Uber Eats配達アプリのバグの種類3つ!住所や勝手に現金ONなど…トラブル回避の方法も

Uber Eats配達アプリのバグが酷すぎ…住所や勝手に現金ONなど…トラブル回避の方法も

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達していて、「なんか今日はマンション名が未入力のお客さんばっかりだな…住所くらいちゃんと入力してくれよ」

このような場面って多いですよね。ただ、それはお客さんのせいではなく、Uber Eats側のバグの可能性が高いです。

そこで、本記事では

  • Uber Eatsの主なバグの種類3つ
  • Uber Eatsでバグが発生しているか確認する方法
  • 「バグが多すぎて、モチベーション下がる」とお悩みのあなたへ

の3点について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろ研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

Uber Eatsの主なバグの種類3つ

Uber Eatsのバグで、定期的に発生するものは以下の3つです。

  1. 建物名が消えるバグ
  2. 受け取り方法が勝手に変更されるバグ
  3. 現金払いの注文をOFFにしても受け付けるバグ

それぞれご紹介していきます。

バグ① 建物名が消えるバグ

このバグは、お客さんがちゃんと建物名を登録していたとしても、マンション名やアパート名などが消えてしまいます。

お届け先の集合住宅に番地が書かれていれば、なんとか届けられますが、ひどい場合だと、部屋番号まで消えます。なので、お客さんにメッセージを送るなどして対応する必要があります。

【メッセージ例】
建物名を教えていただけますでしょうか。

現在、ウーバーイーツアプリで不具合が発生している可能性があります。すでに建物名を入力していただいたら、お手間を取らせてしまい、申し訳ございません。

バグ② 受け取り方法が勝手に変更されるバグ

このバグは

  • 玄関先で受け取る → 玄関先に置く
  • 玄関先に置く → 玄関先で受け取る

上記のように、料理の受け取り方が勝手に変更されてしまいます。

なので、もし、お客さんに何か言われたら、

「申し訳ございません。ひょっとしたらウーバーイーツアプリの不具合で受け取り方法が変更されてしまったかもしれません。」

などと、対応するようにしましょう。

バグ③ 現金払いの注文をOFFにしても受け付けるバグ

なんと、現金払いをOFFに設定していても、バグによって現金払いの注文を受け付けてしまうときがあるようです。

私は普段現金払いはOFFに設定していますが、このバグに関しては、まだ一度も経験なしです。ただ、以下のツイートのように経験している方も見受けられます。


この場合、まずはサポートに連絡しましょう。

連絡方法は、配達用アプリから

  1. 「アカウント」をタップ
  2. 「書類」をタップ
  3. 右上「ヘルプ」をタップ
  4. 「サポートに電話する」をタップ

で完了です。おそらく、現金払いをOFFに設定している方はお釣りを持ち歩いていないので、サポートに任せるしかありません。

ちなみに、サポートへの連絡方法はほかのトラブルの際にも使えるので、必ず覚えておくようにしましょう。

Uber Eatsでバグが発生しているか確認する方法

バグが発生しているかどうかを確認する一番の方法は、ツイッターで「ウーバー バグ」などと検索してみることです。

というのも、バグが発生していれば、ほかの配達員の方が何かしらつぶやいているから。なので、私自身もおかしいと感じたらツイッターで検索しています。

ちなみに、ツイッターはメールアドレスさえあれば数分で登録できてしまうので、もし、アカウントを持っていないのであれば、作っておくことをおすすめします。

本当はUber Eats運営がアナウンスしてくれることが一番なのですが、あまり表向きにしたくないのか、アナウンスされることはほとんどないのが現状。ですので、自分で調べる癖を付けるしかないのが現状です。

「バグが多すぎて、モチベーション下がる」とお悩みのあなたへ

「ここ最近、Uber Eatsのバグが多すぎて、いちいち建物名聞くのめんどくさいし、勝手に現金ONにされる可能性あるとか、怖いんだけど…」

このような不満が溜まっている場合、ほかのフードデリバリーに登録しておくのも一つの手です。というのも、複数登録しておけば、バグがあるときはUber Eatsで稼働しないという選択肢が生まれるため。

ちなみに、他社のフードデリバリーの中で一番稼ぎやすいのは、出前館の業務委託配達パートナーです。なぜなら、

  • 配達単価が1件約700円と高い
  • 最大1.4倍ブーストで1件約1,000円の日もあり(主に週末や雨の日)
  • ロングピックが最長3kmほどまでと短い

といった特徴があり、Uber Eatsと掛け持ち可能なため。

一方で、

  • Uber Eatsより営業時間が短い
  • Uber Eatsより対応エリアが狭い
  • 注文を受けるには、アプリ画面を早押しする必要がある

などというデメリットも。

ちなみに、2021年5月、Uber Eatsは新料金体系になり、単価がダウンしました。例えばピークタイムに配達できないと、1件300円での配達がほとんど。これは、出前館の半分以下の金額です。

働くうえで稼ぎやすさは大事だと思うので、この機会に検討してみるのも良いかもしれません。

>>出前館 登録ページ

※配達可能エリアもチェックできます

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

2021.01.15
出前館 業務委託配達員の登録方法!WEB説明会から配達までの流れを詳しく解説します

出前館 業務委託配達員の始め方!登録方法から説明会・配達までの流れを詳しく解説します

2021.01.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)