Woltの適正テストの内容は?落ちたら登録不可!再講習を受ける場合も

Woltの適正テストの内容は?落ちたら登録不可!再講習を受ける場合も

「Wolt(ウォルト)の配達パートナーに登録しようと思っているけど、適正テストがあるって聞いて…。しかも、落ちたら二度と登録できないって本当なの?」

このような疑問に対し、この記事では

  • Woltは適正テストに落ちると二度と登録できない
  • 適正テストの内容について
  • 登録後も、再講習で適正テストを再び受ける可能性あり

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

【筆者の実績】
2021年1月 実績

Woltは適正テストに落ちると二度と登録できない

タイトルのとおり、Woltの適正テストに落ちてしまうと、二度と配達パートナーとして登録することができません。

Woltは配達員の質の良さを売りにしているため、このように条件を厳しくすることでそれを実現する狙いがあるものと思われます。

また、テストは30問中27問以上正解しないと不合格となる模様。実際に不合格した方のツイートが以下のとおりです。

適正テストの内容について

適正テストの内容についてですが、ここで答えなどを公開してしまうと、業務を妨害することになるため、お教えすることはできません。

ただ、大まかな内容としては以下のとおり。

  • 交通ルールについて
  • Wolt配達パートナーの報酬や仕組みについて
  • 配達中に起きたトラブルについて

ちなみに、適正テスト前にオンライン研修を受けますが、その内容をある程度把握していれば、ほぼ問題ない内容です。

登録後も、再講習で適正テストを再び受ける可能性あり

適正テストに合格し、配達パートナーとして稼働できるようになっても、配達ミスなど繰り返すと、再講習のメールが届くことがあります。

その再講習では、最後にテストが用意されていて、それに合格しないとアカウント停止になってしまいます。また、期間内に再講習を受けない場合でもアカウント停止の措置が。

内容としては、研修の際の適正テストとほぼ同じ内容とのことですが、配達パートナーの質を維持するためにこのように厳しい対応をとっているようです。

ツイッターを見てみると、実際に再講習メールが来た方が確認できました。

なので、Woltは研修を終えて登録できたとしても、常に厳しさを求められるということを頭に入れておきましょう。

「適正テストに落ちて登録できなくなってしまった…」という方へ

「Woltの適正テストを受けてみたら、不合格になっちゃって登録できなくて困っている…。」

先ほども述べましたが、Woltの適正テストに落ちてしまうと、二度と登録することはできません。なので、どうしても同じ業種で働きたいのであれば別のフードデリバリーへの登録を考える必要が。

ただ、その中でも出前館の業務委託配達パートナーなんかは稼ぎやすさを重視するのであれば、おすすめ。というのも、以下のように単価が高いため。

【出前館 業務委託配達パートナーの単価】

  • 1件の配達単価が約700円と固定(距離関係なし)
  • さらに平日1.2倍休日1.4倍のブーストあり
  • 2021年8月は最大2.0倍ブーストがついた実績も(1件約1,400円)

ただ、ほかのデリバリーと比べて以下のようなデメリットが存在します。

【業務委託配達パートナーのデメリット】

  • 初回のみ各拠点で指導を受けなければならない
  • 配達の注文の受け取り方が早押し
  • 自転車稼働でも自分で保険に加入する必要あり
  • 報酬の振り込みが月2回のみ(5日と20日)
  • 現金配達をONにした場合、稼働終了時に各配達拠点で精算の必要あり

かなりデメリットが多く、これらが理由で登録を諦めている人も多いです。ですが、人によっては全く問題ないと感じる内容ばかりなので、あなたもそう感じるのであれば、出前館が向いている可能性が高いです。

また、出前館には拠点が存在するため、他社よりも人間関係が生まれます。これに懸念を持たれる方も多いですが、他の配達員と情報交換がしやすいというメリットも。

ただ、実際に働いてみないと自分に合っているかどうかはわからないので、興味があればこの機会に一度体験してみるのもおすすめです。

>>出前館 登録ページ

出前館 業務委託配達員は自転車でも任意保険の加入が必須!どの保険に加入すべきなの?

出前館 業務委託配達員は自転車でも任意保険の加入が必須!どの保険に加入すべきなの?

2021.01.16
出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

2021.01.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)