ドアダッシュの具体的な報酬の仕組み
  • アメリカではUber Eatsを抜き、シェア1位の理由

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

ドアダッシュとUber Eats 報酬の違い

ドアダッシュとUber Eatsの報酬を比較したものが以下の表になります。

※表は右スクロールできます

ドアダッシュ Uber Eats
(2021年5月以前)
Uber Eats
(2021年5月以降)
基本料金 550円 390円
(東京エリア)
不明
距離料金(1km) 130円
(2.5km以上の配達のみ)
60円 不明
配達調整金額 なし なし あり
ブースト なし あり あり
ピーク報酬
(ヒート•シミ)
あり あり あり
チップ あり あり あり
手数料 0% -10% -10%
クエスト
(回数報酬)
あり あり あり

ドアダッシュは配達距離が2.5km未満の場合、基本料金が一律550円と固定です。(距離料金はドロップ・ピックの総距離)

配達距離2.5kmを超えると1km130円の報酬が追加。さらに、ピークタイムにはピークペイと呼ばれる料金も加わるので

基本料金(550円)+距離料金(130円)+ピークペイ+チップ=1件あたりの報酬

という計算式となります。

一方で、Uber Eatsは新料金体系を導入後、報酬の計算方法が非公開に。しかも、ピークタイム以外は1件300円が基本となっているため、単価としてはかなり低いです。

なので、1件あたりの単価を比較すると、Uber Eatsよりもドアダッシュの方が上回っていることがわかります。

ドアダッシュには人気度と呼ばれ、ほかの配達員が拒否するほど料金が上がるシステムがあるとの情報も。ただ、具体的な情報が出回っていないため、詳細が分かり次第更新していきます。
出前館 配達パートナー募集

ドアダッシュの報酬の仕組み【ピーク・チャレンジ・チップなど】

ドアダッシュには

  • ピークペイ
  • チャレンジボーナス(クエストのようなもの)
  • チップ

の3つの仕組みが用意。Uber Eats経験者にはお馴染みの言葉ですが、少し異なる点があるので、それぞれ解説していきます。

1.ピークペイはUber Eatsのブーストに該当

ドアダッシュのピークペイは、Uber Eatsのブーストのような仕組みです。以下の画像のように数字が表示。該当エリアで配達すると、追加報酬がプラスされます。
1.ピークペイはUber Eatsのブーストに該当
Uber Eatsとの違いは、1.5倍のような倍率ではなく、金額が表示されているところ。しかも、ピークペイの時間や金額は以下のように固定されているため、Uber Eatsのブーストに近いシステムとなっています。
1.ピークペイはUber Eatsのブーストに該当

2.チャレンジボーナス

チャレンジボーナスは、Uber Eatsのクエストに該当します。仕組みはおそらくUber Eatsとほぼ同じで

  • 月〜木:数十回の配達でボーナス
  • 金〜日:数十回の配達でボーナス

という枠組みが設定。ただ、Uber Eatsのような高額な報酬ではなく、あくまでもオマケ。ドアダッシュは、基本報酬が高く設定されているため、そちらでの報酬がメインとなる形です。

また、ツイッターで調べてみると、以下のように何度も長時間待たされると、チャレンジボーナスの案内が届くという内容も。


$30は約3,000円なので、かなりの報酬ですよね。このようなシステムが続くようであれば、配達員のモチベーションが上がること間違いなし。

他社から多くの配達員が集まってくるかもしれません。

3.チップ【注文受け取り時に表示】

ドアダッシュはチップの有無が事前にわかるシステムです。注文が入ると、アプリ画面が以下のように切り替わります。
3.チップ【注文受け取り時に表示】
このときの金額にすでにチップが含まれているということ。なので、チップありの注文を取りこぼす心配はないですし、注文者も早く商品を届けてもらえる可能性が高まります。

