Uber Eats配達バッグのもらい方はAmazonで購入し郵送に…すぐに配達できないので注意

Uber Eats配達パートナー用バッグはAmazonで購入し郵送に…登録方法などご紹介!

「Uber Eats(ウーバーイーツ)で働いてみたくていろいろ調べたら、WEB登録で完結するってことだけど、バッグのもらい方ってどうするの?」

このような疑問に対し、本記事では

  • Uber Eats配達バッグのもらい方はAmazonで購入する方法に変更
  • Amazonでの購入に変更によってデポジットが廃止される
  • 登録しても、すぐに配達できないので注意

の3点について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろ研究している私が解説していきます。

2021年1月 実績

Uber Eats配達バッグのもらい方はAmazonで購入する方法に変更

2020年4月より、Uber Eats配達用バッグはAmazonで各自購入。自宅に届いたバッグを使用する方法に変更となっています。

ちなみに、Amazonでバッグを購入しようとして、「ウーバーイーツ バッグ」などと検索しても、定価4,000円を超える転売品しか表示されません。

なので、必ず正規業者が販売している「K IDelivery Bag」という以下のリンクの商品を購入するようにしましょう。

 >> AmazonのUber Eatsバッグ購入ページ

業者名が同じでも、定期的な値上げによって4,000円以上の価格で販売されていることも。もし、あまりに高額であればノーブランドバッグでの配達もおすすめします。

Amazonでの購入に変更によってデポジットが廃止される

私は2019年9月に配達パートナーに登録していて、現在使用している配達用バッグはデポジットしました。

デポジットとは預かり金のことで、初回配達の収入から8,000円が引かれています。そして、配達パートナーを辞める際はバッグを返却すると、デポジットの8,000円が返却されるという仕組み。

しかし、これから登録される方はAmazonで4,000円の配達用バッグを購入するため、辞める際に8,000円が返却されることはありません。

そのため、配達を始める際にはバッグ購入費用の4,000円が掛かってしまうので注意してください。

ツイッターには配達用バッグが実際に届いたとの声も

今回Amazonを利用して購入するため、「ちゃんとバッグが届くのか」などという心配はないかもしれませんが、

Twitterを見てみると、以下のようにちゃんとAmazonからバッグが届いたという声が見られました。


ただ、注文からバッグが届くまで時間がかかる場合もあるようなので、売り切れる前になるべく早く注文を済ませておくと良いです。
 >> AmazonのUber Eatsバッグ購入ページ

ノーブランドバッグを検討している方へ

Uber Eatsの公式バッグは、値上げや売り切れの状態を繰り返していたりします。もし、バッグが手に入らなくて配達を始められないのであれば、ノーブランドバッグの検討もあり。

特に、以下のノーブランドバッグはAmazonでも評価が高く、街中でもよく見かける代表的なものです。

Uber Eatsのバッグより少し小さめですが、重さが軽いので、長時間の配達でも負担が少ないのが大きな特徴。これはかなり大事な要素です。

また、フードデリバリーを長く続けていく予定であれば、今後、他社のデリバリーにも登録する可能性が出てきます。その際、ノーブランドバッグであれば、以下のように他社でも利用できる場合が多いです。

【フードデリバリー各社のバッグ指定について】

  • Uber Ears【自由】
  • menu【自由】
  • 出前館【自由(ロゴがあれば隠す必要あり)】
  • Wolt【自由】
  • Foodpanda【自由】
  • DiDi food【指定】

むしろ、ノーブランドバッグの方が利便性が高くなる場合もあるため、Uber Eats公式バッグが手に入らないのであれば、検討してみてください。

「すぐに始められると思って登録したのに…」というあなたへ

「Uber Eatsって数日あれば始められるんじゃないの?今が一番時間あるからすぐに働けないと困るんだけど…」

上記のように、Uber Eatsの登録完了まで待っていられないのであれば、並行して別のフードデリバリーに登録するのも一つの手です。

特に、出前館の業務委託配達パートナーなんかは、WEB登録から最短1週間未満で配達できます。

しかも、

  • 配達単価が1件約700円とUber Eatsより高い
  • 最大1.4倍ブーストがついて、1件1,000円を上回ることもある(主に週末)
  • 配達距離が最大3kmほどまでとUber Eatsより短い

などというメリットも。

しかし、一方で

  • 配達可能エリアが狭い
  • 営業時間が短い
  • 稼働当日に対面で指導を受けなくてはならない

などというデメリットもあります。

ただ、Uber Eatsのバッグでも配達可能ですし、対面での指導も、あなたがまだ一度もフードデリバリーで働いたことがなければメリットともとれます。

ちなみに、2021年5月、Uber Eatsは新料金体系になり、単価がダウンしました。例えばピークタイムに配達できないと、1件300円での配達がほとんど。これは、出前館の半分以下の金額です。

働くうえで稼ぎやすさは大事だと思うので、この機会に検討してみるのも良いかもしれません。

>>出前館 登録ページ

※配達可能エリアもチェックできます

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

出前館 業務委託配達員の報酬単価が凄すぎ!稼げる仕組みを解説します

2021.01.15
出前館 業務委託配達員の登録方法!WEB説明会から配達までの流れを詳しく解説します

出前館 業務委託配達員の始め方!登録方法から説明会・配達までの流れを詳しく解説します

2021.01.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)