menuとウーバーイーツの配達の報酬の違いを比較!どっちが稼げるのか徹底解説します

menuとウーバーイーツの配達員の報酬の違いを比較!どっちが稼げるのか徹底解説します

「現在、ウーバーイーツで働いているけど、menuの方が稼げるのかな?」

このような疑問に対し、本記事では

  • menuとウーバーイーツの配達の報酬単価の違い
  • どっちが稼ぎやすのか
  • 出前館の業務委託配達パートナーもあり

の3点について、2019年9月からウーバーイーツで配達していて、日ごろ研究している私が詳しく解説していきます。

2021年1月 実績

menuとウーバーイーツの配達の報酬単価の違い

まず、基本料金の比較についてですが、以下のような違いがあります。

【menu】
基本料金
230円
現在地からお店まで
1km=75円
お店からお届け先まで
1km=75円
【ウーバーイーツ】
受取料金
260円
受渡料金
125円
お店からお届け先まで
1km=60円
【1km先のお届け先の場合】
『menu(現在地からお店まで1kmの場合)』
230+75+75=380円

『ウーバーイーツ』
260+125+60=445円

このようにmenuでは現在地からお店までの距離も報酬として加算されますが、ウーバーイーツと比較すると基本料金が少なめです。

現在地からお店までの距離が極端に離れていなければウーバーイーツの方が報酬が上回ることになります。

サービス手数料の比較

サービス手数料とは、報酬から一部の料金が運営元に差し引かれる料金のことを指しますが、両社の違いが以下の通りです。

【menu】
0%(サービス手数料なし)
【ウーバーイーツ】
10%
なので、先ほどの1kmを例にすると、
【menu】
230+75+75=380円

【ウーバーイーツ】
260+125+60=445円×0.9=400円

などと、こちらもウーバーイーツの方が稼げるように思えますが、
お店からお届け先の距離が2kmの場合
menu=455円
ウーバー=454円
などと、配達距離が増えるごとにウーバーイーツの報酬金額よりもmenuの方が上回る傾向にあるのが特徴です。

インセンティブの比較

最後にインセンティブの違いは以下の通りです。

【menu】
レベルアップインセンティブ
ランクボーナス
【ウーバーイーツ】
クエスト
ブースト
ピーク
こちらについては少しわかりづらい部分があるため、詳しく解説していきます。

レベルアップインセンティブとクエストの比較

まず、この2つについてですが、どちらも回数をこなす毎に〇〇円の報酬がプラスされるという仕組みですが、

【menuのレベルアップインセンティブ】
期間なし

【ウーバーイーツのクエスト】
月〜木、金〜日までと期間あり

という違いがあり、ウーバーイーツは毎回報酬金額が変わるので比較するのが難しいのですが、menuは以下のような報酬が設定されています。
レベルアップとクエストの比較
ちなみに1回の配達で得られるEXPは10〜50で、レベルは最大50まで用意されており、約4,500回以上配達をしないとMAXにならない設定となっています。

ただ、ウーバーイーツと違って期間の設定がなく、最初の方はすぐにレベルアップする設定となっているので、序盤はだいぶ稼ぎやすいなという印象を受けました。

ランクボーナスとブーストの比較

次にこの2つの比較についてですが、この2つは1.1倍や1.2倍報酬がプラスされるという仕組みなのですが、

私は神奈川県で自転車で配達をしていますが、2020年6月現在、ウーバーイーツのブーストは発生していません。

そして、menuに関しては先ほどご紹介したEXPの獲得量でブーストが加算される仕組みとなっており、その一覧が以下になります。
ランクボーナスとブーストの比較
最大で2倍のブーストが受けられるということで、とてもおいしいですが、

一つ注意点として獲得EXPは無制限ではなく、直近2ヶ月間のものが反映されるという点です。

ただ、獲得EXPが0でも1.2倍のブーストを受けられることを考えると、ブーストに関しては、menuの方が良いのかなと思います。

ウーバーイーツにはピーク設定がある

ただ、ウーバーイーツには注文が多い時間に設定されるピークの報酬があります。

これは、配達報酬に+150円や+200円などの追加報酬のことです。

夏場の暑い時期や雨の日は+約300円となることもあり、この条件で配達できるのであれば時給2,000円を超えることも余裕です。

入金方法の違い

報酬の入金方法についてですが、

【menu】
月払い(末締め15日に支払い)
翌日払い(4回まで)

【ウーバーイーツ】
週払い(末締め)

などと入金方法が大きく違っています。

私個人的にはウーバーイーツの週払いで全然問題ないと感じていますが、menuは月に4回まで翌日払いできるので、

急に現金が必要になった場合なども対応できる分、利便性が高いと思います。

どっちが稼ぎやすいかは条件次第

menuとウーバーイーツを比較した結果、どっちが稼ぎやすいかについてですが、正直配達する人の条件次第です。

例えば、短期間だけ働くというのであれば、現在はmenuの方がインセンティブが多いので稼ぎやすそうですが、

まだサービスを開始したばかりなので、ウーバーイーツと比較すると注文する利用者が少なく、注文がなかなか取れないという声もあります。

ただ、menuはウーバーイーツのバッグで配達しても問題ないので、両方稼働して注文が入った方のお店に向かうというやり方をしている方もいます。

それであれば両方のメリットを受けられるので効率的に稼げそうな気がしました。

>> menu登録ページ

「WEB登録したのに、全然稼働できない…」に注意

「menuに登録したけど、もう2週間以上もメールこない。数日で働けると思っていたから登録したのに…」

menuは現在応募が殺到していて、WEB登録から配達開始まで1ヶ月ほどかかってしまいます。

ちなみに、あなたが今すぐ掛け持ちしたいと考えているのであれば、出前館の業務委託配達パートナーもありです。

というのも、

  • WEB登録から配達開始まで最短1週間未満で可能
  • 配達単価が1件約700円とUber Eatsよりも高い
  • 最大1.4倍ブーストがついて、1件1,000円を越える日も(主に週末)
  • 配達距離が最長3kmほどまでと短い

というメリットがあり、Uber Eatsのバッグでの配達も可能なため。

一方で

  • 配達可能エリアが狭い
  • 営業時間が短い
  • 登録方法が少しめんどくさい

などというデメリットも。

ちなみに、2021年3月、Uber Eatsの福岡と京都で大幅な報酬ダウンが行われました。その報酬は1件約300円。なんと、業務委託配達パートナーの約半分です。

もちろんこの地域以外でも、今後報酬ダウンが広がっていく可能性も。なので、あなたがフードデリバリーで高収入に期待するのであれば、この機会に検討してみましょう。

>> 出前館 登録ページ
※配達可能エリアもチェックできます

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

2021.01.15
出前館 業務委託配達員の登録方法!WEB説明会から配達までの流れを詳しく解説します

出前館 業務委託配達員の始め方!登録方法から説明会・配達までの流れを詳しく解説します

2021.01.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)