Amazonフレックス アカウント停止の条件!再登録は可能なのか詳しく解説します

Amazonフレックス アカウント停止の条件!再登録は可能なのか詳しく解説します
アマフレを検討している人
アマフレを検討している人

Amazonフレックスってアカウント停止になりやすいん?ルールが厳しいのかどうか気になるんだが…。

このような疑問に対し、当記事では

  • アカウントが停止になる原因
  • アカウント停止の措置の種類
  • Amazonフレックスは再登録できる?

について、2019年9月からUber Eatsで配達していて、日ごろからフードデリバリー業界を研究している私が解説していきます。

【筆者の実績】

2021年1月 実績

Amazonフレックス アカウント停止の原因

Amazonフレックスでアカウント停止になる主な原因は以下のとおり。

それぞれ解説していきます。

① 24時間以内のオファーをキャンセルした

Amazonフレックスで仕事をする場合、登録後にアプリ画面に表示されるオファーを取る必要があります。

Amazonフレックス オファー

仮に5月15日の朝7時半のオファーを取ったとします。この場合、オファーをキャンセルできるのは5月14日の朝7時半まで。

24時間以内のキャンセルは明確に禁止されているため、オファーを取る際は予定をしっかりと空けておきましょう。

② 未配をしたり、配達完了率の数字が悪い

未配と配達完了率については以下のとおり。

未配とは
指定時間内に荷物を配りきれないこと。荷物を適当に積み込んだりわかりづらい住所の配達に固執しすぎると、大幅にタイムロス。未配になりやすくなります。
配達完了率とは
以下に当てはめた数字。

(配達した個数÷ステーションで渡された個数×100)

90%を下回ると、アカウント停止のリスクが高まります。

③ お客さんからのクレームが多い

お届け先のお客さんからクレームが多く届くと、アカウント停止になる可能性があります。クレームが届く主な要因は以下のとおり。

クレームの主な内容

・誤配をする
・置き配の仕方が悪い
・態度が悪い
・配達指示を守らなかった
・時間を守らなかった

あまりにひどい対応をすると、以下のようにツイッターで晒されてしまう可能性も。

対応には十分注意をしましょう。

④ 遅刻を繰り返した

遅刻を繰り返すと、アカウントが停止になる恐れがあります。ステーションでは受付を済ませるなどの必要があるため、開始時刻の10分前には到着しているのが理想的。

ただ、事故などで大規模な渋滞が起きていたりすると、考慮してくれる場合も。遅れそうなときはステーションに連絡しましょう。

⑤ 交通ルールを破った【一発BANの可能性あり】

信号無視や飲酒運転など交通ルールを破った場合、アカウントが一発でBANされます。

そもそも、これらの行為は規約違反というよりは法律違反。単なるアカウントBANだけではなく、逮捕されてあなたの社会的信用が大きく損なわれる可能性もあります。

以上がアカウントが停止になる主な原因です。これらの内容を頭に入れておくだけでも行動が変わってくると思うので、参考にしてみてください。

アカウント停止の種類【一時停止or永久停止】

Amazonフレックスのアカウント停止には

  • 一時停止
  • 永久停止

の2種類が存在。具体的な基準は不明ですが、以下の行動が目安とされています。

アカウント一時停止の危険性大

・未配
・早配
・遅配
・誤配
・無断欠勤
・事故を起こす

上記を頻繁に行うとアカウントが永久停止になる危険性が高まります。

一時停止か永久停止かは各ステーションの担当者が判断。対応がバラバラなことが多く運要素も絡むのでご注意を。

垢BAN後の再登録は不可能です

アカウントの永久停止にされてしまうと、二度とAmazonフレックスで働くことができなくなります。

実際に以下の方がアカウント停止後に再登録したところ、「審査が通らなかった」と発言しています。(動画の3:55〜)

車のナンバー、住所、Amazonのアカウント、電話番号を変えてもダメだったということで、登録の際にきちんと審査が行われていることがわかります。

そのため、Amazonフレックスで生計を立てていくと考えているのであれば、垢BANには気をつけましょう。

「垢BANしそうで怖い…」お悩みの方へ

アマフレを検討している人
アマフレを検討している人

一生懸命配達していても遅配とかでそうだし、それで垢BANの可能性があるとか怖いんだが…。

このような場合、フードデリバリーの配達員に目を向けてみるのも一つの手。私もUber Eatsの配達員を2019年9月から続けていますが、アカウント停止になった経験はゼロ。

しかも以下のように働きやすさの面でもAmazonフレックスを大きく上回っているので、検討する価値ありです。


会社名
1件あたりの単価時給(目安)配達車両稼働時間登録から稼働まで公式サイト
Amazonフレックス
Amazonフレックス
200円ほど約2,000円黒ナンバーの乗用車のみ2時間〜8時間公式サイトからアプリをダウンロードする

② 必要書類を提出する

③承認後、アプリからオファーを取る

④ 配達開始
申し込む >>
ウーバーイーツ ロゴ
Uber Eats
400円〜550円ほど
※春・秋は減少の可能性あり
約1,500円〜2,500円以上自転車
バイク
黒ナンバーの乗用車
自由※1日最長12時間までUber Eats公式サイトでアカウントを作成する

②身分証など必要書類をアップロードする

③銀行口座・キャッシュカードを登録する

④交通ルールクイズに回答する

(不合格なし)

⑤アカウントが有効化され、配達可能に
申し込む >>

今から申し込めば1〜2週間ほどで配達可能。登録に必要なものも大して変わらないので、大きな負担なく保険として稼ぎ頭を作ることができます。

この機会にぜひお試しあれ。

\身分証・メアドの用意のみ!18歳以上で誰でも登録OK/

申し込みから配達開始までの流れ
  1. Uber Eats公式サイトでアカウントを作成する
  2. 身分証など必要書類をアップロードする
  3. 銀行口座・キャッシュカードを登録する
  4. 交通ルールクイズに回答する(不合格なし)
  5. アカウントが有効化され、配達可能に

※1〜5までにかかる期間は7〜10日ほど。すべてWeb上で完結します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)