出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します
  • 「出前館の業務委託配達パートナーの単価って一件あたりどれくらいなの?」
  • 「他のフードデリバリーと比較して、稼ぎやすいの?」
  • 「稼げるなら始めてみたいけど、デメリットとかってあるのかな?」

このような疑問に対し、この記事では

  • 業務委託配達パートナーの報酬単価の仕組み
  • 業務委託配達パートナーは稼げるのか(Uberとの比較)
  • 業務委託配達パートナーの注意点(デメリット)

の3点について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

業務委託配達パートナーの配達単価は固定報酬

出前館の業務委託配達パートナーの配達単価は以下のとおり。

  • 関東エリア:1件あたり715円
  • それ以外:1件あたり660円

※最大1.4倍ブーストあり(主に雨の日や週末)

1件あたり約700円の固定報酬です。しかも、雨の日や週末には最大1.4倍ブーストがつくので、関東エリアの場合、なんと1,001円に。

この単価がいかに凄いかは、次にご紹介していきます。

業務委託配達パートナーは稼げるのか(他社との比較)

実際に、業務委託配達パートナーの配達単価がどれくらい高いのか、1件あたりの単価をフードデリバリー主要4社と比較したものが以下になります。


※配達先が1kmの場合
※東京エリアの料金
※2021年5月、Uber Eatsは新料金体系に移行し、ピーク時間以外は1件約300円に変更
こうしてみると、業務委託配達パートナーの単価の高さがよくわかります。しかも、これを何十件と積み重ねていくわけで…。

ちなみに、foodpandaのみ単価の計算方法が発表されていないのですが、Uber Eatsやmenuとそこまで大差ないです。

さらに、繰り返しですが、雨の日や週末になると1.4倍のブーストで、単価が約1,000円になります。なので、効率的に稼ぐのであれば、出前館は申し分なしでしょう。

注文を受ける前に配達先がわかるのも強み

業務委託配達パートナーは、配達用アプリの中の「オファー」という場所に注文が一覧で表示されます。そして、それを早い者勝ちで注文を受けることで配達を受注することができる仕組みです。

その際にお店の住所だけでなく、お客さんの住所も表示されるので戦略を立てて稼働することも可能。

また、注文は同時に4つまで受けられます。

なので、「1件目のお届け先から10m以内のお店からオファーがあるから、2軒目として取るか!」という動きもできます。

業務委託配達パートナーはデメリットも当然ある

報酬単価が高い出前館の業務委託配達パートナーですが、当然メリットだけでなく、デメリットもあります。

そこで、現在私が働いているUber Eatsと比較してデメリットだなと感じる部分6つご紹介していきます。

1.注文をとるのは早い者勝ち

先ほども述べましたが、出前館の業務委託配達パートナーが注文を受けるには、配達用アプリの中の「オファー」という箇所を操作する必要があります。

しかし、注文は早い者勝ちで決まってしまうので、良さそうな注文をとるには、ずっとアプリを見ていないといけません。

2.配達を届ける時間が設定されている

先ほど、業務委託配達パートナーは配達用アプリの中の「オファー」という箇所に注文が一覧で表示されるなどとご紹介しましたが、

そこにはお客さんの住所だけでなく、料理を届ける時間も表示されています。

もちろんこの時間は目安なのですが、この数字が目に入ると、遅れないようにするために運転が荒くなり、事故の原因にも繋がりやすそうです。

3.クエストがない

Uber Eatsには例えば、一定期間内に30件こなすと、3,000円の追加報酬が貰えるなどといったクエストと呼ばれるシステムが存在しますが、出前館の業務委託配達パートナーはクエストが存在しません。

ただ、それがなくても単価の高さで十分補えているのも事実ですし、逆に副業でガッツリ稼働しない方にとっては、圧倒的に出前館の方が効率的に稼げることがよくわかります。

4.営業時間がUber Eatsよりも短い

出前館の業務委託配達パートナーの営業時間はUber Eatsと比較すると以下のように短くなっています。

  • 出前館:11:00〜22:00(エリアによって異なる)
  • Uber: 09:00〜23:00(エリアによって異なる)

さらに、出前館は営業時間がUber Eatsよりも短いだけでなく、上記の営業時間よりさらに短いエリアも存在します。

ただ、ピークと呼ばれる昼食や夕食の時間帯はしっかりと稼働できるので、そこまで大きなデメリットだと感じないのではないでしょうか。

5.領収書の取り扱いが必要になる【※現在は廃止】

出前館の業務委託配達パートナーはUber Eatsと違ってお客さんに頼まれたら領収書を書かなくてはなりません。

なので、領収書とボールペンを持ち歩く必要があるのですが、領収書の書き方については事前の説明会等で教えてもらえます。

領収書を求めるお客さんはごく少数だと思いますが、Uber Eatsと比較すると負担が増える分デメリットと感じてしまいます。

【追記】
2021年8月現在、領収書の携帯は必要なくなりました。お客さんは自分で領収書をダウンロードする形となっています。

6.現金を取り扱ったら業務終了後に拠点に戻らなければならない

出前館の業務委託配達パートナーはUber Eatsと同じで現金案件も受けることができます。

Uber Eatsであれば現金案件の場合、登録した口座から引き落とされる仕組みですが、出前館は業務終了後に拠点に戻って精算する必要があります。

ただ、現金を受けないように設定できるため、それが面倒な人は設定で対策することができます。

 

以上が個人的に出前館の業務委託配達パートナーのデメリットと感じる部分です。

今回挙げたデメリットよりもメリットの方が上回っていると感じるのであれば、効率よく稼げる出前館の働き方の方が、あなたに合っているかもしれません。

「新料金で稼げなくてキツい…」は無くせます

繰り返しですが、Uber Eatsは2021年5月に新料金体系を導入しました。新たに配達調整金額が加わり、料金の計算方法が不明に。

また、ピークタイム以外は単価がほぼ300円と、配達員への報酬が実質値下がりの方針へと変更されたのです。

そもそも、フードデリバリーで働く目的は稼ぐことが第一のはず。もし、今の収入に満足していない場合、思い切って条件の良いデリバリー会社で働くことで収入アップに繋げている配達員はかなり多いです。

当然早めに行動したほうが稼げる額は大きく変わってくるので、本気で悩んでいるのであればこの機会に行動してみましょう。

>>出前館 登録ページ

※配達可能エリアもチェックできます

出前館 配達パートナー募集
出前館 業務委託配達員の登録方法!WEB説明会から配達までの流れを詳しく解説します

出前館 業務委託配達員の始め方!登録方法から説明会・配達までの流れを詳しく解説します

2021.01.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)