menuとウーバーイーツの配達の報酬の違いを比較!どっちが稼げるのか徹底解説します

menuとウーバーイーツの配達員の報酬の違いを比較!どっちが稼げるのか徹底解説します

「現在、ウーバーイーツで働いているけど、menuの方が稼げるのかな?」

このような疑問に対し、本記事では

  • menuとウーバーイーツの配達の報酬単価の違い
  • どっちが稼ぎやすのか
  • 出前館の業務委託配達パートナーもあり

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

menuとウーバーイーツの報酬単価の違い

まず、基本料金の比較についてですが、以下のような違いがあります。

menu Uber Eats
(2021年5月以前)
Uber Eats
(2021年5月以降)
基本料金 260円 390円
(東京エリア)
不明
距離料金(1km) 20円
(距離×距離×20円)
60円 不明
配達調整金額 なし なし あり
ブースト あり
(ランクボーナス)
あり あり
ピーク報酬
(ヒート•シミ)
あり あり あり
チップ あり あり あり
手数料 0% -10% -10%

まず、注目すべき点は表の右側のUber Eatsの料金。2021年5月に新料金体系を導入したことで、具体的な報酬の計算方法が公表されなくなりました。そのため、報酬を比較するのが困難に。

ただ、現在のUber Eatsはピーク時間以外は配達距離関係なく、1件300円の報酬が基本です。なので、それを元に比較すると、以下のとおり。

【menu 1km先の報酬の単価】
260+20=280円
【Uber Eats 1km先の報酬の単価(新料金体系前)】
390+60-10%=405円
【Uber Eats 1km先の報酬の単価(新料金体系後)】
約300円
menuが一番安いですが、距離が2kmに増えれば340円、3kmになると440円にまで上昇。つまり、menuは配達距離が長いほど稼ぎやすいシステムとなっているのです。

menuの報酬に1,200円の上限が追加される

2021年8月、menuの報酬に1,200円の上限が追加されました。ただ、この1,200円の上限は、基本料金と距離料金の合計金額にのみ適用。1件の単価の上限が1,200円というわけではありません。

以下がその例になります。

【配達距離が8kmの場合(従来)】
260+1,280=1,540円+ブースト報酬+ランクボーナス+チップ
【配達距離が8kmの場合(最新)】
260+1,280=1,540円=1,200円+ブースト報酬+ランクボーナス+チップ

ちなみに、7kmまでの配達であれば、従来と変わりません。しかし、上記のように7kmを超えてしまうと、従来と比べた場合、損をする形に。

menuは長距離配達で破格の金額を稼げるのが魅力の一つだったため、それを失ってしまったことになります。

出前館 配達パートナー募集

インセンティブの比較

次に、両社のインセンティブの違いは以下のとおりです。

【menu】

  • レベルアップインセンティブ
  • ランクボーナス
  • ブースト
  • ピーク
【ウーバーイーツ】

  • クエスト
  • ブースト
  • ピーク
こちらについては少々わかりづらい部分があるため、詳しく解説していきます。

レベルアップインセンティブとクエストの比較

この2つについてですが、どちらも配達を一定回数をこなすと、追加報酬がもらえるというもの。ただ、以下のように両社で若干の違いがあります。

【menuのレベルアップインセンティブ】
期限なし

【ウーバーイーツのクエスト】
月〜木、金〜日までと期限あり

menuのレベルは以下のような仕組みとなっていて、最初は上がりやすいですが、徐々に上がりづらくなる仕様です。
レベルアップとクエストの比較
ちなみに、1回の配達で得られるEXPは10〜50。レベルは最大50まで用意されているものの、4,500回以上配達をしないとMAXにならない計算となっています。

一方で、Uber Eatsは毎週2回クエストが選択できますが、期限までに回数に達しないと報酬はゼロ。回数に関しては、多いもので約100回、少ないもので20回ほどとなっています。

ランクボーナスとブーストの比較

この2つは配達報酬に1.1倍や1.2倍報酬がプラスされるという仕組み。

menuに関しては先ほどご紹介したEXPの合計獲得量でブーストが加算される仕組みとなっていて、その一覧が以下になります。
ランクボーナスとブーストの比較
最大で2倍はかなり魅力的ですが、一つ注意点が。それは必要EXPは無制限ではなく、直近2ヶ月間のものが反映されるという点です。

また、どんなに配達しなくてもA1ランクまで行っていれば、それ以下のランクに落ちることはありませんでしたが、それも撤廃。

ある程度続けていないと、恩恵を受けれない仕組みとなっています。

どっちが稼ぎやすいかは条件次第

menuとUber Eatsのどちらが稼ぎやすいかは、あなたの条件次第です。正直今のUber Eatsは回数の多いクエストを達成しないと、効率よく稼げません。それほど単価が下がってしまいました。

なので、稼働時間があまり取れないのであれば、単価が高いmenu。まとまった時間が取れるのであれば、Uber Eatsが判断基準になるかと思います。

ただ、menuの利用者はUber Eatsの1/4しかいないというデータも出ているため、単価が高くても注文がほとんど取れない可能性も。

Uber Eatsはピーク時間のみ稼働すれば、クエスト報酬がなくても時期によっては時給2,000円ほどは稼げます。ただ、その時間帯に稼働時間が確保できないのであれば、アルバイトをした方が稼げるというのが現状です。

>> Uber Eats 登録ページ

>> menu登録ページ

「本当に自由な時間に配達したい」実現する方法

フードデリバリーは自由な時間に働けるのを売りにしていますが、自由な時間に配達していたら、稼げないのが現状です。クエストの消化やピーク時間など、実はかなり時間に縛られている現状が。

ただ、出前館の業務委託配達パートナーは業界一の単価の高さで、自由に働ける環境が整っています。

【出前館のメリット】

  • 配達報酬が1件約700円の固定報酬と高額(関東:715円 その他:660円)
  • 平日1.2倍、休日1.4倍ブーストがつく
  • 2021年8月には2.0倍ブーストがついた実績も(1件の報酬が約1,400円)
  • 配達距離が最長3kmほどと短い
  • ロゴを隠せば他社のバッグでも配達できる

出前館は1件約700円の固定報酬。配達距離は一切関係ありません。また、Uber Eatsのようなクエスト報酬は無いのですが、これほど単価が高ければ十分な報酬。クエスト消化に追われる心配もないです。

一方で以下のようなデメリットも。

【出前館のデメリット】

  • 対応エリアが狭い
  • 営業時間が11時〜22時までと短い(エリアによって異なる)
  • 初日は登録拠点で簡単な指導を受ける必要がある
  • 現金案件を受けたら、その日のうちに拠点で精算する必要あり(現金OFF設定可能)
  • 登録拠点のLINEグループに入る必要あり(業務情報が随時送られてくる)
  • 赤い帽子の着用のみ必須

出前館は服装などの規則の面では、menuやUber Eatsより劣るのは事実。ただ、繰り返しですが、出前館はどの時間帯に配達しても高単価。なので、時間に縛られない点は大きなメリットです。

ちなみに、menu、Uber Eats、出前館は掛け持ちできるので、登録しておけば、その日によって使い分けが可能に。

以下の出前館の登録ページから配達エリアをチェックすることができますが、全国展開ではないので検討の際はご注意ください。

>> 出前館 登録ページ
メアドの用意のみ。たった1分で登録完了。
2021年10月現在、32都道府県まで拡大中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)