Uber EatsとDiDi配達員の報酬単価などを徹底比較!違いはほぼなし?登録の際の注意点なども解説します

「DiDi food(ディディフード)の配達員って稼げるのかな…Uber Eats(ウーバーイーツ)と掛け持ちしようか悩んでいるんだけど…」

このような悩みに対し、この記事では

  • Uber EatsとDiDi foodの比較【報酬の違い】
  • 報酬単価の計算方法
  • インセンティブ報酬の違い
  • DiDi foodとUber Eats【その他の比較】

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説します。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

Uber EatsとDiDi foodの比較【報酬の違い】

両社の報酬の比較は以下の表のとおり。

DiDi food Uber Eats
(2021年5月以前)
Uber Eats
(2021年5月以降)
基本料金 300円
(自転車は290円)
390円
(東京エリア)
不明
距離料金(1km) 50円
(自転車は40円)
60円 不明
配達調整金額 なし なし あり
ブースト あり
あり あり
ピーク報酬
(ヒート,シミ)
あり あり あり
チップ あり あり あり
クエスト あり あり あり
手数料 0% -10% -10%

DiDi foodの報酬の仕組みは、以前のUber Eatsのものとよく似ています。2021年5月にUber Eatsは単価の引き下げが行われました。これによって、ピーク時間以外はほぼ300円。さらに、配達報酬の計算方法が不透明になってしまったというのが現状です。

そのため、報酬の面では現在、DiDi foodの方が上回っています。

DiDiフード配達員の報酬単価の計算方法

DiDiフード配達員の報酬単価の計算方法は以下のとおり。

受け取り料金+受け渡し料金+距離料金+ブースト+ピーク報酬−サービス手数料(期間限定で0%)

※受け取り料金は150円で固定(自転車は140円)
※受け渡し料金は150円で固定
※先程の表では、受け取り料金と受け渡し料金の合計を基本料金と表現しています

少し複雑に感じるかもしれませんが、新料金体系前のUber Eatsとほぼ変わりません。

例えば、ピーク時間以外にバイクで1km先への配達の場合は

150+150+50=350円

という計算に。そして、ピーク時間であれば、この計算式にピーク料金やブーストが含まれる形です。

ちなみに、繰り返しですが、現在のUber Eatsはピーク時間以外の配達は300円が基本。さらに、距離が遠くても報酬の変化はさほどなし。

300円均一と計算はしやすいですが、DiDi foodと比べると、単価は少なめです。なので、Uber Eatsで大きく稼ぐにはクエストの達成が必須となってしまいました。

インセンティブ報酬の違い

DiDiフードにはUber Eatsと同じでインセンティブ報酬が存在します。それが以下のとおり。

  • ピークタイム報酬
  • ブースト報酬
  • クエスト報酬
ピークタイム報酬はUber Eatsと同じで、アプリの画面上に「+200円」「+300円」といった数字が表示されます。

また、ブースト報酬の違いは以下のとおり。

  • Uber Eats:1.2倍、1.3倍などの倍率による追加報酬
  • DiDi food:+100〜150円などの数字による追加報酬

Uber Eatsは倍率なのに対し、DiDi foodは数字での足し算です。これをみると、Uber Eatsの方が稼げそうですが、Uber Eatsの倍率は基本料金にしかプラスされません。

しかも、基本料金の計算式は非公表ですが、以前より明らかに減少しました。例えば1.6倍ブーストが出ていても、追加報酬は数十円程度ほど。

なので、ブーストの面でもDiDi foodの方が上回っているといえます。

DiDiフードのクエスト報酬の仕組みはUber Eatsと若干異なる

DiDiフードのクエストはの仕組みは以下のとおり。

  • 月〜木(最大約90回で20,000円ほど)
  • 金〜日(最大約70回で20,000円ほど)