事前にチップがわかる制度は他社では存在しないので、両者にとってメリットがある仕組みとなっています。

アメリカではUber Eatsを抜き、シェア1位の理由

ドアダッシュはアメリカでのフードデリバリーのシェアが現在1位です。

2021年1月 2020年2月
ドアダッシュ 56% 39%
Uber Eats 20% 20%
Postmates
(Uber Eatsに買収)
6% 10%
Grubhub
17% 30%
その他 1% 2%

日本ではUber Eatsが圧倒的なシェアを占めているので、意外な形ですよね。

ドアダッシュが数字を伸ばしているのは

  • 自社コンビニ(ダッシュマート)を運営
  • スーパー・ホテル・衣類など提携の幅が広い
  • 加盟店の負担が少ない

という理由から。ただ、これが日本でも受け入れられるかは別問題。アメリカは土地が広く日本よりも車社会なので、自社のコンビニを作ってそこから配達するという需要は予想できます。

しかし、日本は至るところにコンビニが存在。また、ホテルでの利用もUber Eatsでは基本的に可能なので差別化にはつながりません。

ただ、ドアダッシュが日本向けに独自の独自の戦略をとってくると、勢力図が大きく変わる可能性も。今後の動向に注目していきます。

【検討前に注意】ドアダッシュはシフト制!配達するには事前に予約が必要です

ドアダッシュは単価が高いなどのメリットがありますが、シフトが存在。事前に予約しないと配達することができません。

シフトなので、当然埋まっていれば、働きたくても不可能。ですが、評価の高いトップダッシャーになると、優先的にシフトを選べる仕組みです。

ただ、現在は以下のようにシフトを取っていても働けない場合もあるとのこと。

まだサービス開始から間もないためだと思われますが、シフト制は懸念する方も多いです。登録を考えているのであれば、この点を踏まえたうえで検討するようにご注意を。

「Uber Eatsの単価引き下げがツライ…」お悩みの方へ

Uber Eatsは新料金体系で、単価の引き下げが行われました。ただ、このような状況でも配達員が不足せず、サービスが稼働しているのが現実。今後、単価が引き上げられることはほぼないでしょう。

なので、報酬の改善を強く求めるのであれば、別のフードデリバリーに登録するのが一番。特に、出前館の業務委託配達パートナーは以下のような稼ぎやすい環境が整っています。

【出前館の特徴】

  • 配達報酬が1件約700円の固定報酬(関東:715円 その他:660円)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、Uber Eatsよりも短い
  • Uber Eatsのバッグでも配達できる

出前館は1件約700円の固定報酬。しかも、配達距離は一切関係ありません。

クエストが存在しないのですが、その分単価が高いので、損をする心配は無し。むしろクエスト達成に追われない働き方ができます。

その他詳しい内容は

>> 出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

という記事で解説中。いかにUber Eatsより単価が高いかがよくわかります。

一つ注意点として、出前館はUber Eatsと比較した場合のデメリットがいくつか存在します。こちらに関しても気になる方は

>> 出前館 業務委託配達員の5つのデメリットと口コミ紹介!早押しなど知らないで登録するとマズいです

という記事を見てみてください。

ドアダッシュは報酬が高いですが、最初だけの可能性も十分あります。また、サービス開始当初だとバグ等が多くなる傾向なのも事実。

「単純に効率よく稼ぐ環境が欲しい…」このような考えの方のみ出前館の検討がおすすめ。この機会を逃すと、一生行動に移さない可能性が高いので、その点はご注意を。

>> 出前館 登録ページ
メアドの用意のみ。たった1分で登録完了。
2021年10月現在、32都道府県まで拡大中。
2021年8月の2.0倍ブーストは突然の告知で、すぐに登録してもキャンペーン中の稼働に間に合わない状況でした。ただ、現在Uber Eatsをやっていて「強いしんどさ」を感じるのであれば、出前館は続かない可能性が高いので、その点だけご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)