※アカウントによって個人差あり
※キャンセル率が10%以上の場合、報酬の支払いなし

週2回のクエストと、曜日や回数の区切りはUber Eatsとまったく同じです。ただ、最大の違いはDiDi foodのクエストは選択ではないこと。

選択式のUber Eatsでは、「回数が多いクエストを選んだものの、達成できずに1円の報酬も受け取れなかった…」ということが多々あります。しかし、DiDi foodではそのような心配はなし。

また、DiDi foodのクエストにはキャンセル率も影響します。ただ、キャンセル率は注文を一度受けてからキャンセルする行為のこと。注文を受ける前の拒否はキャンセルに含まれないので、そこまで影響ないかと思います。

スペシャルクエスト

上記のクエストとは別に、スペシャルクエストが配信されることがあります。例えば以下の画像のような感じ。

スペシャルクエスト
1ヶ月で100回なので、かなり条件が優しいです。ちなみに、このクエストは先行登録者限定。早めに登録すると、このような恩恵を受けれて効率的に稼ぎやすくなっています。

DiDi foodとUber Eats その他の比較

両社の報酬以外の比較については以下のとおり。

DiDi food Uber Eats
営業時間 9:00〜25:00
(エリアによって異なる)
7:00〜25:00
(エリアによって異なる)
服装 指定なし
(バッグのみ指定)
指定なし
現金注文 強制
選択
報酬振込頻度 週1回 週1回
お届け先の表示 注文受取前に確認可能 注文受取前に確認可能
保険制度 あり
(業務中の範囲内のみ)
あり
(業務中の範囲内のみ)

一つ注意点としては、DiDi foodは現金注文を拒否できません。なので、配達前は必ずお釣りの用意が必須に。

お客さんによっては現金払いで、かなり時間を取られてしまったりする場合もあるため、注意が必要です。

>> DiDi 配達員登録ページ

「DiDi foodで働きたいけど、現金払いを受けたくない…」お悩みの方へ

DiDi foodは報酬が高いものの、現金注文の受付が必須という大きなデメリットが。

もし、現金注文の受付をしたくないのであれば、他社での登録を検討するのも一つの手です。特に、出前館の業務委託配達パートナーは、現金受付の選択が可能で、以下のように報酬も高単価です。

【出前館のメリット】

  • 配達報酬が1件約700円と高額(関東:715円 その他:660円の固定報酬)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 配達距離が最長3kmほどと、Uber Eatsよりも短い
  • Uber Eatsのバッグでも配達できる

出前館は1件約700円の固定報酬。配達距離は一切関係ありません。クエスト報酬は無いのですが、これほど単価が高ければ十分な報酬です。

一方で以下のようなデメリットも。

【出前館のデメリット】

  • 対応エリアが狭い
  • 営業時間が11時〜22時までと短い(エリアによって異なる)
  • 初日は登録拠点で簡単な指導を受ける必要がある
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 登録拠点のLINEグループに入る必要あり(業務情報が随時送られてくる)
  • 赤い帽子を被る必要がある(服装は自由)

働きやすさの面では、Uber EatsやDiDi foodに劣ります。ただ、クエスト達成に追われることがなく、どの時間帯に配達しても高単価。本当の意味で時間に縛られない働き方ができるのも事実です。

ただ、対応エリアが全国ではありません。なので、検討するのであれば、以下の登録ページからお住まいのエリアが対応しているか確認してみてください。

>>出前館 登録ページ

2021年8月に行われた出前館の2.0倍ブーストは突然の告知で、情報を知ってから登録しても、キャンペーンに間に合わない状況でした。そのため、まずは登録だけ済ませておき、配達できる環境を整えて、いつでもキャンペーンに参加できる状況を作っておきましょう。
出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

2021.01.15
出前館 業務委託配達員の登録方法!WEB説明会から配達までの流れを詳しく解説します

出前館 業務委託配達員の始め方!登録方法から説明会・配達までの流れを詳しく解説します

2021.01.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)